HOME > NEWS > NEWS(2008-2009) > JETS:ファーブ復帰戦直前レポート
2008年8月15日

JETS:ファーブ復帰戦直前レポート

2008081512-news-320.jpg
待要素も不安要素もアリ

ファーブ先発予定のレッドスキンズ戦までに、時間が無い上にまだまだ混沌を極めるチーム事情。
まとまる方向には進んでいるようですが、不安要素も出てきました。

[SPONSORED LINK]


▼まずJETSの主力WR”ラヴァニアス・コールズ(Laveranues Coles)”と”ブレット・ファーブ(Brett Favre)”の関係が良い方向に進んでいるとの事です。
大親友である”チャド・ペニントン”の電撃解雇に猛反発し、メディアにも友好的であったコールズが何もコメントを出さない状況が続き、ファーブとの関係が険悪ではないかと思われました。
しかし2人は話合い、その後ファーブはチャドを賞賛すると同時に「私はチャドの代理を務めようと思わない。私はJETSが勝つためにここにいる。スーパーボウルを制覇するために彼にパスを投げ続ける事を約束する」とコメントしました。JETSの勝利を目的に2人の関係は改善されたようですが、未だにコールズは足に不安が残り心配です。

▼パッカーズからJETSへと環境が急激に変わった”ブレット・ファーブ”に強い味方がいました。
FA獲得が多くて忘れていましたが、元パッカーズで3月に獲得したTE”バッバ・フランクス”がファーブの移籍により評価が急上昇しております。

NFLに入って8年間パッカーズに所属しファーブの良きパスターゲットとして活躍してきたフランクスは、パッカーズに解雇されてJETSにきましたが、これまでパッとしませんでした。
パッカーズに長くいすぎたために他チームでの順応力を不安視されていましたが、ファーブの電撃移籍は彼にとってまさに神が降臨。そのニュースを聞いた瞬間、震るえたそうです。
なんせ、今のJETSでファーブのクセやパスに間違いなく一番精通しており(というかファーブしか知らない)、3月からJETSにいるため既に内部事情には慣れているので、来たばかりのファーブには心強い助けとなっているようです。
[関連記事:JETS:TE”バッバ・フランクス”を8年越しで獲得
]

▼しかし、不安要素として「ファーブが疲れている」と報じられています。
練習には参加しているものの本人的には良いパスが投げれずに調子が出ず、疲れを感じているようです。
今年で38歳という他のプロスポーツでもあまり見ない高齢に関わらず、急激な環境の変化と短時間で新システムに順応しなければならないプレッシャーは相当なものです。調子が悪いのは当然だと思いますが、ファーブ自ら不調をコメントされると心配ですね。

▼その他として先のブラウンズ戦で58ヤードのキック・オフ・リターンを見せたFA獲得のCB”アーマッド・キャロル(Ahmad Carroll)”、同試合で2タッチダウンを決めたWR”デビット・クラウニー(David Clowney)”が開幕ロースター入りに大きく前進。

LB”ディヴィッドハリス(David Harris)”は足の負傷で1週間練習を休みましたが復帰。

▼ルーキー状況は”ヴァーノン・ゴルストン”はマイペースに練習しておりますが、やはりその才能には期待できるとの事。
TE”ダスティン・ケラー”もパス補給能力について良い評価。
先のブラウンズ戦でパントリターン・タッチダウンとインターセプトで鮮烈なデビューを飾ったCB”ドワイト・ロウリー”も順調。
WR”マーカス・ヘンリー”は先の試合で足を負傷。OL”ネイト・ガーナー”はリザーバーとして練習中です。

[引用:NFL JAPAN]

ニューヨーク・ジェッツのQBブレット・ファーブが、鋭いパスを繰り出す剛腕に疲れを感じている模様だ。ファーブは、「今日、俺の腕は少し動きが鈍い。本当に痛みはなく、ただ疲れているだけだ。正直驚いており、これまでの所、全ての練習に参加できているが気分は良いとは言いたくない」と、現地時間水曜日の午前の練習終了後に述べている。先週トレードでグリーンベイ・パッカーズから加入した38歳のファーブは、土曜日からチーム練習に合流。今日が5日目の練習であり、現地時間16日のワシントン・レッドスキンズとのプレシーズンゲームで先発が予定されている。また、プロ18年目の彼は、「今日の朝の練習では、パスをうまく投げていなかった。何球かは、パスが低かった。痛みはないが、俺は38歳だ。少しは疲れも感じるよ」と続けている。

ジェッツのエリック・マンジーニヘッドコーチは、午前の練習終了後ファーブのコンディションについては触れず、「私たちは、試合の前まであと2日間しか練習がない。今日の様子をモニターしている。みんなの方が、ファーブと私より話している。だから、彼がどんな状態なのかは本当に知らないんだ」とコメントしたのみだった。そして、ファーブは、気になる戦術の習得状況について「俺を信じてくれ、システムを覚えるのは簡単なことじゃないんだ。しかし、ここで座って、みんなに落ち込んでいると話すつもりはない。土曜日には、十分にプレイを行うことができた。これからどのようになっていくのか、俺にも分からない
よ。良い方向に進んでいくのを望んでいる」と語った。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. Lovie the Dog より:

    JETS狂さん
    いつも来ていただいてありがとうございます。今日のコメントでこの存在が分かったので早速やってきました。
    なんと他のチームのリンクも色々あるじゃないですか。いやー、人の事いえませんが、マニアックに各チームを追いかけてる人がいるんですねー。
    それにしても今年のJetsはファーブが加入したことで注目度が一気に増していますね。
    Jetsでは元ベアーズのトーマス・ジョーンズにも注目しています。
    私のファンタシー・フットボールのロスターにもジョーンズが入っています。ファネカが加入して今年はもっと走ってくれそうですね。

  2. JETS狂 より:

    ベアーズのブログの方ですね。コメントありがとうございます。
    トーマス・ジョーンズは今シーズンこそ強化したOLの力を借りて爆発してくれる事を期待してます。
    あと、2006年のSB出場時にベアーズに所属していたS”キャメロン・ウォーレル”も今シーズンはJETSにいまして、ワタシも元ベアーズ選手には活躍して欲しい限りです。
    そしてベアーズはコルツ新スタジアムでのSB再戦が楽しみですね。

コメントを残す

CAPTCHA


Top