【ジェッツ】キャンプ始まったけど、見どころをチェック[ディフェンス編]

ダレル・リーヴィス アントニオ・クロマティ
もう始まっちゃった

昨日、キャンプの見どころオフェンス編をお伝えしましたが、すでにキャンプ初日が終了。

なのでディフェンス編は、サラッとお伝えします。

[SPONSORED LINK]

契約問題ありのDL

まずは最前列のDLから。ご存知の通り、3-4体系なのにさらにドラフト1巡(全体6位)でDE”レナード・ウィリアムズ”を獲得し、ドラ1のDEを3人を抱えて飽和状態。

真ん中のNTというポジションは、できる人間が限られるのでNT”デーモン・ハリソン”は固定となります。

 

問題は元ドラ1のDE”モハメド・ウィルカーソン”との契約延長がまだ行われておらず、最新のニュースではウィルカーソンは契約延長しなければ、今シーズンは出場しないとか言っております。

彼が強気に出れる理由は、元ドラ1で新人王も獲得したDE”シェルドン・リチャードソン”が、不正薬物使用で開幕戦から4試合の出場停止処分を食らったからです。

ここでさらにウィルカーソンが不在となるとJETSのDLは、LBにコンバートしたコプルスをDLに戻したとしても、パワーダウンは避けられません。本来なら先発落ちの当落線上であるウィルカーソンが、リチャードソンの出場停止処分により、どうしても必要な人材となったのです。

 

ドラフトで”レナード・ウィリアムズ”を獲得したため、本来ならトレード候補であるはずのウィルカーソンと苦渋の契約延長をして、DEを飽和状態にするのか?それともウィルカーソンと契約延長はせず、リチャードソンの復帰まで耐えるのか?気になるところです。

 

サック量産なるか?LB陣

高齢化が進むLB陣。毎年、ドラフト1位はOLB獲得を予想されつつも、まだ稀代のBUST”バー●ン・ゴ●ストン”のトラウマを引きずってるのか、今年も上位でOLBの獲得はありませんでした。

しかしながら、運よくドラフト3巡で本来は2巡レベルかつ、かなり不幸な生い立ちであるOLB”ロレンツォ・モールディン”を獲得でき、ベテランOLB”カルビン・ペイス”の後釜が出来ました。

 

さらにミニキャンプでは元ドラ1DEからコンバートしたOLB”クィントン・コプルス”が評価を上げており、これまでLBに良い人材が居ながらもサックを量産するインパクトのある選手がいないJETSの長年の弱点が、今シーズンは解消されるかもしれません。

 

ILBはベテラン”デビット・ハリス”と、レックス・ライアンが「レイ・ルイスの再来」とか言っていた”デマリオ・デービス”の二人がいれば、真ん中のランが簡単に抜けることはないでしょう。

近年どうりランD#に関しては鉄壁だと思います。

  1. プんじん より:

    オフェンスはQB次第でしょうかね。
    ジーノって成績悪い割には「成長に期待」ってアナリストが意外といるんですよね、身体能力だけみたいな気がするんですが…QBに一番必要なのは判断力じゃないかと思うけどなあ。
    DLはウイルカーソンをキープしといた方がいいんじゃないかなあ。
    リチャードソンまた何だかやったみたいで、こう言う人は何度もやりますよね。能力あってもそのたびに出場停止じゃ使えませんからねえ。

    1. JETS狂 より:

      プんじんさん>
      ジーノの時々見せる走力や肩の力から身体能力は相当なもので、それを武器にカレッジで活躍したのですが、バケモノだらけのNFLじゃあ通じませんね。
      QBに限っては足の遅いブレイディや、肩の弱いペニントンが活躍します。リーダーシップに加えて、フィールド上のチェスといわれるぐらい相手を読む力と判断力の方が大事なわけです。

      なので、今のところ知性や謙虚さが見られないジーノにはちょっと期待できないです。
      ウィルカーソンはぜひぜひキープしたいですけど、DLに裂くキャップが肥大化するのが問題です。しかしながら個人的には契約延長で収まるのではないかと見ています。

コメントを残す