【2015:Week02】vs コルツ

リーヴィスアイランドにいらっしゃい

開幕戦を見事に勝利したJETSですが、Week02はボス級の力を持つプレーオフの常連、かつ優勝候補筆頭のコルツが相手。

10年に1人の天才”アンドリュー・ラック”に新生JETSのD#陣が挑みます。この試合の内容が 今後を占うのは間違いありません。

なんとしても勝て!!

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
ジェッツジェッツ (2-0-0) 7 3 0 10   20
コルツコルツ (0-2-0) 0 0 0 7   7

 

オフェンス

コルツD#はケガ人が多いながらも壁は厚く、O#が毎回のように敵陣に入るも、なかなか得点できない状況が続きました。

とにかく期待していたランもスクリーンも通用しません。ランが通りだしたのは試合の終盤で、試合を優勢に進めながらも最後まで点差が開かない苦しい内容でした。

 

パスO#に関して、QB#14″ライアン・フィッツパトリック”のスタッツはパス22/34回 244yd獲得、2TD、1INT。
ショート~ミドルは精度が高いものの、やはりロングは苦手。1INTはマーシャルへのヤケクソロングをエンドゾーンでINTされてます。

WR#15″ブランドン・マーシャル”が7レシーブ101yd獲得1TD、WR#87″エリック・デッカー”が8レシーブ97yd獲得1TD、と両エースWRが爆発したにも関わらず、なかなかフィニッシュにたどりつかず

試合中にCB#21″ボンテ・デービス”まで脳震とうで退場し、圧倒的有利であるハズなのに、最後の最後まで1ポゼッション差を追われる展開にはヒヤヒヤしました。

 

しかしながら、WR#15″ブランドン・マーシャル”は前試合に引き続き、存分にエースWRにふさわしいパフォーマンスを見せてくれました。
クソWRに見慣れたJETSファンにとっては絶対に落球しないというだけで、どんだけ頼もしいのか。さらにD#を振り切って強引にTDするパワーも見せました。

ドルフィンズやベアーズで見たときはもっと荒っぽい印象を受けましたが、JETSでは技術力が光っています。キャンプ中、ずっとリーヴィスを相手にしていてレベルが上がったのでしょうかね?

 

逆に苦戦したのがランO#。OLのパスプロは完璧に近いにも関わらず、ランでは試合終盤までコルツDLの圧力に負けて穴が全然開きませんでした。ランでショートヤードが取れない事が、有利に進めながらもO#が停滞した原因です。

RB#33″クリス・アイボリー”のスタッツはラン14回57yd。もうJETSファンはランでゴリゴリ押すイメージを卒業する時なのかもしれませんが、フィッツのロングパスの精度に問題がある以上、ランは生命線となるので、改善しなくてはなりません。

 

あと、期待していたドラ2WR”デビン・スミス”と RB”ザック・ステイシー”は今試合も出番なし。「最終兵器は見せずにとっておく」、という気持ちで出番を待ちましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. HJ より:

    お見事でした!
    月曜夜から大興奮でした。
    JET狂さんのブログで勉強しているせいか、選手にまで愛着がわいてきました。
    ハーバード対スタンフォードのエリート対決に勝利したひげのおっさんはあごQBさんから先発を奪うのは確実ですね!

    ほんと、Marshallを受け取っていただきありがとうございます。

    1. JETS狂 より:

      HJさん>
      途中、ヒヤヒヤものでしたが、ターンオーバー祭のハイテンションな展開でした。
      ヒゲアゴvsワレアゴの先発争いは、もうヒゲアゴの勝利でしょう。
      マーシャル獲得も大正解。ほんとうに新GMの手腕はすげーです。
      (一方、元相方のカトラーに不幸が。)

  2. カート小判 より:

    まさかのロケットスタートですね。Jets狂さんも含めて、この展開は誰も予想してなかったのではないでしょうかw

    やはりDLのプレッシャーが物凄くて、堅守復活の印象があります。

    このままフィッツパトリック(ジーノではなく…)が無難なプレイをすれば、ワイルドカードも狙える気がしてきました。

    *ちなみに私はシーズン前から、今季のNYJのキーマンはC.アイボリーだと思ってます。

    1. JETS狂 より:

      カート小判さん>
      ラック相手にサック量産とは行きませんでしたが、圧力でOLを圧倒できたことがミスを誘発し、理想の展開でした。
      近年のドラフト上位も機能し(2012年のミリナー、リチャードソンは停止中)、いい感じです。

      勝てるQBでなくミスしないQBで今のJETSは十分に強いです。
      あとはRB陣のランが安定すれば無敵でしょう。久々のプレーオフに期待しても良いと思います。

  3. プんじん より:

