HOME > NEWS > NEWS(2008-2009) > JETS:ヴァーノン・ゴルストンは#56
2008年5月6日

JETS:ヴァーノン・ゴルストンは#56


20080505-news-320.jpg
世に名を残す名選手となれるか?
先週金曜日からルーキーミニキャンプがスタート。
もちろんJETSのドラフト1stPIC”ヴァーノン・ゴルストン”も参加し、やはり6.3フィートの巨体に40ヤード走4.6の快速は参加57選手中、最も目立つようです。

大学時代のナンバーは”50”でしたが#50はNFL10年のベテランLB”エリック・バートン”がつけていますので、写真のとうりJETSでは”56”となりました。
”#56”のといえば伝説の名選手がいますね。

[SPONSORED LINK]



▼”#56″といえば元ニューヨーク・ジャイアンツの”ローレンス・テイラー“です。
ノースカロライナ大卒で6.3フィート、237パウンド(ゴルストンとほぼ同じサイズ)のOLB(アウトサイド・ラインバッカー)。

ノースカロラナイ大在学時
にALL-ACC、ALL-AMERICA、ACC PLAYER OF THE YEAR (いずれも1980年)選出。
1981年ドラフト1巡2位でニューヨークジャイアンツに入団し、その後13シーズンで、132.5サック、1088タックル、33ファンブルフォース、
10ファンブルリカバー、9インターセプション、タッチダウン2回を記録。

1981年NFL ROOKIE OF THE
YEAR選出、その後、ALL-PRO FIRST-TEAMに9回選出、ALL-NFCに10回選出、10度のプロボウル選出、3度の最優秀守備選手選
出、NFL75周年記念チーム選出、1986年守備選手としてNFL史上唯一のシーズン最優秀選手(MVP)選出、スーパーボウルには2回出場し、2回優勝。
1994年に引退し1999年NFL殿堂入りを果たしました。

その功績をたたえ、ニューヨーク・ジャイアンツでは#56は永久欠番となっております。
そして引退後、映画俳優に転身し1999年「エニィ・ギブン・サンデー」にて架空の伝説的ラインバッカー役にて出演。
「ウォーター・ボーイ」にて本人役で出演し、
2000年には「シャフト」、2003年「HELL」に出演しています。

テイラーの伝説のナンバーを引き継いだゴルストンになにか運命的なモノを感じます。(他チームですけどね)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top