【2015シーズン】記念すべき50回大会制覇を狙う12チーム、デテクイヤ![NFC編]

2015_top_shark-rs
こっちは荒れそうだ

前回のAFCに続いてNFCのプレーオフ進出チームのざっくり紹介です。

注目はやはりシーズン1敗のパンサーズですね。黒星をつけたファルコンズはちょっとは空気を読めっての。

そして復活ピーターソンのバイキングや、ノーマークだったレッドスキンズの存在など面白くなりそうです。

では、さっそく

NFCの猛者どもよ!デテクイヤ!!

[※初版でパッカーズとシーホークスのシード順が逆だというご指摘を多く頂き、訂正いたしました。
ご指摘、ありがとうございます。]

[SPONSORED LINK]

パーフェクトは逃すもSB制覇は逃さぬ!

2015_pansers パンサーズ

第1シード

カロライナ・パンサーズ

(1回戦免除)

昨シーズンは史上2回目の負け越しプレーオフ出場で、ディビジョナル・プレーオフに進むものの、QB”キャム・ニュートン”が足を引張って、シーホークスに敗北。しかし、今シーズンはうって変わって、15勝1敗で文句なしの第1シードでプレーオフに帰ってきた。

 

特徴はやはり昨年に続きD#。真ん中で睨みをきかすILB”ルーク・キークリー”の超人的反射神経が全てのランを止め、さらにインターセプトまでも奪う。
アイシールド21でアメフトを覚えた人には「リアル・進清十郎」と言えば分かりやすいだろう。

 

あとロースターを見ていると、元セインツのS”ローマン・ハーパー”や元タイタンズの”コートランド・フィネガン”、元バイキングスのDE”ジャレッド・アレン”など各チームのD#の顔であった超ベテラン選手の存在が目立つ。

 

O#では”キャム・ニュートン”が持ち前のスクランブル能力に加えてパサーとして進化した事が大きいだろう。
走りすぎてバテたり、投球フォームに欠点があるなどの弱さを克服し、頼りになるリーダーとしても成長が見られた。

加えてRB”ジョナサン・スチュアート”のランがO#を牽引しているのだが、Week14のファルコンズ戦で足を捻挫してから欠場中。いちはやい回復が求められる。

 

パスターゲットとしてはTE”グレッグ・オールセン”や元JETSで 2011年にチームの人事に愛想をつかして自らJETSを退団したWR”ジェリコ・コッチェリー”。さらに、さすらいのスーパーリターナー 「ギンちゃん」こと”テッド・ギン・Jr”など、結構、面白いタレントが集まっている。

 

NFLファンがパンサーズに期待するのは、やはりペイトリオッツに敗れたスーパーボウル38の再戦だろう。
今、振り返ってもパンサーズはよくQB”ジェイク・デローム” でスーパーボウルに行けたなと思う。
(ベアーズはグロスマンでスーパーボウル出たけどね)

 

アリゾナが夢見て何が悪いんだ!!

2015_cardinals カーディナルス

第2シード

アリゾナ・カーディナルス

(1回戦免除)

すっかり49ersと立場を交代してプレーオフ連続出場となったアリゾナ・カーディナルス。しかも第2シードなのだから、HC”ブルース・アリアンズ”のマジックは凄い。

 

今シーズン好調の要因はずばりO#。昨シーズンはシーズン途中でQB”カーソン・パーマー”が負傷によりシーズンエンドしたため、”ドリュー・スタントン”やら”ライアン・リンドリー”など底辺QBを起用するしかない苦しいシーズンだったが、今シーズンはパーマーが健在なのだ。

カーディナルスの顔、WR”ラリー・フィッツジェラルド”とのホットラインによるパスO#に加え、シーズンエンドしたRB”クリス・ジョンソン”の穴を埋めたルーキーRB”デイビッド・ジョンソン”のランO#で、なんと現在トータルO#はリーグ1位なのである。

 

そしてD#は、おなじみCB”パトリック・ピーターソン”や、カーディナルス一筋のベテランDE”カライス・キャンベル”が牽引し、こちらもリーグ上位の戦力を誇る。

 

