Conference Championships -NFC-

Matt Ryan, Isaac Sopoaga

Matt Ryan, Isaac Sopoaga

ァルコンズ・クオリティ
とうとう夢の舞台スーパーボウル進出を賭けた決戦チャンピオンシップの幕が切って落とされた!
その第1試合はNFCの49ers vs ファルコンズ。

49ersは昨シーズンもチャンピオンシップに到達するも、ジャイアンツにオーバータイムの末にパント処理1つのミスで惜敗。
QBを途中からケイパーニックに変え、リードオプションを主軸としたO#スタイルに一新しても再びこのステージに来れるとは、やはりチーム力は本物。

対するはプレーオフ最弱のレッテルを貼られるも、プレーオフ初戦で今シーズンのダークホースであるシーホークスをギリギリ逆転勝利で倒したファルコンズ。
バリバリのポケットパサーである”マット・ライアン”が組み立てる王道とも言えるO#はプロスタイルのお手本とも言えるでしょう。

亜流オフェンスvs本流オフェンス、勝つのはどっちだ!?

[SPONSORED LINK]

 

▼前半
序盤はやっぱり強いファルコンズはミドルパスで進み、自陣からSが前に出たスキを逃さずWR#11″フリオ・ジョーンズ”へ一気にTDパスをヒット。
そして49ersのO#を止め、ファルコンズの一方的展開。FGを決め、さらに次のドライブもWR#11″フリオ・ジョーンズ”へエンドゾーン奥に絶妙のコントロールでTDパスを決める!!
0-17

このままでは追われない49ersはランで組立て直す。パスも混ぜてD#の的を散らし、やっと49ersO#に火がつく。RB#23″LaMichael・ジェイムズ”がTDランを決めて、反撃開始。
7-17

突き放したいファルコンズだが、49ersのパスラッシュがサックを逃すもののやっとQB#02″マット・ライアン”に届いたせいか、ライアンのコントロールが乱れやっと49ersはファルコンズO#を止める。

逆にO#に火が付いた49ersはケイパーニックのスクラブル、TE#85″ヴァーノン・デイヴィス”へのミドルパスをいれ前進。
2ミニッツから敵陣10ydからTE#85″ヴァーノン・デイヴィス”へのパスでTD!!
14-17

だが時間が余りタイムアウトも3つ残したファルコンズのO#は再びQB#02″マット・ライアン”が落ち着きを取り戻し、ミドルとロングをガンガン通す。最後はWR#83″ハリー・ダグラス”に見事なTDパスをヒットさせ折り返し直前に突き放す重要な得点を上げる。
14-24

 

▼後半
後半早々も49ersペース。TE#85″ヴァーノン・デイヴィス”へのパスが止まらず、リードオプションからのランでリズムに乗る。敵陣5ydからゴアのランでTD!!またも3点差。
21-24

迫る49ers!!ここで””マット・ライアン”がミスをする。ゾーンD#で張っているところに投げ込んでしまいINT!!
θ_(゜∀゜ )≡ モヒョヒョヒョヒョ ヽ(A`)ノ≡ コラァァァ!! カエセヨー!!
モメンタムは49ersに行ったか!!

このチャンスをTDに持って行って逆転したい49ersだが、TE#85″ヴァーノン・デイヴィス”へのロングパスが決まるも結局はFGトライ。
しかし、38ydの簡単なFGをエイカーズがポストに当てて、外す!!!
⊂(´・ω・`)⊃
試合前にもう一人のキッカーK”ビリー・カンディフ”をクビにした呪いか!!?
ベンチでがっくりと落ち込むエイカーズ!もうFGはあてにできん!

