HOME > NEWS > NEWS(2021-2022) > 【ジェッツ】元49ers RB テビン・コールマン、元イーグルスDEビニー・カリーと契約
2021年3月26日

【ジェッツ】元49ers RB テビン・コールマン、元イーグルスDEビニー・カリーと契約

ベルの事は忘れたい

今オフはよく動くジェッツ。補強の手を止めません。

スーパーボウル出場経験のある二人を獲得しました。

[SPONSORED LINK]

RB”テビン・コールマン”(Tevin Coleman)と1年契約

ジェッツは、元49ersでスーパーボウルにも出場経験があるRB”テビン・コールマン”と契約しました。契約内容は1年2Mです。

 

コールマンは2015年ドラフトにてファルコンズが3巡目に獲得。2019年から49ersに移籍し、このシーズンにスーパーボウルに出場しています。

 

しかし、2020年シーズンはWeek02で膝を捻挫し、IR入り。10月31日に復帰するも、8試合の出場で獲得ヤードが53ydとキャリア最低に終わり、今オフで初めてFAとなりました。そしてこの度、ジェッツとの契約に至ったわけです。

 

コールマンを獲得した理由には、新HC”ロバート・サラ”の存在が大きいです。彼は元49ersのDCであり、新OC”マイク・ラルファー”などコーチ陣も49ersから引き入れたため、コールマンとは面識があるのです。

(※マイク・ラルファーの兄、マット・ラルファーはパッカーズのHC)

 

ジェッツのRB陣は2020年ドラ4の”ラミカル・ペリン”、先日契約を延長した4年目の”ジョシュ・アダムズ”、3年目の”タイ・ジョンソン”と非常に弱い。ベテランであるコールマンの加入は大きなプラスとなります。

RB”レべオン・ベル”の失敗を教訓にいち早くRB陣の復興を進める必要があります。

元イーグルスDE”ビニー・カリー”(Vinny Curry)と1年契約

またもDEを補強。元イーグルスのDE”ビニー・カリー”を獲得しました。契約内容は1年1.3M(1M保障)です。

カリーは2012年ドラフトにてイーグルスが2巡目で獲得。そこから2017年までイーグルスに所属し、スーパーボウルにも出場しスーパーボウルリングを持っています。

 

2018年にバッカニアーズに移籍、2019年に再度イーグルスに復帰するも、2020年シーズンは膝の負傷に加えて、コロナリスト入りで11試合の出場にとどまりました。

今シーズンはFAとなり、ジェッツと契約です。

 

ジェッツのDEは元ドラ1”クイネン・ウィリアムス”に加え、今オフで”シェルドン・ランキンス”と”カール・ローソン”を既に獲得しております。

ここにならぶ頼もしいベテランとして、ジェッツのパスラッシュ強化に期待です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top