HOME > NEWS > NEWS(2021-2022) > 【NFL 2021-2022】レギュラーシーズン前半終了まとめ
2021年11月10日

【NFL 2021-2022】レギュラーシーズン前半終了まとめ

やはり予想できぬ展開

1試合増えて18週となったNFL2021。Week09を終えて前半戦終了です。

ということで、ここまで全地区の成績をさらっと確認しておきましょう。

[SPONSORED LINK]

AFC東(AFC EAST)

 

開幕前はビルズが圧倒するかと思いきや、意外と伸びず5勝。今週、とうとうペイトリオッツに並ばれました。

ジェッツとドルフィンズはわずか2勝。まだまだ地区優勝の可能性はありますが、厳しい状況です。

後半の巻き返しに期待です。

AFC北(AFC NORTH)

 

レイブンズが6勝で地区首位に立つも、他が5勝の大混戦。

不調だったスティーラーズが4連勝で勢いに乗っております。

まったく予想できない状況であり、今後の直接対決が非常に重要となります。

個人的にブラウンズ or ベンガルズに地区優勝してほしいところです。

AFC 南(AFC SOUTH)

 

混戦が多いAFC南は、タイタンズが7勝で他を圧倒。

しかし、RB”デリック・ヘンリー”が骨折し手術の必要があるためシーズン中の復帰は困難の模様。

RB”エイドリアン・ピーターソン”を獲得し穴埋めを図るも、ヘンリーを失った影響は後半戦に大きく響くでしょう。

AFC 西(AFC WEST)

 

チーフスが独走かと思われたAFC西は、なんと全チーム5勝の大混戦。

チーフスの不振に加えて、他のチームが躍進が目立ちます。

ブロンコスはQB”テディ・ブリッジウォーター”を引き入れた事が大正解。ブリッジウォーターをかねてから高く評価している私にとっては鼻が高いです。

最近のニュースではチームの顔であったLB”ボン・ミラー”をラムズにトレードし、チームの新陳代謝を図っています。

 

気になるのがレイダース。

HC”ジョン・グルーデン”が過去の差別問題で辞任。かつ、近年のドラフト上位の主力が不祥事によって相次いでチームからリリースされており、失速する可能性が大きいです。

個人的にはチャージャーズに地区優勝してほしいところです。

NFC 東(NFC EAST)

 

昨シーズンは負け越しプレーオフを輩出した弱小地区でしたが、今シーズンはQB”ダグ・プレスコット”が健在のカウボーイズが6勝で頭一つ抜けています。

昨シーズン地区優勝のワシントンが4連敗で困った状況。

このままカウボーイズが逃げ切ると思われます。

NFC北(NFC NORTH)

 

パッカーズが開幕戦を落としたものの、その後は順当に勝利し7勝で地区首位をキープ。

しかし、QB”アーロン・ロジャース”のワクチン拒否問題が今後の展開を左右しそうです。

 

パッカーズ以外は3勝以下という非常に厳しい状況。

ライオンズは未だ0勝で、2度目の逆パーフェクトシーズンへ向かっています。

ラムズへ”マシュー・スタフォード”とトレードで”ジャレッド・ゴフ”を獲得した影響がモロに出ており、ゴフが繰り出す珍プレーが今シーズンの名物となっております。

NFC 南(NFC SOUTH)

 

バッカニアーズが首位であるのは予想通りとして、ブリーズを失ったセインツが5勝で食らいつきます。

しかし、セインツはQB”ジェイミー・ウィストン”が足を負傷しシーズンエンド。

代役はなんと、かつてジェッツに多大な迷惑をかけたクソQB”トレバー・シーミアン”とのことで、これから大失速の予感がします。

ファルコンズとパンサーズにもまだまだチャンスあり。後半の巻き返しに期待したいところです。

NFC 西(NFC WEST)

 

 

補強に成功したカーディナルスがリーグトップの8勝で首位。

先週はQB”カイラー・マレー”とWR”ディアンドレ・ホプキンス”の2大看板が欠場しても勝利しました。

 

しかし、ラムズがライオンズから先発QBスワップで得た”マシュー・スタフォード”の力により7勝と絶好調。

プレーオフ常連のシーホークスと49ersが大苦戦で未だ3勝。非常に厳しい状況に立たされております。

総評

日テレG+の開幕前特番にて、解説の森清之さんが「今シーズン、ジェッツは上昇する」と言ったもののフタを開ければいつもどおり。

森さんは、解説は素晴らしいのですが、以前から勝敗予想などをメチャクチャ外すので、これはもう私の中で「森さんの呪い」としています。

 

AFCで気になるのはチーフスですかね。開幕前に「全勝する」発言などが話題になったのですが、シーズン序盤はオフェンスが点を取ってもディフェンスがそれ以上に失点して敗北。最近は自慢だったオフェンスすら不振になっております。

同地区のライバルが好調であることも原因でしょう。もしかしたらプレーオフ出場すら落とす可能性もあります。

 

NFCはオードリー若林が本格的に応援し始めたカーディナルスの躍進が目を引きます。

そして後を追うラムズも面白い。もしもラムズが”マシュー・スタフォード”のおかげでSBを制し、ライオンズが全敗した日には、ライオンズファンの精神状態はどうなってしまうのでしょうか。

 

他にもいろいろ言いたいことはありますが本日はこれまで。まだまだどのチームにもプレーオフ出場の可能性は残されております。

シーズン後半も楽しんでまいりましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ゴフは伝説になる より:

    ゴフのこの酷さを見ると、正直ラムズは相当強かったんだなという印象です。
    いや、スーパーボウルのプレーは酷かったですけどね。クラウドノイズに弱いのとディスガイズが読めないのが改善しませんでしたね。
    獲得する時に一巡を二つ、放出するときにも一巡を二つというGMクビモンの采配をしたのが本当に惜しいですね。
    取ってなかったらラムズはぶっちぎりでしょう。

    1. JETS狂 より:

      ゴフは伝説になるさん>
      あと、ゾーンディフェンスも読めないという話も聞いたことがありますね。
      素晴らしいパスを投げていた記憶もあるのですが、あれは夢だったのか・・・

      1. 初心者マークの蒼獅子 より:

        一概にゴフだけが悪いのでは無いんですけどね…
        圧倒的なWR不足って面がありますので…
        (ゴフが悪く無いわけでは決して無いです、決してほんま決して!)
        まぁ、兎にも角にも勝利を知りたい…

        1. JETS狂 より:

          初心者マークの蒼獅子さん>
          QBスワップが互いによい影響を与えるかと思ったら、何か天秤が一方的に傾きましたね。
          ゴフはこんなQBだとは思わなかったんですけど、こんなQBだったんですね。
          「これが俺たちのスーパーボウルだ!」と言える時が来ることを祈っています。

  2. ふて猫 より:

    こうして見るとNFCよりもAFCの方が混戦になる可能性が大になりそうですね(⌒-⌒; )

  3. 生粋のCowboysファン より:

    はじめまして。

    かつてはNFC EASTを制するチームがSBを制すると言われていた時代が懐かしいです。

    AFCはどこも混戦ですね。RaidersとBengalsが面白い存在です。
    NFCは差が開きつつありますね。Cardinalsはけが人の影響が今後どう出ますかね。

    SBはCowboys vs Bengalsでどうでしょうか?

  4. あつしくん より:

    ティム・ティーボウの呪いはまだ解けてなかったか。
    マーク・サンチェスの件でジェッツファン同士が
    分断されるし…フロントのやらかした罪は大きよね。
    まともなHCとQBの登場が待たれる。

コメントを残す

CAPTCHA


Top