2014年6月13日放談:ワールドカップ2014-また誤審問題か!?

おはようございます。朝から放談の時間です。
すばらしい記事「2014年6月12日放談:俺がジェイ・カトラーだ!!」から1日しか経っておりませんが、またもみなさんにお伝えすべき事ができましたので筆を執りました。
(キーボードだけど)

またもワールドカップ関連でございます。

[SPONSORED LINK]

開幕戦で誤審問題

いよいよワールドカップ2014がスタート!開幕戦のクロアチアvsブラジルが行われました。

大事な開幕戦の主審に日本人である西村雄一さんが選ばれたことは 大変名誉だったのですが、肝心なところでの判定に疑惑があがりました。

後半にて1-1という大事な場面で、クロアチアがペナルティエリア内でファールを犯して、ブラジルのPKとなったのです。

しかし、スローで見ても私にはファールに見えません。むしろブラジルのシミレーション。
このPKはクロアチアGKは良い反応を見せるも、ゴールとなりブラジルは逆転しました。

 

誤審に関しては、4年前のワールドカップでも「W杯:優勝はスペイン & タコ & ウチの親に孫」にて熱く語っているとおり改善すべきであり、PKなんてクジ引きで貴重な点を取れるようなシーンに主審の主観だけで判定を決めてはいけないと思います。

今回の大会では最新のゴール判定テクノロジーや消える白線スプレーなど、新しい試みが取り入れられておりますが、PKになる反則はレビュー対象とすべきでしょう。

 

昔、ファミコンのキャプテン翼2で、ブラジルのGK”ゲルティス”の必殺技ダークイリュージョンが強力すぎてゴールが全く決まらないので、ペナルティエリア内で翼にドリブルをさせまくって相手の反則からPKを蹴ったほうが得点できるというワザを編み出しました。

PKとはそのぐらい重要なのですよ。
(たとえがおかしい)

 

この判定に世界中が納得できず、速攻でこのようなコラが作成されました。
西村雄一ブラジル誤審

Bp9wQEQCMAAYJjZ

 

つまり、「主審もブラジルの一員」って皮肉です。他にも疑惑のシーンがいろいろありましたが、あのPK判定さえ無ければ良い試合だったのに、残念すぎです。

サッカーはまだまだシステム的にNFLには及ばないです。

 

個人的な見解なので、いろいろ物議はあるかと思いますが、最後にかつてのドイツ代表GK”オリバー・カーン”の名言で締めましょう。

「誤審?関係ない。全部オレが止めればいいんだ。」
(by オリバー・カーン)

 それでは、ごきげんよう。

▼おまけ:FCキャプテン翼の笑えるgif
FCキャプテン翼

コメントを残す