Week10:vs シーホークス

Russell Wilson

ンハッピー・バースデイ
BYEをあけても故障者だらけであんまり状況が改善されていないJETS。
ハリケーン「サンディ」の影響で練習時間も削られて、不安な再出発となりました。

シーズン後半最初の相手は、シアトルにてシーホークスと対決。
シアトルといえば、2008年に大雪の中、ファーブがケガを隠したままプレイして、最悪のパフォーマンスだった事が思い出されます。

そしてこの日は、なんとサンチェスの誕生日。
果たしてサンチェス君は勝利して、誕生日に華を添えることが出来るのか?

[SPONSORED LINK]

 

▼前半
ぬるぬると進むが4th-1ydのギャンブルに失敗。
返しシーホークスO#はQB#03″ラッセル・ウィルソン”にパス2発でTDにまで持っていかれる最悪のスタート

JETSはO#はダメだが D#が猛反撃。ウィルソンからファンブルロストを奪いDE#96″モハメド・ウィルカーソン”がカバーしそのままTD!!
∩(・ω・)∩Touchdown!
7-7

次はリンチがファンブルロストでターンオーバー!!こうなったらD#で勝ってもらうしかない展開。
( ゜∀゜)o彡゜

QB#15″ティム・ティーボウ”で1stDownを更新し、WR#11″ジェレミー・カーリー”へミドルパスを通して敵陣8yd。
が、このチャンスをCB#25″リチャード・シャーマン”にINTされる。これは狙われていたな。。。
(;´Д`)ノ

D#踏ん張るも、WR#11″ジェレミー・カーリー”のパントリターンでファンブルロスト。
リンチのスクリーンパスでビッグゲインされ、TDに持って行かれるアカン展開。
7-14

 

▼後半
相変わらずO#は死滅状態だが、D#が粘る。
しかし、リンチのランが出て、WR#18″シドニー・ライス”へTDパスを決められる。
7-21

さらに敵陣24ydからWR#81″ゴールデン・テイト”へトスし、テイトの予想外のパスでWR#18″シドニー・ライス”へTD!!
JETSオワタ。。。
7-28

この後もO#は爆発するわけでなく、逆にシーホークスにぬるぬる進まれて時間を潰されて終了。
早くもさよなら今シーズン。

 

2012年11月12日 @センチュリーリンク・フィール

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
ジェッツジェッツ (3-6-0) 7 0 0 0   7
シーホークスシーホークス (6-4-0) 7 7 0 14   28
 

▼O#
BYEあけで元気いっぱいかと思いきや、コントロールがつかない、落球する、連携が合わないなど悪いところしか無いO#。
1stドライブから4th-1ydのギャンブルに行くが、コレを止められてモメンタムをシーホークスに渡します。
ランも抜けることは無く、チャンスにINTされて結局、無得点。

シーホークスのD#がいいと言うよりも、JETSのO#が何かボールが手につかないって感じで、雨がふっているとはいえ、プロとは思えぬモタモタ感が敗因でしょう。

あとヒドすぎるのが、FB#36″レックス・ヒリアード”。2回ぐらい自分の方向からラッシュ来ているにも関わらず、あさっての方向に移動して「どうぞサックしてください」と道をあける始末。
これでパスラッシュ直撃を喰らったサンチェスがファンブルロストし、失点につながりました。落球もありましたし最悪です。FBジョン・コナーがどんだけ優秀だったか分かります。

 

▼D#
最初にTDを決められ、最後は疲れと失望でリンチに走られるが、それまではランを抑えつつ、QB#03″ラッセル・ウィルソン”に4サックを浴びせて、追い込む事に成功しました。
特にドラ1のDE#98″クイントン・コプルス”が冴えており、再三ランストップに貢献。

O#がダメな分、D#の奮闘でファンブルリカバーTDを決め、最後の方まで1ポゼッション差で耐えてくれましたが、やはり疲労ととO#への失望は隠せず、最後には大量失点しました。
これはしょうがないでしょう。D#はよくやった。

 

