HOME > NEWS > NEWS(2014-2015) > Week12:vs ビルズ
2014年11月26日

Week12:vs ビルズ

ディフェンス

O#が全くダメならD#で取り返したいところですが、やはりDBは弱い。勝利したスティーラーズ戦と同じ布陣で臨み、WR#14″サミー・ワトキンス”にダブルカバーの対策を行うも、今日のスターはWR#10″ロバート・ウッズ”。

瞬時にボールに飛びついてカバーを外す運動能力にDBはついていけず、彼に118ydレシーブ1TDを許します。あと、ロングパスをワンハンドで取ろうとして落球したかと思ったら、ヘルメットと手で挟んでレシーブする好プレーを見せます。

 

ならば、強力なフロント7でQBにプレッシャーをかけたいところですが、オートンに逃げられまくって1サックのみ。ブリッツ入れるタイミングが読まれてるようで、オートンを捕らえる事ができません。

 

 途中、善戦して序盤に1ydのギャンブルを阻止するシーンもありましたが、O#がダメならばD#がやられるのは時間の問題という展開でした。

 

スペシャルチーム

O#、D#のみならず、STもビルズにやられる始末。

完全にブロッカーが押し負けてエンドゾーン内でパントブロックされて、それをカバーされTDを奪われます。これがビルズに取り返しようが無いモメンタムが行ってしまった致命傷でした。

 きっちり仕事したのは、フォーク様のみ。FGを1本決めて完封負けを防いで頂きました。今宵もふがいないチームのために、ご苦労さまです。

 

総評

ビルズに2戦とも大差で敗北し、スイープされちまいました。スイープですよ。ス・イ・イ・ぷ。

しかもビルズは絶対的に有利なホームゲームを失った上に練習不足。しかし、フタを開けてみれば、まるでJETSの方が練習していないような、全くかみ合わない内容でした。いったいスティーラーズ戦はなんだったのか・・・

 

ビルズは勝利が確定したところで、2013年ドラフト1位QB#03″EJ・マニュエル”を出します。そして、JETSは同年のドラ1と言われていたQB#07″ジーノ・スミス”が既に登場。このBUSTな2人がフィールドに出てくる絵に、どちらのファンもため息が出たでしょうな。

今シーズンのドラ1QBたちも目立った活躍は見せず、最新のニュースではRG3も先発落ち。QBって年々ドラ1が怪しいポジションになってきました。

 

ライアンのクビは飛ぶでしょうね。GMイジクに関しては、ファンが立てたビルボードがパワーアップして、オーナに対して「イジクをクビにするか、JETS売るか、どっちかにしろ!」と要求し、超激おこぷんぷん丸です。

safe_image.php

 

さて、次は同地区イルカさんと今シーズン初対戦です。イルカさんは地区優勝もワイルドカードにも希望を残して燃えておりますが、こちらはもう真っ白な灰になっちまいました。

 しかも、2週連続でマンデーナイト。日本ではNHKがLIVE中継してくれます。JETSはどの顔して試合すればいいのか分かりません。

 

680-19w5lk.AuSt.55-rs:本日のヴィックは、パス7/19回76yd獲得0TD,1INTと散々な成績。

パスに精細を欠いた上に、パスラッシュが来た方向に飛びのいて、自らサックをもらいに行くような目も当てられぬシーンもありました。

ジーノは10/12回89yd。成功率がいいように見えて全く得点に結びつかず。

夢も希望も無い2人のQBを抱えて、いったいどうすりゃいいんでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. エドのファン より:

    いつも楽しく拝見しております。
    こうなったら来季に向けてRG3にでも触手を伸ばしますか!
    (笑)
    首脳陣が、今回でビックに見切りをつけ、次戦以降でスミスにも見切りをつけられればいいですね。

    1. JETS狂 より:

      エドのファンさん>
      ここにRG3が加わり、3者の無限ループに入ると恐ろしいですね。
      スミスは前回の3連続INTで見切りをつけたハズだったのに、次戦は先発というニュースが流れておりまして、これだけ執着する意味が分からないです。
      哀れ、マット・シムズ!!ですよ。

      1. ブーマー より:

        以前、JETS狂殿が、「どんなに凄いモバイルQBが出てきても
        翌年には研究されて威力が削減されるしまうのがNFLでしょう。」みたいな主旨の発言をされておられましたが、まさしく、二年前に突如ブレイクした超モバイルQBとピストル体型の組み合わせが猛威を奮ったのが嘘のように、D#陣に捕まりまくり、その最高峰のRG3は故障してから全く精彩を欠いてますね。で、やはり、同期のラックは白人QBとしてオールドスタイルで地味に見られがちでしたが、確実にエリートQBへの道を確実に辿っている感じです。ということで、JETSは明らかな時代遅れを感じます。キャムニュートンもビックの全盛期にも届かずフェイドアウトしそうですし、
        やはり、モバイルすることがありきのQBは要らないですね。
        ダラスの2ndQBのウィッデンとか獲れないかなぁ。マッコイ同様
        ブラウンズ出身は他チームで活躍する印象がある。以前JETSで活躍したビニーテスティバディみたいにならんかな。

        1. JETS狂 より:

          ブーマーさん>
          私が言ったかどうかは知らないですが、近年を見ても ヴィック、マクナブ、ヤング、そしてニュートン、RG3、ジーノと、もてはやされたモバイルQBでテッペンまで上り詰めた人はいないですね。(キャパニックはあと一歩)

          人種差別ではないですが黒人さんで大成した人がおらず、パフォーマンスが優れていても気性に波があり、QBとして向かないのかなぁ と思ってしまいます。

          ブラウンズ出身のQBは元々優れているのですが、それがチームにフィットしてなかったり、見切るのが早い感があります。
          マッコイもブラウンズ時代から良いQBだと思っていたのに、速攻でウィーデン獲得に走ったので、疑問に思いました。
          (ブレイディ・クインは本当のBUSTみたいでしたが)
          JETSに関しては、もし”マット・シムズ”が日の目を見ないなら、ドルフィンズのバックアップのマット・ムーアが欲しいですね。
          最悪、ケレン・クレメンスがJETSに復帰しても、今のQB二人よりマシかもしれません。

コメントを残す

CAPTCHA


Top