2014年12月22日放談:マンガ始めてみた

まんが道
この時期に新企画

こんにちワンダ。放談の時間です。

アメフトマンガといえば、アメフトの認知度を当時の小中学生に爆発的に広めた「アイシールド21」ですが、国産のNFLマンガというのはありません。

プロでNFLファンの漫画家は、ツィッター上でハイレベルな萌えNFLイラストをUPしていらっしゃる「長月みそか」先生がいますが、ストーリーのあるマンガではありません。

チャージャーズブログの「いちたすにたすさんでぃえご」さんもオリジナリティあふれるイラスト付ブログをUPしてますが、これも1枚出オチのものです。
(最近、使い回しが多いですが。。)

そこでNFLの認知度を広めるためには、NFLマンガが必要だと立ち上がったJETS狂!

ブログは当然として、これまで「NFLあるある」「NFL小説(1回で終了)」「NFL画像合成」「ツィッターAPIのWEBアプリ」と、様々な試みを行ってきましたが、とうとうマンガ家デビューいたします!!
(版権とかは、一旦置いておいて)

[SPONSORED LINK]

無料マンガソフト、クラウド アルパカ

さて、どうやってマンガを描くのか?それは最近話題の無料マンガ製作ソフト、クラウド アルパカ というものがあるのです!!

ぶっちゃけNFLマンガを描きたくてコレを見つけたのではなくて、コレを見てマンガを描いてやろうと思いました。

そして私の脳内は 、大ヒット→単行本→印税がっぽり→ドラマ化→→ハリウッドで映画化 と、夢のハリウッドへ一直線。
∑(゜ Д゜) 

 

さっそくネームというやつを書かなくてはいけません。この辺りは バクマン を全巻読破したので、お手のもの。

・ストーリー構想→約30秒。

・ソフトのインストールから使い方を覚えて、ネーム完成→1時間。

そして、完成した人生初のネームがこれだ!!

 

題:バッドファンブル for SB48(仮)

fumble

・・・分かります?SB48 でマニングが後にそらしたボールがオケツにささって、思わず審判のセーフティーのジェスチャーがカンチョーになったというオチ。。さすが30秒で考えたクォリティ。

 

ここから清書してベタ塗ったり、スクリーントーン張ったりするのですが、これが相当メンドウ。

週刊誌でストーリーを考え、16ページ近くも緻密に絵を描くマンガ家さんって、マジで超人です。自分でやってみると、その労力が分かります。

ストーリーはおろか見せる構図まで全て自分で考えて、全キャラクターはもちろん背景や小物も全て書くって作業は、映画監督より数万倍エライんじゃないでしょうか。

 

というわけで、アイシールド21の村田雄介先生、これを見てましたら、このネームを素敵なマンガにしてもらえませんでしょうか?

JETS狂まんが道、THE END。

保存

  1. hoopnfl より:

    わたしの世代で、川崎のぼる先生の「フットボール鷹」っちゅーのがありました。虎の穴みたいなところでフットボールの修行をするみたいな。

    1. JETS狂 より:

      hoopnflさん>
      タイトルだけは聞いた事があります。巨匠がフットボール漫画が書くとは、さすが時代を先に行ってます。
      これが巨人の星並みにヒットしていたら、日本のフットボール事情も変わっていたかもしれませんね。

コメントを残す