▼ST
やはりWR#11″ジェレミー・カーリー”のパントリターンのファンブルから失点に繋がったのが痛かった。無理をせずフェアキャッチすべきでした。
それ以外は、レオン・ワシントンにビッグゲインをさせない好パフォーマンスだっただけに残念。

 

▼総評
WRが最悪です。技術が浅く、おっかなびっくりレシーブをするWR#84″スティーブン・ヒル”。ルートランができない、カバーを外せず役にたたないWR#85″チャズ・シレンス”。
こうなるとTE#81″ダスティン・ケラー”とWR#11″ジェレミー・カーリー”に頼るしかないのですが、やはりトップクラスのWR達に比べりゃクイックネスが劣ります。

2011年にレシーバーを総ざらい変えた事が未だに足を引っ張っています。ブレイロン・エドワーズ、ジェリコ・コッチェリー、せめてブラッド・スミスなど信用できるWRが誰かいてくれたら、O#も違う形になっていたでしょう。

それ以上にランが出ないのが致命的。一昔前なんて4th-1ydくらい、OLが押し切りつつトムリンソンがダイブして当たり前に取れていたのに、初っ端からギャンブルに失敗し、それを基点にTDを喰らいます。

レックス・ライアンがいくら吠えようが、「これが弱いチーム」である事を実感せざる得ない内容でした。
なぜ今シーズンだけ、主力にばかり負傷者が続くのが理解できない部分もありますが、BYEを挟んでこの状況ですから、立て直すというのは無理でしょう。
もう昨シーズンのコルツみたいに徹底的に負けて、たまにはドラフトを優位にした方が賢いんじゃないでしょうか。

 

:本日のサンチェスはパス9/22回124yd獲得、0TD、1INT。
パス成功が10回もいかない最悪のパフォーマンスです。

師匠ピート・キャロルに手玉に取られたという感じです。
苦しくも今日が誕生日ということで、余計に最悪な心境でしょうな。

対してティーボウはパス3/3回8yd獲得。
今回は出番が多くランで1stDownを更新する以外に、スイングパスしたり、ミドルパスを狙いパスインターフェアランスを誘発したり、本格的にパスを投げはじめました。

ティーボウが普通にパスを投げるポーズを取るだけで、相手D#は動揺するので、何をするのか分からないティーボウという存在がいかに驚異なのかが分かります。

サンチェスを擁護してきましたが、さすがにこれだけWRがダメとなると、ティーボウを中心とした奇策に転じた方がマシな気がしてきました。

  1. YM5 より:

    実はこの試合、NFLで2番目に好きなチームと3チーム目の試合でした。

    ちなみにアメリカで11月11日は退役軍人の日なのでミリタリーチックなリボンやスタジアムでやたら軍人の姿が目立った訳ですね、納得。

    僕も11月生まれ+人の誕生日は比較的覚える方なので11月11日はサンチェスの誕生日である事は知っていましたが、勝利で誕生日を祝う事が出来ずに残念……というレベルの出来ではありませんね。

    まあ、試合に関して僕からも語る事はないというか、NFCとAFCで応援しているチームがどちらも負け、現実逃避でファンタジーに集中したりカレッジの試合を見てた方が楽しいという精神状態です。

    3年前のこの時期もサンチェスよりティーボウの方が騒がれていた記憶がありますが、勝手知ったるフロリダのコーチで固める事を前提条件にエルナンデスみたいなTEと、RBも兼務していたハービンみたいなWRがいればティーボウは機能すると思います。

    こちらも未来のプロボウラー軍団で固めていたとはいえ、まがりなりにもハイズマン受賞者だし、未来のNFL選手がゴロゴロしているSECであれだけハイレベルなプレーをしてるんだから、上手く使えば去年みたいなインパクトを与えられると思います。

    勿論、カレッジ最強カンファレンスのSECよりもNFLの方が遥かにレベルが高いし、アスミスブームが来る前にSFから姿を消したトスミスことトロイ・スミスのようにハイズマンを受賞してもすぐに消える選手がいる事も忘れてはいけませんが。

