HOME > NEWS > NEWS(2021-2022) > 【NFL 2021-2022:今週のAFC東】Week01(緩やかな滑り出し編)
2021年9月16日

【NFL 2021-2022:今週のAFC東】Week01(緩やかな滑り出し編)

今シーズンもよろしくお願いします

パンサーズに負けて開幕戦を落としたジェッツですが、同地区のライバルも負ければ差はつかないわけで、それこそ世界が目指す平等な社会です。(?)

では、久しぶりに・・・

今週のAFC東はどない?

[SPONSORED LINK]

ドルフィンズ 17-16 ペイトリオッツ

ドラフトでQB”マック・ジョーンズ”を獲得し、再びペイトリオッツ王朝の再建を目指すHC”ビル・ベリチック”の第一歩でしたが、同地区のイルカさんに僅差で敗北。

QB”マック・ジョーンズ”が悪かったわけでなく、むしろペイトリオッツの獲得ヤードは393yd。加えて39分間もオフェンスしてゲームを支配しつつも決定力が欠如していました。

 

ペイトリオッツが1点差を追う第4Qでは、ペイトリオッツD#がドルフィンズQB”トゥア・タゴバイロア”からインターセプトを奪い、残り3分でレッドゾーンに入り勝利をグッと引き寄せるもRB”ダミアン・ハリス”のファンブルロストで目前の勝利がパーとなりました。

 

毎度ながらイルカさんはペイトリオッツキラー的な神通力を見せてくれます。

同地区相手に黒星スタートとなったペイトリオッツですが、QB”マック・ジョーンズ”に希望を見た内容でした。

スティーラーズ 23-16 ビルズ

昨シーズンの地区王者ビルズの初戦は、ホームでスティーラーズを迎えての開幕戦。

前半スティーラーズのオフェンスは機能せず、前半を0-10 とビルズリードで折り返すも、後半からQB”ベン・ロスリスバーガー”が本領を発揮。

スティーラーズがFGで得点を積み重ねる一方で、ビルズは連続して4thDownギャンブルを失敗し、モメンタムを渡してしまいます。

 

第4QにスティーラーズがロスリスバーガーのTDパスで逆転。

その直後のビルズのオフェンスでは、パントブロックからTDを決めて、スティーラーズがリードを広げます。

ビルズも残り46秒でFGを決めて7点差に縮め、オンサイドキックに望みをつなぐも失敗して試合終了。

前地区王者ビルズも煮え切らぬ敗北で黒星スタートです。

今週のAFC東

1位:ドルフィンズ (1勝)
2位:ペイトリオッツ(0勝)
3位:ビルズ(0勝)
4位:ジェッツ (0勝)

→同地区ペイトリオッツに勝利したイルカさんがAFC東で唯一勝者となり、一応単独首位です。

その他は勝率で横並びなのですが、NFCに負けたジェッツが2位かと思いきやNFL.comでは最下位になっています。

まぁ、こんな順位に意味はないのですけどね。何にしろビルズとペイトリオッツに後れをとらずに済んでラッキーです。

今週のBest of Tweet

Pino研(@pino1999) さんより、NFL開幕に合わせて昔のジャンプの表紙のパロディの続編「週刊GOAT開幕特大号」がツィートされました。

表紙の元ネタは説明不要のジョジョの名表紙です。

さらに、各チームになぞらえた架空の掲載マンガのタイトルが羅列されているのですが、このネタがまた秀逸なのです。

 

ちなみにジェッツは「BUYの王子 NYへ行く」となっています。まさに童顔王子がNYを盛り上げてくれるシーズンになるでしょう。

しっかし「アイザイアを忘れない」って、タイタンズファンは一刻も早く忘れたいでしょw。

今後も週刊GOATに期待です!

Week02

ペイトリオッツ vs ジェッツ

早くも怨敵ペイトリオッツと激突!!ここでジェッツが勝利するとペイトリオッツは同地区2連敗で一気に厳しい状況に立たされます。

ペイトリオッツを蹴落とすために、ここは何としても勝ちたい!!

たとえ、アンチNE殺すマンに殺されたとしても!!(ほんと、ヤメてね)

ビルズ vs ドルフィンズ

こちらも同地区対決。ドルフィンズが勝利すれば同地区開幕2連勝ということで、大きなアドバンテージを得ることができます。

一方、ビルズは地区連覇のためにも2連敗は避けたいところ。

イルカさんはどうせ後で失速するので、ここはドルフィンズの連勝を祈りましょう!
(イルカファン、失礼!)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ふて猫 より:

    次週はいきなりPATS(NE)戦ですか?いい加減に勝って欲しいですよね(⌒-⌒; )

コメントを残す

CAPTCHA


Top