    プライヤーへの評価が手のひら返しちゃってますね(笑い)。
    CBが安定してるからSの仕事がしやすいのかもしれません。

    フィッツパトリックは爆発力はないけど大くずれもしないみたいですから(今のところ?)ディフェンスで勝つジェッツみたいなチームには向いてるのかな?
    先行された時にどうなるのかわかりませんが。
    てな心配ができるだけでも昨シーズンよりはましですね(苦笑)。

    1. JETS狂 より:

      プんじんさん>
      2試合ともプライアーがモメンタムが相手に傾きそうなところを阻止してますから、評価変わります。
      やれば出来る子でした。

      そもそも勝てるQBを手に入れるのが奇跡に近いNFL。むしろ、そうでないQBでも勝てるチームを作る事が本当のフロント陣の手腕でしょう。
      とにかく勢いがある時に4連勝して、アドバンテージを得ておきたいところです。

  4. カゲ より:

    開幕2連勝は気持ちいいですね。
    今年はかなりついてるかも?

    1. JETS狂 より:

      カゲさん>
      正直、ツいてますね。不謹慎ですがジーノが殴られてアゴ破壊された時からラッキーです。
      ジーノが投げてたら泥沼のターンオーバー合戦の末に敗北だったでしょう。

      ミリナーが離脱したおかげ、ギルクライトが出場してINTしまくってるのもラッキーでしょう。
      この調子で勝利を重ねて、久々のプレーオフ出場と行きたいものです。

  5. NJ住み より:

    最後まで結果が分からない展開でしたが、勝ってよかったです!

    プライヤーの成長もあり、フィッツとレシーバーも上手くいってますね!

    気になるのがクロマティーとカンバーランドですね

    クロマティーは怪我のせいか、先週も今週もカバーが遅れて見えました

    カンバーランドも印象に残るキャッチがない感じで、アマロ不在の現状、TEのレベルアップがプレーオフへの必須事項かなと思いました

    1. JETS狂 より:

      NJ住みさん>
      クロマティーが捻挫で済みましたが、TD取られたシーンで不覚を取りましたね。
      カバー1でクロマティをカバーにおいた変則的な布陣にも見えましたが、調子はまだ戻っていない感があります。
      パッツ攻略にはクロマティの力も必要なので、改善してほしいものです。

      TEが確かに弱く、今試合ではTEレシーブ0回でした。
      まぁWRさえ機能していれば、TEのレシーブ力に頼る事はないのですが、欠点には違いないのでカバーランドの成長にも期待です。

  6. スパイガラス より:

    コルツ相手に5つのTO祭りは素晴らしいですね。
    一方で、それで20点というのも不思議な・・・
    テキサンズ戦など、フィールド中央付近でのもみ合いが続きそうですね。
    お互いサック数ばかりが増えて行って。

    1. JETS狂 より:

      スパイガラスさん>
      5TOに関わらず得点の低さがネックですね。毎回敵陣に入るもコルツD#の粘りに翻弄されました。
      しかし、今のJETSはそうそうターンオーバーせさないのがウリです。コルツに勝ったからにはテキサンズだろうが、AFC南から全勝するぐらいやってくれるでしょう。

  7. ガストン より:

    JETS好調ですね。

    強力DB陣が機能しているようでうらやましい限りですw

    コルツ戦では、意外とリーヴィスがマッチアップしているレシーバーにラックが投げていた気がします。
    その分、クロマティがあんまり映っていなかったような・・・・。
    リーヴィスが投げるように仕向けていたのでしょうか?

    やはり。リーヴィスはJETSのユニフォームが似合いますね

    1. JETS狂 より:

      ガストンさん>
      ラックとしてもヒルトンが頼りなんでしょうね。期待のアンドレ・ジョンソンがイマイチなだけに。
      クロマティは捻挫から回復したばかりのせいなのか、ゾーンで張っていた気がします。(そしてTDを許す)

      リーヴィスにとってはJETSは特別な存在のようで、バッカニアーズから出た後、JETSに戻すように要求していたようですね。
      しかし、JETSは受け入れなかったために、パッツからのオファーを受けてSB制覇に貢献したという流れです。

      そして今シーズン、待望の復活。JETSでSB制覇をするのがリーヴィスの本当の願いのようで、頼もしい限りです。

  8. nyj より:

    ブライアー、本気で期待してよさそうですね!
    あと、私の気になるのは、コプルスです。
    ブレイクの気配はないでしょうか?

    1. JETS狂 より:

      nyjさん>
      キャンプでの評判とはうらはらに今試合は1アシストとダメですね。
      まだシーズンは始まったばかり。今後に期待しましょう。

コメントを残す

CAPTCHA