 

ピンチを乗り越えたファルコンズ。気を取り直して点差を広げたいQB#02″マット・ライアン”だったが、痛恨のファンブルロスト!!!
だが、このチャンスに49ersもWR#15″マイケル・クラブツリー”がエンドゾーンまで1ydでファンブルロスト!!
互にミスってボールが行ったり来たりの展開。

しかし、流れは49ers。次のドライブはラン連発。これに対応できないファルコンズD#。
そしてゴアのTDランでとうとう逆転!!ケイパーニックに完全に釣られるファルコンズD#!
TDキタ━━━━━∩(゜∀゜)∩━━━━━!!!!
28-24

だが、TD1本で覆る点差。シーホークス戦の事もあり、この状況下のマット・ライアンを舐めてはいけない。
パスをバンバン通して迫ってくる。

3rd-2ydのWR#83″ハリー・ダグラス”へのパスで1stDown更新するも、レシーブより先にボールが地面に着いているかもしれない疑惑の判定にHC”ジム・ハーボー”はチャレンジ!
しかし、判定は覆らず1stDown更新!!これにはハーボーがオーバーリアクションでブチギレる。コメディーかい!!
(屮゜Д゜)屮

とうとう敵陣10ydまでやってきたファルコンズ。
4th-4ydのギャンブルに賭けるもWR#84″ロディ・ホワイト”へのショートパスをILB#53″NaVorro・ボウマン”が後ろから手をさっと出して、ボールを弾きギャンブル失敗。

この後、残り6秒でまたもファルコンズにO#がまわるが、ロングパスに全てを賭けるもダウンしてしまい、時間切れで終了。

接戦を制した49ersがスーパーボウル進出決定です!!
( ̄▽ ̄)=3

 

2013年01月21日 @ジョージア・ドーム

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
49ers49ers (11-4-1) 0 14 7 7   28
ファルコンズファルコンズ (13-3-0) 10 14 0 0   24

  1. YM5 より:

    NFLで4番目に好きなチームだからATLを応援してましたけど、厳しいアンネセサリーや最後のインターフェア見逃しなど判定がややSFよりだった気がしますが、エンドゾーン手前のファンブルやエイカーズのFG失敗など勝敗に左右するようなミスはむしろSFの方が多かったと思います。

    SEA戦みたいな負けるフットボールをしていた訳ではなかったし、少なくともATLに負ける理由はなかったと思ったんですけど、ロジャース弟に通っていればそのままエンドゾーンまで走れたであろうパスをディフレクトされるなど、身体は小さいけどATLの大きな武器だったロジャース弟へのパスが肝心なところで通らなかったのが痛かったですね。

    結局TDではなくFGで失った4点が点差として響いた訳だから、何気ないプレーに見えて勝敗を分けるプレーになりましたね。

    まあ、これからJETSで嫌というほど見られるであろう終盤の大事な3&7で5ヤードのパスを投げて1ヤード届かず結局4&1でパントというシーンもありましたけどね。
    どうせ失敗したらパントで相手にボールが行くんだからわざわざ1ヤード届かない事が分かってるプレーを選択する必要性が分かりません。

    来年は届かない1ヤードについてJETS狂さんに言及していただきたいと思いますw

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      ATLの方の疑惑の判定はハーボウがブチ切れたシーンが印象的でした。私も確保せず地面にボールがついたように見えましたね。
      3rdDownで届かないプレーして1yd残してパントするのは あるある ですね。
      フラッコ&コールドウェルのように、サンチェスも新OCとかみ合って、改善される事にきたいするのみです。

  2. Paracelsus55 より:

    御久しぶりでございます。

    Paracelsus55です。

    ほっとしました・・・。

    とにかく内容よりも、

    championshipsに買ったことが大きい♫

    頑張ったな・・・、皆。

    良かった・・・。

    本当に・・・。

    HCのJIMが95年、

    現役時代、AFC championshipsPIT戦のあの

    ”ヘイルメイリー”

    から止まっていた時間。

    それが動き始めました。

    本当に良かった・・・。

    1. JETS狂 より:

      Paracelsus55さん>
      昨シーズンの敗退も惜しかったんですが、またも同じステージにきて、今度は勝利するというところに力を感じますね。(レイブンズの方も)
      ハーボー兄弟の親はどっちも応援できない嬉しくも複雑な立場ですが、大変楽しみなSBとなりました。

コメントを残す