2013年9月6日放談:開幕!!

こんばんわ。放談の時間です。
とうとうNFL開幕。やっぱレギュラーシーズンって1プレイの重みがプレとは違いますね。
開幕戦に非常にふさわしいカードで、内容が盛りだくさん。JETSの試合じゃないのに見入ってしまいました。
※もうこのサイトを見てるってことは、ネタバレOKということで、以後は試合結果を含みます※
[SPONSORED LINK]

 


最初はレイブンズO#を止められないブロンコスが、このままズルズル負けるかと思いきや兄者が爆発。
なんと開幕戦でNFL記録に並ぶ1試合7TD(44年ぶり)で快勝!昨シーズンで分かってますが、ティーボウを捨てて兄者に乗り換えたのは正解以外の何者でもないです。
あと3,4シーズンはいけるんじゃないでしょうか。

他にもリターナーのジャコビーに味方がなぜかタックルかますとか、あのウェルカーがパントをマフるとか衝撃連続の試合でした。

 

そして兄者の7TDをかき消す珍プレーも飛び出す。
第4Q残り12分。ブロンコスが42-17と大量リードのところでブロンコスLB”ダニー・トレベーサン”がINT!そしてリターンTDを決める。
これで点差は49-17。まさにレイブンズにトドメを刺したと誰もが確信したら。。。。

なんと喜びのあまりエンドゾーンに入る前にボールを離してTDが無効!!
もうエンドゾーンに飛び込んだ時の表情と、自分のミスでTDが無効になった時の表情の落差がすごいのなんのって。
「551の豚マンがある時と無い時」なんて比べ物にならないw。

これって、タッチバックになるという意外なルールも知る事になります。
当人は当然、サイドラインでDCにこってりと怒られておりました。

しかも、この後レイブンズが反撃し、1TDと1FGを決めて2ポゼッション差まで追い込みます。それだけにこの1プレーは、後半を盛り上げてくれました。

 

あと注目すべきはパッツからブロンコスへ移籍した1stDown請負人WR”ウェス・ウェルカー”。
パントをマフってロストする致命的なミスはするものの、WRとしてはやはり最高峰。あっというまにカバーを突き放してオープンになり、兄者のパスをガンガンレシーブします。
(疑惑のレシーブもありましたが)

逆にウェルカーの抜けたパッツは一体どうなるのか非常に気になりました。
もしや、もしや、パッツに勝利しちゃう!?ヘ(゜∀゜*)ノ

その前にリーヴィスがいろいろJETSの情報を暴露ナイトしてるらしいバッカニアーズを倒さねばならないので、へんな妄想で浮かれてる場合じゃないですな。。

  1. しぇあねーーーしぇあーーーwww

  2. あい より:

    >これって、タッチバックになるという意外なルールも知る事になります。

    ブロンコスがファンブル→エンドゾーンでレイブンズがリカバー(攻撃権が移る)→エンドゾーンでレイブンズがニーダウン(タッチバック)

    です。
    その後の展開も爆笑モノでした~(笑

    ウェルカーは何だかポロポロとボールを落としていましたな。ダラス・クラークも。
    パッツは、、、RB2人に何でもやらす気なのではないかと。
    アメンドーラとの呼吸も整ってますし、いざとなれば#84を連れ戻せば良いし、相変わらず作ってきてるなーという印象。

    1. JETS狂 より:

      あいさん>
      ボールを離した後の処理でタッチバックなんですね、その辺は見ていませんでした。
      しっかし、あんな事がありうるんですね。あと数秒ボールを持ってけば英雄だったのに。天国と地獄の境目を垣間見ました。
      パッツは総崩れすることは無いと思いますが、ブレイディも年ですし、今回ばかりはどうなるか分かりませんね。

コメントを残す