さらばTE”ダスティン・ケラー”、そして敵へ。&その他

どんどん流出

FA解禁においてターニングポイントとなるであろう言われてきたTE”ダスティン・ケラー”の契約延長なのですが、なんとライバルのドルフィンズに獲得されちゃいました。

主力の流出が止まりません。。( ̄Д ̄;;

[SPONSORED LINK]

 

▼TE”ダスティン・ケラー”がドルフィンズへ移籍
前のニュースで伝えたとおりライバルであるドルフィンズはケラー獲得に動いておりました。
JETSもケラーとの契約に動きましたが、キャップの事や昨シーズンは負傷欠場も数回あり成績を伸ばせなかった事から、JETSは彼との契約に積極性を欠きました。

結果、ケラーはJETSと複数年契約できないのならドルフィンズに移った方が良いと判断し、1年435万ドル(225万ドル保証)で、ドルフィンズと契約しました。

 

TE”ダスティン・ケラー”は、悪夢の2008年ドラフトで近年最大のBUST”バーノン・ゴルストン”を1巡全体6位で獲得後に、トレードアップして1巡全体30位で獲得した選手。

ゴルストンの大失敗の汚名をケラーのトレードアップ獲得の成功で、和らげていた部分もあります。

そして、その年にJETSに移籍した”ブレット・ファーブ”のJETS公式戦初のTDパスをレシーブしたのがケラーでした。

 

これに関するエピソードが、ケラーにとってもNFL初のTDレシーブだったので、その記念ボールを持って帰ろうとしたら、ファーブに「それをくれ」と言われました。

偉大なるパイセンであるファーブの言うことを断るなんて出来るわけが無く、ファーブに大事な記念ボールを強奪されました。
「ファーブも移籍初のTDボールが欲しかったのか」と誰しもが思った矢先、ファーブはそれにサインしてケラーに返すという、ファーブの粋なはからいの逸話があります。
初のTDレシーブが生ける伝説のパスで、そのサインまでもらえるとは死ぬほど嬉しかったでしょう。

 

そして、その後はご存知のとおりサンチェスのメインターゲットとなりました。

2009年のプレーオフ、当時は鬼のように強かったチャージャーズ相手に、第4Qでの起死回生の逆転TDレシーブは感動ものでしたね。

サンチェスは苦しい時に何度ケラーに助けられたかわかりません。サンチェスのキャリアが賭かっている今シーズンにケラーが抜けるのは、非常に厳しいでしょう。

しかも、よりによって移籍先はイルカさん。どんだけ補強するだよイルカさんよぉ。。。
ペニントンがイルカに移籍したときよりはマシですが、やはり好きな選手にライバルに行かれるのはショックですね。

はぁぁぁ、やっぱりSBホームのジンクスは鉄板なのか・・
(-_-メ

 

▼RB”レオン・ワシントン”がパッツに移籍
JETSも選手を獲得したニュースより先に、このニュース。
かつてJETSのリターンの鬼であり、シーホークスにトレードされたRB”レオン・ワシントン”が、なんと怨敵ペイトリオッツと1年150万ドルで契約です。

シーホークスがバイキングスよりWR”パーシン・ハービン”を獲得したため、ワシントンの存在意義が薄れてカットされたところをパッツが拾ったようです。

たしかにパッツはウェルカー、ウッドヘッドを失いエデルマンとも契約が切れてリターナーがいない状況。ここでワシントンを獲得したのは、最高の一手でしょう。

66f8e8b68cf411e2af1622000a1fb845_7ワシントンはツィッターでパッツ帽をかぶってニッコリ。

パッツにワシントン、ドルフィンズにケラー。ビルズには依然”ブラッド・スミス”がいるどころか元DC”マイク・ペッティン”が移籍。
お気に入りがライバルへ行きまくりで、ある意味でツラいシーズンとなります。

  1. ぷんじん より:

    イルカさんチームは、何だかレシーバーをたくさん集めて増すねえ。ランのイメージがあるチームなんですが、イメージ変わるかな。
    こちらはレシーバーがもともといないのにどうするんでしょう?サンチェスにWCOは無理なような気がするんですけど、マッケルロイなら向くのか…。

    1. JETS狂 より:

      ぷんじんさん>
      ランをおとりにブーツレッグから投げるパスが得意なサンチェスにウェストコーストが合うのか私も疑問です。
      しかし、迷い無くあらかじめ決めたパターンで投げれる点では、逆にいいのかも。
      しかし、それをやるなら肝心のケラーに出られたのは痛かった。ブレイロン・エドワーズは確実に確保して、サンチェスと合うレシーバーを一人でも多く確保するしかないですね。

  2. duke13 より:

    全然知りませんでしたが、ファーブっぽい粋な話ですね。。。
    最近Vikesが獲得したグレッグジェニングスもファーブオヤジには相談してたと言うし、
    なんか、天性の愛されキャラなんでしょうねぇ。。

    しかし、Jetsはどうなっちゃうんでしょう??
    とは、去年Vikesが村田さんにも言われていたセリフ。
    有馬さんに至っては「ADは既にピークアウトしてる」とすら言われてました。。

    しかし、ふたを開ければ10勝!!
    ほんのちょっとの事で、信じられない成績を収められるのがNFLですよね。
    Jetsもきっと大丈夫でしょう!

    。。と言いながら、さすがにちょっと事情が違いすぎる気もしますがwww

    1. JETS狂 より:

      duke13さん>
      大昔のエピソードですが、当時のESPNか何かに書いてた記憶があります。
      GB時代は当然として、移籍先でもそれなりに成績を残せるし、いろんな選手に影響を与えたファーブはやはり偉大ですね(引き際をミスった事を除いて)

      AFC東はパッツは当然として、隣のイルカさんは大型補強で、牛さんはQB狙いでパワーアップして、JETSはドアマットになってしまうような現状ですが、本当に開幕したらどうなるかわかりません。

      だって、去年の今頃は「ティーボウ&サンチェスのダブルQBシステムは無敵だぜぇ~」とか思ってましたから。

コメントを残す

CAPTCHA