【イーグルス】またもトレードアップ!イーグルスが全体2位に浮上

eaglse_draft-rs
完全に遅報

千葉県の某ランドに旅行に行って帰ってきたら、ラムズに続いてまさかのトレードアップが起こっていて驚きまいた。

もう、完全に遅れたニュースですが、イーグルスがトレードアップでブラウンズの持つ全体2位を獲得しました。

今回のQBはそんなにいいのか?

[SPONSORED LINK]

開始前から荒れるドラフト2016

ラムズに続き、イーグルスが予想外のトレードアップで、本来はブラウンズの全体2位に浮上。

そのトレード内容は、イーグルスはブラウンズの2016年全体2位と2017年の4巡を獲得。ブラウンズはその見返りにイーグルスの2016年全体8位 、3巡と4巡、2017年の1巡、2018年の2巡を獲得しています。

そのトレードアップの目的は、もちろんQB。ラムズがゴフを取ればウェンツ、ウェンツを取ればゴフを取りにいくのは確実のようです。

 

しかし、イーグルスといえば既に”サム・ブラッドフォード”と2年35Mという高額な契約延長を結んだばかり。てっきりブラッドフォードを信用して2016年シーズンも彼で行くかと思いきや、今回のトレードアップで、ブラッドフォードを信頼していない事が分かりました。

こんな金額のバックアップはありえませんし、イーグルスは今回のドラフトでQBを獲得したとしても、当面は先発させずに将来に備えて育てる方向であるように見えます。

 

逆にQBを取ると思われていたブラウンズは、今回のトレードによって先日レッドスキンズから獲得したRG3はバックアップでなく先発候補。もしくは、QBは全体8位で取れるものでOKという考えのようです。

ブラウンズのQBが定着しない原因って、ドラフトで1巡でも中途半端なQBを取るところにあると思うのですが、またも歴史は繰り返されるのか?

 

しかしながら、ジェッツGM”マイク・マッカグナン”は、「今ドラフトのQBは平均レベル」とコメントしており、騒ぐほどのレベルではない見解です。

それに加えJETSは、フィッツパトリックとの契約に関して、今後も粘り続ける方針との事。

 

ドラフトまであと1週間を切りました。このイーグルスのトレードアップによる、各チームのプランへの影響はいかに?

  1. YM5 より:

    http://s.ameblo.jp/yukirhythm5/entry-12153003381.html

    詳しくはブログに書きましたが、僕はずっとリンチが欲しいとシーズン中から言っていましたけど、リンチも素材型で8位で指名する選手ではないし、当初の13位でもリーチと思われていました。

    まあ、チームが必要で活躍してくれるなら何位でもいいのですけど、ノースダコタという全米屈指の田舎(人口は70万人もおらず最近話題の熊本市よりも少ない)で全米5連覇を達成してやっと注目を浴びるレベルのFCSの王様は、FBSのチームから声が掛からなかったのか?それともウェンツは転校しようと思わなかったのか?

    ちなみに、同じくFCSノースダコタ州立をで全米制覇に導き、成績自体はウェンツよりも良かった彼の先輩はCFLの控えQBです。

  2. YM5 より:

    上位候補の3人に限らず、スーパーボウルで勝ってくれるならダク・プレスコットでもクリスチャン・ハッケンバーグでもトレボーン・ボイキンでも、コナー・クックでも、ブラクストン・ミラー再コンバートでもいいんですよ。

    むしろ僕は来年デショーン・ワトソンが欲しいと思っていたくらいたし、OSUでいえば今の話にならないレベルからスーパーボウル優勝レベルにプロに入って成長してくれたら数年先のセス・コリンズやセス・スミス、マーカス・マクマリオンでもOKです。(多分ないでしょうけど)

    何人もQBの名前を挙げましたけど、スーパーボウルで勝ったQBはのべ50人しかいない訳だし、その中で後の世に名を刻むのはそれだけ大変という事です。

  3. スパイガラス より:

    ブラッドフォードとフォールズを交換して、どっちもダメ。地獄ですな。
    その分QB以外の選手が落ちてくるんで、ありがたいですが。

    1. JETS狂 より:

      スパイガラスさん>
      一体、何のためのトレードだったんですかね。たしかに全体3位や4位にとっちゃ、ありがたや。
      しかもこういうトレードUPで獲得したQBって、だいたいダメでしょ。
      ブラッドフォードとフォールズはPICKを増やすためにドラフトの最中にトレードされそうな予感ですね。JETSなんて、その格好の的ですよ。
      とにかくQB問題を早く何とかして欲しいものです。

  4. MKT より:

    奇しくも全体1位のラムズと2位のイーグルスは去年先発QBを交換したチームになってしまいましたね。互いにほしいQBを確保したはずなのに、翌年にはトレードアップしてまで新QBを獲得しようというところに現実の厳しさを感じます。
    このトレードアップで、ブラッドフォードはイーグルスにトレードを要求してオフはチームに帯同しないことを明言してますし、チームもQB指名を明言(もうドラフト後なので指名済みですが)してるのに「(ブラッドフォードの発言に)驚いた。彼は我々の先発QBなのに」と言ってるあたり、互いに冷え切ってるんでしょうねえ。

    ネットで話題になっていましたがブラッドフォードの総TDは78、稼いだ額は78M(78億円)、その間チームはプレーオフも勝ち越しもなし。一般人の感覚からしたらそんなQBをトレードで欲しがるチームはいないだろうと思うのですが(契約金もばか高いし)、なにが起こるかわからないのがNFL。バックアップくらいの待遇なら絶対にどこかのチームは取るだろうなあと思っています。
    どうせこんなことになる予感してたんだから、我が愛するティーボウを使っておいてくれれば少しは夢が観れたかもしれないのに・・・。

    1. JETS狂 より:

      MKTさん>
      本当に互いにQBをトレードしたものどうしが、ドラフト1位と2位でQBを獲るって、あのトレードの意味が全く無かった事になりました。
      オフの間にブラッドフォードと高値で契約した時点でイーグルスはどうかしてました。プレーオフにもいけないどころかケガばかりで不安定な選手を高額で契約してしまったのは大失敗でしょう。

      ちなみにJETSには絶対に来るなよ!!

コメントを残す