HOME > NEWS > NEWS(2015-2016) > 【2015:今週のAFC東】Week14
2015年12月16日

【2015:今週のAFC東】Week14

ドルフィンズ 24-31 ジャイアンツ

混迷を極めるNFC東。地区優勝のためには負けられないジャイアンツは、タネヒル不振のイルカさんと対決。

JETSも苦戦したジャイアンツが余裕勝ちかと思ったら、第3Qまで取られたら取り返す互角の展開。

しかし、第4QにジャイアンツのQB”イーライ・マニング”がWR”オデル・ベッカム”へ84ydTDパスを決めて突き放し、勝利!プレーオフへ望みをつなぎました。

 

ジャイアンツの勝因はなんといっても、WR”オデル・ベッカム”。166yd 2TDと大爆発しました。

超スピードとセパレートする瞬発カに加え、サイドラインギリギリのTDパスで足を残すテクニックもみせ、毎試合で期待を裏切らない活躍をします。

 

一方、イルカさんはRB”ラマー・ミラー”が奮闘するも敗戦により、シーズンエンド決定。今後のタネヒルの動向が気になるところです。

 

ビルズ 20-23 イーグルス

ワイルドカード争いに喰らいつきたいビルズの相手は、こちらもジャイアンツと同様にNFC東地区優勝のためには1敗も出来ないイーグルス。

加えてビルズRB”ルショーン・マッコイ”の初の古巣対決となりました。

 

こちらも取られたら取り返す互角の展開の末、最後はイーグルスがFGを決めリードし、D#が粘りを見せて辛くも勝利!!NFC東の首位争いは3チームが1歩も引かない混戦が続きます。

 

ビルズの敗因はパントをマフったり、イーグルスの2rd-26ydの状況でロングパスTDを決められたりといった致命的なミス。

 

イーグルスはリーグ1小さいRB”ダレン・スプロールズ”が毎試合で活躍し、勝利に貢献しています。
身長168cmという日本人の平均より低いかもしれない体格で、一番当たりが激しいRBというポジションをこなす彼にシンパシーを感じますな。

 

今週のAFC

Y ペイトリオッツ 11
ベンガルズ 10
ブロンコス 西 10
コルツ 6
チーフス 西 8
ジェッツ 8
スティーラーズ 8
レイダース 西 6
ビルズ 6
テキサンズ 6

 →パッツがいつもどうり地区優勝なのですが、

全NFLファンを代表して一言、言わせてもらう!!

本当なら空気圧問題でブレイディ4試合出場停止だったのよ!?

って、ことはその間に代役ガラポロがINTされまくり、ファンブルしまくりで開幕4連敗だったハズ。
って、ことは本当ならパッツは今は7勝で、8勝ジェッツがAFC東の首位なんだよ!!

そのことを肝に銘じとけパッツファン!!
(遠吠えにしか聞こえんなぁ・・)

 

 

妄想のパラレルワールドはさておき現実では、ジェッツ、チーフス、スティーラーズの3チームが勝利し、未だワイルドカード争いは3チームが横並び。

パッツが地区優勝を決める一方で、ベンガルズとブロンコスは敗戦し、各地区の2位であるスティーラーズ、チーフスに2勝差まで迫られ、下手すると首位交代の可能性も出てきました。

AFC南はコルツとテキサンズが共に負けて今週も同率首位のこう着状態となり、どのチームも全く余裕のない状況です。

 

Week15

・ジェッツ vs カウボーイズ
→なんと日本時間の日曜朝からLIVE中継。

カウボーイズは敗戦によりNFC東の他3チームと2勝差が開き絶望的なのですが、ここから3連勝して他3チームが連敗したり潰しあったら可能性は0%ではないです。

ジェッツとしても、この後にパッツとの直接対決が控えているだけに、絶対に負けられない戦いです。

 

・ペイトリオッツ vs タイタンズ
→地区優勝を決めて、次に狙うは第1シードのパッツ。その対戦相手は今週ジェッツが大勝したタイタンズ。

パッツが勝っても、タイタンズはドラ1ゲットに向けて前進できる美味しい試合です。

 