2008シーズンに”カート・ワーナー”が取り逃した念願のスーパーボウル制覇も、今回はかなり現実味を帯びてきた。

  1. 豆腐野郎 より:

    シーホークスが第六シードですよ。

    1. JETS狂 より:

      豆腐野郎さん>
      しまった!急いで書いてスゴイミスをしました。

  2. MKT より:

    こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいています。
    細かいところの指摘になってしまいますが、アリアンズHCが就任したのは昨年ではなく2年前の2013年シーズンからです。
    あとプレーオフ順位はパッカーズが第5シード、シーホークスが第6シードです(勝ち星が同じ10−6で、直接対決でパッカーズが勝っているため)。

    シーホークスは昨季第1シードから転落してまさかのワイルドカードに滑り込みましたね。それでもこの2年間でSBへの行き方を十分に知っているので、最も不気味な位置にいると思います。
    今のシーホークスはロードもクソもないくらい好調ですので、バイキングスは負けてもいいからシーホークスを疲労困憊にさせて欲しいものです。(できれば何人か離脱者を・・・)
    そして我がカーディナルスの不安要素は、ベンガルズ時代2度のプレーオフでまだパーマー勝てていないこと(内1回はファーストプレーで大怪我退場に)、アリアンズもHC代理のコルツ時代・昨季のプレーオフでまだHCとしてプレーオフ勝利経験がないこと(コーチ時代は数度ありますが)、17週の大敗です(アリアンズは「17週全力で行くって言ってたプランは嘘だよ〜ん」なんて言ってますがほんまかいな)。

    ま、ここまできたらもう全力で応援するしかありません。死に物狂いで応援します!

    1. JETS狂 より:

      MKTさん>
      ご指摘を多々ありがとうございます。個人的に時間がなくてマッハで作成したので、チェックが漏れておりました。
      (作成してる途中でシードと対戦相手に何か違和感があったんですけど)
      JETS狂の宴 は、みなさんの暖かいご支援で成り立っております。

      私もシーホークスが制覇する可能性が高いと見ています。プレーオフはこれまでと別次元の戦いであり、パンサーズといえど”ピート・キャロル”がキッチリとニュートン対策を取ったシーホークスには勝てない気がしますね。

      いずれにしてもカーディナルスにSB制覇をして欲しいです。パーマーはルートを走らないし目立とうと必死な身勝手なオチョシンコに振り回され、ベンガルズの上層部と仲が悪かったらしい不遇な時代を乗り越えて、ここまできたのですから。
      楽しみになってきました。

  3. 匿名 より:

    いつもこっそり見ております。
    コメントは書かないのですが1点だけ、シーホークスとパッカーズのシード順が逆になってます。
    では。

    1. JETS狂 より:

      匿名さん>
      あら!やばい!!すみません。

  4. 匿名 より:

    パンサーズは去年のエースレシーバーであるベンジャミンがシーズンアウトした時点で終わったと思っていたので第一シードとは驚きです。
    それにしてもここまで空気なベンジャミンがかわいそう。パッカーズのネルソンはたびたび話題に上がるのに・・・

    1. JETS狂 より:

      匿名さん>
      私的にパンサーズは長年頑張ってきた”スティーブ・スミス”が抜けたらツキがまわり、逆に彼を入れたレイブンズの調子が不安定になったので、実力はあるが疫病神だったのかと思ってしまいます。
      ネルソンとの知名度に関しては、まぁ仕方ないのかと。
      パンサーズ以外にもチーフスのジャマール・チャールズやパッツのエデルマンなど、エース級のRBやWRが抜けても勝ち抜くところは勝ちますね。
      とにもかくにも、シーズン1敗パンサーズがSBへ到達するのかどうか楽しみです。

  5. 匿名 より:

    サブリミナルでカーソンパーマーが出ている気もしますが、ライアン繋がりでマットライアンじゃないかという気もします……
    そんな私のNFC優勝予想はSEAです

    1. JETS狂 より:

      匿名さん>
      後に記事に書きますが、相手のミスで勝利するという非常に危ない1回戦でした。
      今回のプレーオフはSBまで全てロードなので苦戦すると思いますが、リンチが復活すれば立て直せる気がします。
      果たしてパンサーズ相手にどのように展開するか、楽しみです。

コメントを残す