HOME > NEWS > NEWS(2021-2022) > 【NFL 2021-2022:ディビジョナルプレーオフ2】サンフランシスコ・49ers vs グリーンベイ・パッカーズ
2022年1月25日

【NFL 2021-2022:ディビジョナルプレーオフ2】サンフランシスコ・49ers vs グリーンベイ・パッカーズ

スペシャルの意味を知れ!

ディビジョナルプレーオフの第2試合は、NFCの第1シードであるパッカーズがランボーフィールドで49ersを迎え撃ちます。

パッカーズQB”アーロン・ロジャース”は再三プレーオフに出場していますが、スーパーボウル出場も制覇も1回のみ。

かねてからプレーオフで49ersと対戦すると確実に敗れています。

天敵49ersを乗り越えねば、2度目のスーパーボウル制覇は無いロジャース。果たして今回こそ勝てるのか!?

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

ハイライト&データ[GAME CENTER(NFL.com)]

 

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

49ナース

0

0

3

10

13

パッカーズ

7

0

0

3

10

 

総評

ファーストドライブでパッカーズがTDを決め、もうパッカーズの一方的な試合展開になるかと思いましたが、49ersのディフェンス陣はその後のパッカーズのオフェンスを見事に封じて、ロースコアの接戦に持ち込みます。

 

49ersもオフェンスは調子が上がらず、第2Qの中盤までファーストダウン0回。しかし、TE”ジョージ・キトル”のレシーブをきっかけにリズムが出ます。

 

リーグ最高のQB”アーロン・ロジャース”のオフェンスを見事に封じる49ersのD#に対して、パスを投げるだけでインターセプト未遂となりファンの寿命が縮まるQB”ジミー・ガロポロ”率いる49ersのO#という微妙な構図で戦力が拮抗。

 

しかし、その拮抗を破ったのはパッカーズの弱点と言われいたST(スペシャルチーム)でした。

49ersのSTは59ydのパントリターンに加えて、前半終了直前のパッカーズのFGをブロック。

さらにパッカーズのパントをブロック!!ア~ンド、TD!!

そう、これが唯一49ersが決めたTDで、同点に追いついたのです。

 

同点で残り1分を切ったところで49ersが決勝点を奪うためにFGレンジを目指しますが、敵陣38ydまで進むも3rd-7ydの大ピンチ。

ここでファーストダウンを更新すれば、ほぼ確実にFGが決まる距離。

普通に考えればパスを投げるところですが、49ersが選んだプレーは意表をついたWR”ディーボ・サミュエル”のラン!

まさかここでランを仕掛けるとは、絶妙なプレーコール!

いや、ガロポロへの信頼の無さが生んだコール!

!∑(゜ Д゜)

 

ラストはK”ロビー・ゴールド”が決勝FGを決めて勝利!49ers、またもパッカーズを倒してチャンピオンシップ進出です。

 

 

勝利した超絶イケメンQB”ジミー・ガロポロ”のスタッツは、パス11/19回131yd、0TD、1INT。

勝利したQBのスタッツに見えないのは当然。49ersの獲得ヤードはパス106yd、ラン106ydとパスとランの獲得ヤードが同じ!

ガロポロはドラ1(全体3位)QB”トレイ・ランス”にいつ取って代われるか分からない状況に関わらず、2年前に負けたスーパーボウルの舞台に1歩近づきました。

 

 

一方、敗れたQB”アーロン・ロジャース”のスタッツは、パス20/29回、225yd獲得、0TD、0INT。

オープニングドライブでTDをとった以降、オフェンスが沈黙。そこに泣き所であったSTの弱さが敗北に直結しました。

 

RB”アーロン・ジョーンズ”がラン41yd、レシーブ129yd。エースWR”デボンテ・アダムス”が90yd獲得しているにも関わらず、10点しかとれず。

雑感ですが、パッカーズはO#の引き出しが少なかったように思えます。

 

それにしても、なぜロジャースは49ersに弱いのか。

NFCまとめ記事では勝ったところを見た事が無いように記載しましたが、実際にプレーオフでは0勝4敗とのことです。

 

来シーズンこそ49ersとの対戦はさけてスーパーボウルに出場してほしいのですが、来シーズンもパッカーズにいるのか去就も気になるところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. 49ersのホームスタジアムは2つ より:

    初めてコメントさせていただきます。
    ここぞというときにディーボのランというのはこの試合に限ったことではなく、シーズンを通して継続されています。
    「ガロポロへの信頼のなさ」というよりはむしろ「ディーボへの圧倒的信頼」のような気がします。

    1. JETS狂 より:

      49ersのホームスタジアムは2つさん>
      なるほど。それもありますね。
      このドライブでガロポロはパスを決めてますが、それまで危ないパスが多くてヒヤヒヤして見てました。
      果たしてこのままガロポロを起用したまま残り2戦を勝てるのか気にしながら見てるので次戦も楽しみです。
      しかしながら、ドラ6イライジャ・ミッチェルはお買い得すぎてうらやましい。
      ジェッツはドラフトでRBを仕入れますが、自然消滅を何年も繰り返しているだけに。

  2. 新参者 より:

    初めてNFLの試合見たんですが、
    ガロポロそんなに悪かったんですかね?

    1. JETS狂 より:

      新参者さん>
      最後のドライブは役目を果たしましたが、それまでが投げるたびにINT未遂でハラハラしましたよ。
      ランとパスが同ヤードというのも、彼のパス能力が弱いことを示しています。
      しかしながら、それでもここまで勝ち上がるので、データではないものを持っている、そういう選手なのでしょうね。

  3. Namath時代からのあきらめの悪いファン より:

    これでフロントと上手くいっていないロジャーズがチームを離れるとい噂もあり、Jetsが触手を伸ばすのではとの話もあるようですが、お願いだからJoe DouglasやWoody Jonesには余計な事を考えず若いQBを育てることを考えてほしいですね。 ロニーロットやファーブ、トライメンジョンソン、モーズリー等の失敗でもういい加減どんなにベテランを獲得しても、穴だらけのチームではうまくいかないこと学習してほしいです。 
    これでまたドラフト権を浪費してほしくないです。

  4. ふて猫 より:

    パッカーズは最後にスペシャルチームがミスを犯してしまいましたね。それでも49ersのD#の頑張りが勝因の一つですかね

  5. ナイナーズファン より:

    ナイナーズファンから見ると、要所でインターセプトされるGaroppoloこそ「ふらっ娘」なのですが、あれはもう彼の持ち味ですね。今シーズンオフには「49ersでプレイしたがっている」Aaron RodgersかTom Bradyが移籍してくるのではないかと言われていましたが、Bradyは消えましたね。

コメントを残す

CAPTCHA


Top