HOME > NEWS > NEWS(2020-2021) > 【NFL 2020-2021:今週のAFC東】Week03(単独最下位編)
2020年9月30日

【NFL 2020-2021:今週のAFC東】Week03(単独最下位編)

ビルズらしくない

開幕3連敗のジェッツ。逆にビルズは開幕3連勝をかけてラムズと対戦です。

果たしてビルズはAFC東単独首位をキープできるのか?

今週のAFC東はどない?

[SPONSORED LINK]

ラムズ 32-35 ビルズ

結果だけ見ると、ビルズが接戦を制したように見えますが、内容はジェットコースター。

ビルズが4シリーズ連続で得点し、3Q途中まで28-3とラムズに大差をつけましたが、ラムズが怒涛の反撃を開始。

逆に4シリーズ連続得点されて、なんと第4Qの残り4分に32-28とラムズが逆転!

 

だがしかし、キャッチアップ能力が秀でているビルズQB”ジョシュ・アレン”がそのままでは終わらせない。

WR”コール・ビーズリー”へのパスで深く切り込み、ラスト15秒にTE”タイラー・クラフト”へのTDパスを決めて、逆転勝利!難敵ラムズを撃破し、ビルズが開幕3連勝です。

アレンはパス4TD、ラン1TDで絶好調。こりゃ、ジェッツはドラフトするQBを間違えたか!

レイダーズ20-36ペイトリオッツ

ペイトリオッツは、セインツを倒したレイダースと対戦。

ペイトリオッツRB”ソニー・ミシェル”が走りまくって、ラン176ydを記録。チームのランのトータルが250ydと地上戦を制する展開。

QB”キャム・ニュートン”のスタッツはパス17/28回162yd獲得、1TD、1INTと振るわないものの勝利です。

 

一方、レイダースQB”デレク・カー”は2ファンブルロストが痛かった。ボールはしっかり持ちなされ。

ドルフィンズ31-13ジャガーズ

髭QB対決となったこの試合は、序盤からイルカQB”ライアン・フィッツパトリック”が好調。

試合開始から2Qの終盤まで12回連続パス成功、かつ、ノールックでTDパスを決める妙技を見せてイルカを盛り上げます。

3QにはTDランでも得点を挙げて、イルカが一方的な展開でジャガーズを撃破しました。

 

一方、ジャガーズQB”ガードナー・ミンシュー”は3rdDownを更新できず苦戦。1INT、1ファンブルロストと振るわず。

イルカの先発はまだQB”ライアン・フィッツパトリック”が任される状況です。

今週のAFC東

1位:ビルズ(3勝)
2位:ペイトリオッツ(2勝)
3位:ドルフィンズ(1勝)
4位:ジェッツ(0勝)

→見事に序列がついたAFC東。とにかくビルズが強い。

圧倒的に点差をつけるのでなく、たとえ逆転されても再逆転できるところに真の強さが見えます。

さて、ジェッツはそろそろ店じまいかな・・

今週のBest of Tweet

ペイトリオッツvsレイダース戦でのスーパープレー。

この体格でタックルを飛び越えるとか、どういう筋肉をしているのでしょう。

NFL選手はやはり超人です。

Week04

ジェッツ vs ブロンコス

最悪の敗戦をしたジェッツは中3日のサースデイナイトにブロンコスと対戦。

噂によると、この試合にジェッツが負けるとHC”アダム・ゲイズ”のクビが飛ぶとか。

「まぁ、飛んでもいいんじゃない」という心境で、果たしてどっちを応援すべきか悩むところです。

ペイトリオッツ vs チーフス

王者チーフスは常勝軍団ペイトリオッツと対決の注目の一戦。

チーフスQB”パトリック・マホームズ”のパスが相変わらず規格外で、これを止めるのにペイトリオッツは苦戦するでしょう。

果たして、ベリチックがどのような策でマホームズに対抗するのか、楽しみであります。

シーホークス vs ドルフィンズ

初勝利を飾ったドルフィンズの次の相手は、難敵シーホークス。

シーホークスはペイトリオッツを破り、開幕3連勝と絶好調です。

フィッツマジックはシーホークスD#に通用するのか?フィッツパトリックおじさんを陰ながら応援しております。

ビルズ vs レイダース

開幕3連勝の首位を走るビルズの相手は、2勝1敗でAFC西2位のレイダース。

会場が今シーズンから登場したラスベガスのアレジアント・スタジアムということで、慣れぬ環境もビルズの敵となります。

アレンはラスベガスの誘惑に負けて遊んでしまい、レイダースに負けた上に借金を抱えて沈んでしまえ!(逆恨みの鬼)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top