    1. JETS狂 より:

      JETSファンながら11月11日はサンチェスの誕生日というより、ポッキーの日ぐらいしか認識ありませんでした。
      今回ばかりはさすがにティーボウ先発に代えた方がいいんじゃないかと思いました。レシーバーと合わなすぎます。

      ケガ人が多い時こそ、若手が伸びるチャンスと思いきや、その若手も未熟な部分ばかりさらけ出して、そこらのカレッジチームよりO#力は下じゃないでしょうか。

      もはや気分はドラフトに行ってます。。。

  2. ブーマー より:

    はじめまして。
    私もデビュー以来サンチェズを
    支持してまいりましたが、
    もう我慢も限界です。
    ここは神の子に託し、
    なんとかPO出場を願うのみです。
    今季もポストシーズンゲームを
    どこが勝とうが関係なく、
    過去に対戦履歴の無いSBになればええなぁw
    ぐらいの感じで観戦したくないです。
    原則、QBスクランブルが最も有効な陣地獲得手段と
    なるチームは大嫌いですが、もうそんなことは
    言っておられません。
    ボールコントロールオフェンスは単にコントロールゥドですw

    どうでもええけど、RGⅢはカニンガハム、ビッグ、ニュートンを
    最終的に上回るポテンシャルだと感じました。

    1. JETS狂 より:

      コメントありがとうございます。
      O#に恵まれていないとはいえ、サンチェスの判断の遅さやコントロールの悪さも一因しているでしょう。
      彼の何がいいのか、分からなくなってきました。

      あとランが出ないのも歯がゆすぎますね。こんだけ弱体化するとは思ってもみませんでした。
      ほぼシーズンエンドですし、奇跡を起こすなら、もうティーボウに先発をさせて見たほうがいいんじゃないかと思ってしまいます。
      RGⅢより足は遅いですが、何かやってくれる気はするので。

  3. グリブリ より:

    どうにもヒドイですね。
    ジェッツの試合を録画して、ビールとおやつを片手にテレビの前にスタンバることが何よりも楽しみだったんですが…
    今シーズンは鑑賞に耐えられない試合が多すぎです。

    どうせなら、サンチェスでもティーボウでもなく、マッケルロイの先発が見てみたい…

    1. JETS狂 より:

      それはそれで面白いアイデアですね。サンチェス擁護論 vs ティーボウ先発論 の間をとってマッケルロイとは。
      というか、彼の存在をすっかり忘れてました。出したら、一番良かったりして。
      ビルズですら反則連発しながらもパッツを追い込むO#を見せたのに、何も持ち味がないJETSのO#が情けないです。

      主力がケガ人続出とはいえ、この層の薄さはGMタネンバウムの責任でしょう。
      ライアンやサンチェスというより、不可解な人事をするGMを変えて欲しいです。

  4. zoo33 より:

    目から鱗といえば少し大袈裟ですが、

    >もう昨シーズンのコルツみたいに徹底的に負けて、たまにはドラフトを優位にした方が賢いんじゃないでしょうか

    今週の@STL。ネバダ州のカジノのハンデはSTL -3.0でした。
    私、生まれて初めて、JetsのDon’tに賭けてしまいました。。。

    JETS狂さんのこの一言で踏み切れました
    さてさて、どうなりますか

    1. JETS狂 より:

      近年、チャンピオンシップに行ったり、Week17まで希望を残したり、中途半端に勝つ分、ドラフトが不利なんですよね。
      まぐれでPOに残ったとしても、リーヴィスもホームズもおらず、ろくな戦力でもないJETSが強豪のみのトーナメントに生き残れるワケがない。
      そして、SBを獲らなければ勝ち上がる意味が無いとすると、今シーズンは退いておいたほうがいいんじゃないかと、考えます。
      今のコルツがまさにお手本。昨シーズンの惨敗があるからこそ、紛れもない天才ラックを手に入れて、もう首位争いのチームに返り咲いてますから。

      しかし、来シーズン、SBの会場がホームですから、そこが非常に悩みの種です。。

コメントを残す