【スーパーボウル52(2018)特集4】打倒ペイトリオッツ!にわかイーグルスファン決起集会!

フィアデルフィア・イーグルス スーパーボウル アンダードッグ UNDERDOG
※主観のみのネタなのでペイトリオッツファンは見てはいけません

特集は3回で終わるハズでしたが、今回はおまけの第4回。

スーパーボウル当日、アンチパッツ軍はイーグルスを一層応援できるように心の準備しましょう。今こそ、決起するときだ!

[SPONSORED LINK]

巨大な帝国に挑む鷲の団、イーグルス キープレイヤー

攻守の要

QBニック・フォールズ / DLフレッチャー・コックス

イーグルスがペイトリオッツに勝利するには、この二人の活躍が不可欠。

当然、QB”ニック・フォールズ”がO#をうまく組み立てねばなりません。

得点することは当然として、時間をかけてTDを取ることにより、最強の攻撃力を誇るペイトリオッツO#の時間を割くのも重要となります。得意のラン・パス・オプションで刻みつつ、精度の高いロングパスをどこで放つかが勝利へのカギとなります。

 

そして、D#はブレイディ率いるハイパーO#を止めるために、DLだけOLを圧倒しサックを決める「カバレッジサック」を求められます。スーパーボウルで2度もペイトリオッツを倒したジャイアンツの戦法からして、これも明白。

そのDLの要となるのが、DL”フレッチャー・コックス”。ブレイディを倒しまくって、USバンクスタジアムのこやしにしてしまえ!

 

元ペイトリオッツ群

RBルギャレット・ブラント/ DEクリス・ロング

スーパーボウルはこれまでの戦いと別次元の舞台。勝つには昨シーズンにスーパーボウルを制覇した経験を持つこの二人が重要となります。

まずRB” ルギャレット・ブラント”はスーパーボウル制覇の原動力となったエースRB。先のバイキングス戦でもD#を貫通してTDを決める破壊力が目を見張りました。

 

そしてアンダードッグブームの火付け役DE”クリス・ロング”。今シーズンはさらに威力を増してファンブルフォース4回はキャリアハイ。

昨シーズンのペイトリオッツ大逆転勝利を経験しているこの二人がいることは、イーグルスにとって非常に心強いでしょう。

チームから出したことを後悔させてやれ!

 

元AFC東群

RBジェイ・アジャイ / CBロナルド・ダービー

長年にわたりペイトリオッツ長期政権の下で苦渋を舐めさせられ続けるAFC東からは、この二人がイーグルスに移籍して積年の恨みを晴らしてくれようぞ。

昨シーズンはドルフィンズにてラン200yd越えを連発した暴れ馬RB”ジェイ・アジャイ”

RB”ダレン・スプロールズ”の負傷の穴うめとして、シーズン中にチームとソリが合わなくなったアジャイにイーグルスは目をつけトレードでGET。

パフォーマンスに波があるが、無尽蔵の体力と爆発力はフォールズを助けてくれるでしょう。

 

元ビルズのドラフト2巡CB”ロナルド・ダービー”も今シーズンは3INTで強力イーグルスD#を支える。

ペイトリオッツのWR”ブランディン・クックス”やWR”ダニー・アメンドーラ”など強力なWR陣にどれだけダービーが対抗できるかにも勝敗は左右されます。

 

チームが変わってもAFC東底辺魂は健在!今こそペイトリオッツを討て!

 

アメリカ国家とイーグルス応援歌を覚えるべし!

スーパーボウルのオープニングといえば、「アメリカ国家」の斉唱。

ここは胸に手を当てて、一緒に歌うとバッチリだ!

決して、あの人みたいに片膝ついてボイコットしても、良いことはないぞ。

コリン・キャパニック colin kaepernick

 

ちなみに今回の国家斉唱は、かつてマンデーナイトフットボールのオープニング曲も務めたP!NK(ピンク)です。

Pink ピンク

 

ついでに第2の国家的な位置づけでり、レッスルマニアでもおなじみ「America the beautiful」も覚えておくと、パブリックビューイングで一目置かれる事、間違いなし。

(去年ぐらいに、何かの試合で歌手がアレンジしすぎて、鬼のように長い斉唱に選手が失笑するしかない事件がありましたな。)

 

そして、にわかイーグルスファンになるならば、イーグルスの歌を覚えましょう。

「Fly, Eagles, Fly」

 

NFCチャンピオンシップでも、ご覧のとおりの大合唱。

 

せめて最後の「E-A-G-L-E-S EAGLSE!」だけでも言えれば、あなたも立派なイーグルスファンです!

 

ペイトリオッツ、悪の所業の歴史を思い出せ!

あくまで疑惑で終わしまったものが多いのですが、ペイトリオッツの悪行を歴史をおさらいし、打倒ペイトリオッツに燃えましょう。

1)HC”ビル・ベリチック”はジェッツを裏切りペイトリオッツに寝返った

ジェッツとペイトリオッツが因縁関係にあるのは同地区のみならず、理由があります。

今のペイトリオッツHC”ビル・ベリチック”はジェッツの元はDCであり、当時ベリチックの師匠であったジェッツのHC”ビル・パーセルズ”の後を継いでジェッツのHCに就いたのに、1日で辞任してペイトリオッツのHCへ寝返ったのだ!!

