いよいよNFL2014シーズン、最終局面に突入

そこに~JETSは~いません~♪

まだレビュー記事を書く前ですが、ご存知のとおりJETSはイルカさんに負けました。

いや、本当の事をいうとAFC東共通の敵であるパッツを倒す希望をイルカさんにのせて、わざと負けたのです。

あそこまでランばっかりコールしてプレーを絞って、さらにフォーク様が わざと2本もFG外してあげたのに、接戦になるとはイルカさんには先が思いやられますよ。

最後のINTも、八百長に見えないようにINTの名手ジーノにロングを投げさせたのです。
騙されたでしょ?

 

さて、2014シーズンも残すは4試合。つまり最終クォーターに突入です。そこでWeek13終了時点での状況を確認しておきましょう。

[SPONSORED LINK]

AFC

この時点で10勝チームがいないうえに、あのブロンコスすらチャージャーズに1勝差で背後に迫られる大混戦となっております。

そして、なんとイルカさんがJETSに勝利した事で第6シードに入りました。

ワイルドカードのタイブレークルールのその1に「直接対決の勝敗」があり、イルカさんはチーフスに負けているのですが、3チーム以上で直接対決を比較する場合,比較するすべてのチームに勝ち越しているか,負け越しているチームが1つでも存在する場合のみなので、6チームも7勝で並ぶとこのルールは適応されません。

となると、次の比較は「AFC内での勝率」となるので、AFC内での勝率が高いイルカさんがチーフスを抜いて第6シードに上がったわけです。

とは、言っても今後は同地区での対戦、つまり同カンファレンス(AFC)内の対戦が多くなるので、次の週にはどうなるか分からない、まさに薄氷の第6シードです。
(スティーラーズがAFC6勝なのに下にいる詳細ははっきりしませんが、おそらくドルフィンズを抜いた状態で比較したらこうなった?)

 

しかし、イルカさんにはまだ地区優勝という道もあります。
まずパッツが残り4戦で2敗以上する、かつ、イルカさんがこの後 全勝すればWeek15でパッツと直接対戦するので、パッツをスイープして上に立てるのです。

JETSもイルカさんのお手伝いを再びするためにパッツをWeek16で倒しましょう。

それにしてもビルズが、ここまでプレーオフ争い残るとは、何年ぶりの事なんでしょう。さらにブラウンズも。今シーズンのプレーオフはかなり変わった顔ぶれになるかもしれません。

 

NFC

こちらも10勝オーバーで独走するチームがいない大混戦。

カーディナルスが好調を維持して第1シードをGETするかと思いきや、QB”カーソン・パーマー”など負傷者が相次ぎ、停滞している間にパッカーズとイーグルスに勝率で追いつかれました。

さらに同地区シーホークスがすぐ後ろまで来ており、スーパーボウルのジンクスを破るNFL初のSBホーム開催どころか、このまま停滞すればプレーオフすら落とします。

 

さらに注目すべきが、またも出るか「負け越しプレーオフ」です。

知らない人に説明すると、2010シーズンはNFC西が最弱すぎて、シーホークスは7勝9敗と負け越しているのに、地区優勝してプレーオフに進出するNFL初の珍現象が発生しました。

これには10勝したのにプレーオフに出場できないジャイアンツやバッカニアーズは怒り、リーグの問題となったのですが、その後も改変はありませんでした。

 

そして今シーズンは、NFC南の首位ファルコンズが5勝7敗で負け越しているにも関わらず地区首位なのです。

たしかに8つのディビジョンで地区優勝がプレーオフに進出するシステムなのですが、ヨソの地区が高い勝率でプレーオフ争いをしてるさなか、負け越しでプレーオフに出場するというのは、最強を決める決勝トーナメントにふさわしくないです。

まぁ、運も実力の内ですし、このシステムだから面白いんですけどね。

 

ここから前例がないぐらい、めまぐるしく順位が変化し、毎週ファンが一喜一憂する事になる面白い展開が待っています。

この祭にJETSが参加していないのが残念なのですが、それはそれ。NFLファンとして今後の展開を楽しみに見守っていきたいと思います。

  1. ブーマー より:

    対イルカ戦は結果負けましたが、内容は非常によかったと思います。
    CJのランも久々に100Y超で素晴らしいカットでロングランもありました。
    何と言ってもスミスの投げる投げる・走る走る詐欺のような自重wが良かったと思います。
    敗戦ははっきり言ってフォークの不調。あの試合はO#戦略含め全体的なコンセプトは本来のJETS仕様だったと思いますね。O#がボールコントロールしてタイムオブポゼッションを稼ぐとD#がヘロヘロにならずにフレッシュな状態でライアンの特徴である複雑なブリッツが多種多様に使える。DB陣がしょぼいからターンノーバー奪えないけど、いくつか奪えたら圧勝だったでしょうね。
    しかし期待も大きかったドラ1ルーキーカルビンプライヤーもBUSTっぽいですかね?体格は群を抜いてJETSのDB陣においては雰囲気ありますが、いかんせんタックルミス多いですよね。最近、スターターも奪われてすよね。ミリナーもまだまだよくわかりませんが、来季のドラフトもDBを上位で指名するんでしょうね、きっと。NEvsGB見てましたけど、リーヴィスは相変わらずネルソンをほぼシャットアウトしてましたね。終盤にスラント系で一発タッチダウン奪われたところが全盛期からやや衰退してる感じはありましたが、存在感はいまだ健在ですね。エースレシーバーを一人でほぼコントロールできるリーヴィスをライアンが望んだとおり獲得出来ていれば
    またJETSの順位も変わっていたでしょう。ま、タラレバ空想は虚しいっすねw

    1. JETS狂 より:

      ブーマーさん>
      ラン出しまくって、コントロールしましたが得点には結びつかず歯がゆい内容でした。
      このグラウンドアタックこそJETSの代名詞なのですが、最終的には、相手がランに釣られたスキに体力全快のQBが、ここぞってところで決める必要性があります。

      ジーノでは決定力が無かったのが残念です。STの不調も致命傷となりました。
      (いやいや、フォーク様の計算ですよ)

      リーヴィスはいいプレー見せてましたけど、一撃でイカれましたね。JETS時代にもモスに1発やられた事はありましたが、そこはエース同士の対決なのでリーヴィスも絶対ではないです。
      しかし、足の速度は衰えた感はありますね。獲られても、ラン・アフター・キャッチはさせないCBだったのに。

  2. エドのファン より:

    ミリナーはまだしも、プライアーのBUST説には触れて欲しくなかったです涙
    認めたくない…。
    DB陣補強、QB探してる間にフロント7解体…、考えたくない…。

    1. JETS狂 より:

      エドのファンさん>
      既にニュースには、TEアマロの2試合連続欠場で「JETSの2014ドラフトは全員ハズレ」と言われていますね。
      これもGMのせいなんでしょう。JETSはいつもあまのじゃくなPICKをする気がします。
      Sならばプライアーより、ハハを素直に獲るべきだったでしょう。

コメントを残す