Preseason1:vs ブラウンズ

200808-pr1-320.jpg
乱さなかのキックオフ
大改革の真価が試されるプレイオフ1戦目。しかし、キックオフ数時間前に”ブレット・ファーブ”が移籍し、変わりに8年間JETSの司令塔であった”チャド・ペニントン”が解雇される事態が発生。

努力と人格でJETSを支えてきたチャドの解雇は多くの選手にショックを与えた事かと思います。
特に長年ホットラインを組み、家族ぐるみの付き合いをしてきたWR”ラヴァニアス・コールズ”にとってそのダメージは計り知れないでしょう。
しかしスーパーボウル制覇するには前に進むしかない。生まれ変わった新生ジェッツの実力はいかに?

[SPONSORED LINK]


▼”ブレット・ファーブ”は練習不足のためこの試合は防具をつけずサイドラインで観戦。
昨年の反省を踏まえて強化されたはずのディフェンスが連携が上手くいっていないせいか、昨年のごとくズルズルいかれて先制点を許してしまう展開に。
先発QB#11″ケレン・クレメンス”も調子が出ずに悪い流れになってきました。

プレシーズンとはいえ改革の第1歩として落とせない試合にHC”エリック・マンジーニ”は早めに手を打ち、キャンプ中に評価が高かった2年目QB#5″ブレット・ラトリフ”に交代。
スピードスターの2年目WR#17″
デビット・クラウニー”への70ヤードを超える超ロングパスで得点し、モメンタム(試合の流れみたいなもの)を引き戻しました。

しかし、ブラウンズも昨年のドラフト招待選手QB”ブレイディ・クイン”を投入しルーキー合戦へ突入。ジェッツの守備は相変わらず攻撃を止められずリードを広げられます。

第4Qに再びラトリフの超ロングシャトルパスが炸裂、またもクラウニーが補給し快速でブラウンズ守備を突き放しタッチダウン!3点差まで迫る。
そして、ブラウンズのパントを今年ドラフト獲得のCB#37″ドワイト・ロウリー”がキャッチし、味方のブロックに助けられそのままタッチダウン!!とうとう逆転。

だが守備の弱さから直ぐにレッドゾーンまで進入され大ピンチに。
しかしエンドゾーンへのパスをまたもルーキーCB#37″ドワイト・ロウリー”がインターセプトで命拾い。

ジェッツの攻撃も速攻でパントとなり終了1分前にまたもやレッドゾーンへの侵入を許してしまうが、最後はエンドゾーンへのパスを阻止してゲームセット!!

“ブレット・ラトリフ”、”デビット・クラウニー”、”ドワイト・ロウリー”のルーキー3人のおかげで辛くも勝利しましたが、課題を多く残した試合となりました。

2008年8月7日(木)

  1Q 2Q 3Q 4Q OT Total
ジェッツ (1-0-0) 0 10 0 14 24
ブラウンズ (0-1-0) 7 7 3 3 20
 Game StatsPhotos

[引用:NFL JAPAN]
現地時間8月7日、プレシーズンの第1週の5試合が行われた。新加入のQBブレット・ファーブがサイドラインで試合を見守る中、敵地でクリーブランド・ブ
ラウンズと対戦したニューヨーク・ジェッツは、24対20で逆転勝利を収めている。ジェッツは3番手QBの座を狙うブレット・ラトリフがパス20回中14
回成功、252ヤード、2TD、2年目のWRデイビット・クロウニーがレシーブ4回163ヤード、2TDと大活躍した。敗れたブラウンズでは、エースQB
のデレック・アンダーソンがパス5回中4回成功、20ヤード、1TDをあげ、2番手QBブレイディ・クィンはパス17回中13回成功、133ヤード、1イ
ンターセプトだった。

 昨年の王者ニューヨーク・ジャイアンツは、敵地でデトロイト・ライオンズと戦い10対13で敗れている。ライオンズは、昨年のドラフト全体2位指名WR
カルビン・ジョンソンがレシーブ4回78ヤードと奮闘。エースQBジョン・キトナも7回中6回成功、106ヤード、1TDと結果を残した。ジャイアンツで
は、エースQBイーライ・マニングがパス6回中2回成功、19ヤードに終わったが、2番手QBとして期待の新加入デイビット・カーはパス13回中10回成
功、104ヤード、1TDをあげている。

 その他の試合では、ボルティモア・レイブンズが16対15でニューイングランド・ペイトリオッツに競り勝った。レイブンズは先発QBカイル・ボーラーが
パス15回中11回成功、102ヤード、1インターセプト。ボーラーと先発の座を争う2年目のトロイ・スミスはパス12回中5回成功、74ヤード、ドラフ
ト1巡新人ジョー・フラッコはパス3回中0回成功だった。ペイトリオッツでは、新加入RBラモント・ジョーダンがラン19回76ヤード、1TDと結果を残
した。エースQBトム・ブレイディは出場していない。

コメントを残す

CAPTCHA