(その前に”ビル・パーセルズ”がクラフトオーナーと仲が悪くなって、ペイトリオッツからジェッツに移籍したけど)

 

しかし、因果応報で今度はベリチックが可愛がって育てたDC”エリック・マンジーニ”がベリチックの制止を聞かず、ジェッツのHC就任のオファーを受けたという、この2チームの間にはドロドロの歴史があります。

成績はさておき、ライバルなのは覚えておいてね!
( ・`Д・´)+キリッ

2)スパイゲート事件

勝つためならどんな手段でも使うペイトリオッツの先がけとなったのがスパイゲート事件。

ペイトリオッツ、及びブレイディが初めてスーパーボウルを制覇したスーパーボウル36にて、ペイトリオッツのスパイが対戦相手のラムズのD#の非公開の練習を盗撮したのだ。

その後もスパイ行為は続き、ジェッツとの開幕戦でもスパイがいた事が発覚。ラムズを盗撮した”マット・ウォルシュ”が捕まるも、結局は盗撮した事をベリチックは否定し続けて、NFLから処分が下るものの事件は闇の中へ葬られました。

ベリチック
それでもボクはやってない 以前のニュース、「グッデル、上院議員とスパイ問題について会談」の続きです。 このアメリカスポーツ界を賑わせているスパイ問題についてに関して当の本人、

 

3)デフレートゲート事件

これは比較的最近の事件なので説明無用でしょう。

2014年シーズンのプレーオフのコルツvsペイトリオッツにて、コルツの選手から「ボールの空気がおかしい」という発言を元に、ペイトリオッツがボールの空気圧を規定以下に操作して、試合を有利にしていたという疑惑が発覚。

ブレイディおよびペイトリオッツは否定するも、2015年にペイトリオッツのドラフト1巡のはく奪とブレイディの開幕4試合出場停止処分が下るが、ブレイディが裁判所へ異議申し立てを続けて、そのシーズンの4試合出場停止を回避。

しかし、2016年シーズンに結局開幕4試合停止を喰らい「ブレイディ!ざまぁ!」と思っていたら、そのシーズンはペイトリオッツがスーパーボウルを制覇するという、最悪のオチが待っていました。

8試合を期待していたが。。最近、世間をにぎわしておりますSB王者ペイトリオッツのデフレートゲート事件。QB"トム・ブレイディ"が黙認した疑いで処罰は確実との事だったのですが、NFL

南無!

 

4)TE”ロブ・グロンコウスキー”の極悪ラフプレー

この間の記事でも書きましたが、今シーズン忘れてはならないグロンコウスキーの悪行。

すでにプレーが終わっているにかかわらず、倒れているビルズのホワイト選手へ背後からボディプレスをかまして、病院送りにするという信じられない事をやったのだ。

ロブ・グロンコウスキー ダーティープレイ NFL
WWEでもやらんぞ Week13のペイトリオッツvsビルズ戦で、TE"ロブ・グロンコウスキー"のダーティープレーが話題になっていますので、お伝えします。

これに対してグロンコウスキーは「今日の審判の裁定にイライラしていた」など意味不明な言い訳。

しかも処分が1試合出場停止と非常に軽いものでした。

「リーグや審判がペイトリオッツを優遇している」と言われますが、「タックルール事件」に始まり、チャンピオンシップであった「オフィシャル忖度 事件」も含めて、あながちウソではありません。

何かリーグと癒着している感がぬぐえない常勝軍団ペイトリオッツ。この巨悪を倒すこそが今回のイーグルスに課せられた使命でしょう。

 

準備は整った!さぁ行け!!イーグルス!合言葉は

Fly, Eagles, Fly!!

やってしまえイーグルス!!!
ヽ(`Д´)ノ

(あくまで個人的主観ですので、気に障った人は失礼)

 

過去のスーパーボウル52特集

ビヨンセ スーパーボウル
【そうだったのか!】全米No1の祭典「スーパーボウル(Super Bowl)」とは? 毎年、2月の第1日曜日(日本では月曜日の朝)に開催されるスーパーボウル。 名前だけは誰
スーパーボウル2018 Justin Timberlake ジャスティン・ティンバーレイク
ポロリはナシよ もう既出のニュースですが記事にします。 2018年にミネソタのミネアポリス、ミネソタ・バイキングスの本拠地「U.S.バンク・スタジアム」で行われる第52回スーパ
superbowll2018 スーパーボウル2018
今年も体当たりシュミレーション まもなく全人類待望のイベント「スーパーボウル52(Super bowl LII)」がやってまいります。 (プロボウル前ですが) さっそくですが
スーパーボウル52 superbowl52
極寒の地だが出来立てホヤホヤ 前回に引き続きスーパーボウルを楽しむための知識を育むスーパーボウル特集です。 毎年恒例の会場チェックをやっておきましょう。 前回はこちら↓ h
近藤 有馬 村田 NFL中継 G+
みんなで見れば楽しさ100倍 全人類注目のスーパーボウル52目前!特集3回目は、観戦するための情報をいろいろお送りいたします。 過去の特集: https://jets94.c