・ドルフィンズ vs チャージャーズ
→どちらもシーズンエンドした世間からはあまり興味の無い試合。

しっかし、毎シーズン中堅の強さを誇るチャージャーズが3勝しかできないなんて、どうなってるんだ??
リバースのキャリアの終わりが迫っているだけに、来シーズンは躍進してほしいです。

 

・ビルズ vs レッドスキンズ
→ビルズは残り3戦を勝利し、現在8勝のチームが3連敗したらプレーオフに出場できるという、生き残るには奇跡が必要な状況。

一方、レッドスキンズはNFC東にて3チーム同率ながら首位をキープ。イーグルスファンとジャイアンツファンはビルズ勝利をひたすら祈るでしょう。

 

・スティーラーズ vs ブロンコス
→ついでにジェッツの目の上のタンコブである2チームの対戦カードもチェック。

好調スティーラーズの対戦相手は、堅守ながらQBがマニングからオスウィラーに交代中のブロンコス。
ブロンコスは首位とはいえ今週、レイダースに敗れたため不安があります。

頼むブロンコス!!死んでもスティーラーズを止めてくれ!!

 

・チーフス vs レイブンズ
→チーフスはシーズン序盤に5連敗し、RB”ジャマール・チャールズ”が負傷でシーズンエンドし、誰もが「終わった」と思った瞬間から なぜか大爆発。

現在7連勝という異常な勢いで第5シードにたどりつき、今やシーズン序盤は無敗であったブロンコスを脅かすところまで来ました。

対戦相手の近年の王者レイブンズは大不振で現在4勝の上に、フラッコが負傷でシーズンエンドしQBはPICK6の達人”マット・ショーブ”という不安材料しかない状況。

しかし、カラスパワーに我々は期待するしかない。なんとか勝ってくれレイブンズ!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. 名無し より:

    こんにちは。いつも読んでいます。JETSも少しだけ応援してます。

    AFCはワイルドカード争いしているチームのほうが、地区首位チームより強そうで、厄介ですね。

    1. JETS狂 より:

      名無しさん>
      ご拝読ありがとうございます。少しと言わずめっちゃ応援して頂ければ、本望です。

      シーズン無敗かと思われた首位3チームも1回負けると緊張の糸が切れたように、ミスをしたり負傷者が続出し弱体化しますね。
      逆に連勝を重ねて追いかける方が勢いがあり、ベンガルズvsスティーラーズのように直接対決でチームの状態がはっきりします。

      JETSも今の勢いでカウボーイズに勝利し勢いそのままで、Week16のパッツを撃破してほしいところです。

  2. ねくすと より:

    パッツファンですが、デフレートゲートのことは、すっかり忘れてました(^^:。
    良くも悪くも、アメリカは法廷闘争の巧拙が明暗を分ける国なのでしょうか。

    パラレルワールドで言えば、本当ならジェッツの正QBはジーノ・スミスで、顎を割られてなければ毎試合出場して….。
    以下、自粛します。

    なんにしても、ジェッツにとってもハッピーなシーズンになることを祈ってます。

    1. JETS狂 より:

      ねくすとさん>
      本当にアゴ割り事件が無かったら、とっくの昔に最下位でシーズンエンドでした。JETSファンはアゴ割った イケメファナ・エネムパリ (相変わらず名前がムズい)に足を向けて寝れません。
      これで万が一、SB制覇までいったらシーズンMVPは彼ですね。

      今はとにかく、プレーオフに届く事を祈るのみです。

      1. ねくすと より:

        お返事ありがとうございます。

        >これで万が一、SB制覇までいったらシーズンMVPは彼ですね。

        同時に、このブログを終わらせた男として、永遠に、私達の記憶に刻まれると思います。
        (もちろん、そうならないことを祈っております)

        1. JETS狂 より:

          ねくすとさん>
          何か簡単にブログが終われない空気になってきましたね。
          プレーオフにいけるかどうかも分かりませんが、シーズン最後まで楽しみましょう。

コメントを残す

CAPTCHA


Top