HOME > NEWS > NEWS(2008-2009) > JETS:ジェイ・クロス代表が辞任
2008年6月18日

JETS:ジェイ・クロス代表が辞任

わるのは選手だけではない

ニューヨーク・ジェッツの代表”ジェイ・クロス(Jay Cross)”が辞任しました。そして、後任を血縁関係のある”ハドソン・ヤーズ(Hudson Yards)”が務めます。
その他、経営フロント陣の人事に大きな動きがあるようです。

[SPONSORED LINK]



▼”ジェイ・
ロス”は2001年のジェッツの代表取締役として”スティーヴ・ガットマン”の後を継ぎました。

“ジェイ・クロス”はジェッツの新スタジアムの建設を進めてきた人物で、マンハッタンのウエストサイドにスタジアムを建設する計画が失敗に終わったあと、13億ドルの巨費を投じる“ニュー・メドーランド・スタジアム”の建設計画に尽力をつくしてきました。

現ホーム”ジャイアンツ・スタジアム”は運営している”New Jersey Sport and Exhibition
Authority
“より1984年からリース契約をしており、リース契約が切れる事をきっかけに、ジェッツ私有のスタジアム建設を目指していましたが、結局13億ドルを”New Jersey Sport and Exhibition
Authority
“と折半する共同出資という形で合意。

2010年からは新設された”ニュー・メドーランド・スタジアム”へニューヨーク・ジャイアンツとともにホームを移転します。
[関連記事:2010年 ジェッツ & ジャイアンツ 新スタジアム完成]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top