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ブライアン・ドーキンス より:

    イーグルスとすれば、絶対にファンブルやインターセプトをせずにオフェンスを進めていく事が求められますね。
    ディフェンスラインだけでプレッシャーを掛けられるかどうかがポイントになると思います。
    ブリッツを入れないとプレッシャーが掛からないようだと苦しくなると思います。
    ランで時間を潰しながらペイトリオッツのディフェンスを消耗させてゲームを進めていくのは必須でしょうね。
    なんとしてもランを出さなければ。
    一致団結してペイトリオッツを倒しましょう!

    1. JETS狂 より:

      ブライアン・ドーキンスさん>
      かつてのスーパーボウル、セインツvsコルツでもアンダードッグのセインツが勝利するために用いた策が、後半開始と同時のオンサイドキック。
      攻撃は最大の防御で、いかにマニングのO#を減らすかに賭けました。
      今回もいかにブレイディのO#時間を削るかが勝利の鍵となるでしょう。
      もはや、アンチパッツの思いは1つ!打倒ペイトリオッツに燃えてきました!
      (当日、ビール飲んで見てるだけですけど)

      1. gangster より:

        若林も寝返った今となってはこのサイトが国内最後の砦ですよ。。

  2. YM5 より:

    僕も自分のブログの中で色々と書くつもりですが、NEに勝つには理論で勝って理論を上回る「何か」が必要です。

    そういう意味で良くも悪くも空気を読まないイーライが勝てたのでしょうが、イーグルスが勝つために必要な条件や勝つためのプランは出て来るけど、それを遂行出来るかどうかは別問題なんですよね。

    そういう意味ではチームの看板であるディフェンスに目が行きますが、パス獲得ヤードトップの選手はスーパーボウルで勝てない(チャンピオンシップまでに敗退46人、スーパーボウル5敗)というジンクスもあるし、31回以降7年周期で色ジャージのチームが勝っているので、都合のいいジンクスを頭に入れつつ、フットボールの鉄則であるディフェンスがオフェンスを凌駕する事を証明したいです。

    ちなみに、31回スーパーボウルでGBの控えQBだったのが現HCのピーダーソンというのは笑いました。

  3. YM5 より:

    そういえば、アメンドラにディオン・ルイスって元はイーグルスの選手なんですよね。

    ロング兄貴&ブラントとともに古巣へのリベンジ対決も気になりますが、オフェンスがウェンツの足を引っ張っていた去年は2人を返してくれと思っていました。

  4. みきのり より:

    ルギャレットが恨み骨髄と言うか、明らかに敵意剥き出しのコメントしてるのが頼もしいです。
    空回りしないよう願いたいものですね。

  5. ふて猫 より:

    さあよいよ大一番を向かえましたね。どうかターンオーバーや反則を減らして、D#はブレィディにQBサックをお見舞いして欲しいものですね。最早泣いても笑ってもこれが最後です。とにかく勝つ❗勝つ❗勝つ❗です

  6. トキ より:

    はじめまして。
    いつも楽しく、感心しながら読ませて頂いてます。
    にして、ホント…ジェッツ狂さんのセンスは“抜群”ですね。

    約15年イーグルスを応援してますが、“Fly,Eagles,Fly”をまともに聞いたことも、勿論、歌ったことも、いや意識したこともありませんでした。動画のアップ有難うございます。(まだまだ、にわかファンの域を超えてなかったです、、、はずかしい)

    さて、春日の呪いが発動した時は“うわぁ~、マジか…”(今年も終わった)と思いましたが、いよいよ来ましたね。【スーパーボール!】
    マクナブの時は4回目の挑戦で“悲願の…”でしたから、応援するコチラにも変な力が入ってましたが、今年は(第1シードなのに)POの戦前からアンダードッグ扱いだったので、ただただ楽しいです。パッツが相手でも“ふざけるな、きっとやってくれる!”そんな思いです。
    でも、贔屓のチームがPOに進むと、勝ち続けると(1月が)全然違いますね。

    今回の結果がどうあれ、、、まだ”ウェンツがいる”
    イーグルス王朝の始まり(妄想)を描きながら数時間後の最高のイベントを楽しみたいと思います。

    AFCのチャンピオンになるのを待ってますよ。(偉そうにスミマセン)
    あと、「がっかりオブ・ザ・イヤー2017」も楽しみに待ってます。
    ではでは。

  7. ふて猫 より:

    この試合が今年一年間のそう仕上げですね。とにかくイーグルスは、ターンオーバーやつまらない反則を減らして欲しいものですね。とにかく最後は勝つ!勝つ!勝つ!です。マジでお願いします

  8. JETS狂 より:

    1日外出している間にコメントを多くいただいて、1つ1つ返信できませんが、ありがとうございます。
    とにかく!スーパーボウルはイーグルスが勝つ!俺が保証する!!

コメントを残す

CAPTCHA