HOME > NEWS > NEWS(2018-2019) > 【カズンズ争奪戦】QBカーク・カズンズを狙う4チーム事情
2018年3月4日

【カズンズ争奪戦】QBカーク・カズンズを狙う4チーム事情

Kirk Cousins カーク・カズンズ ジェッツ レッドスキンズ
意外と人気物

レッドスキンズからFAとなるQB”カーク・カズンズ”争奪戦の対抗馬は多く、ジェッツを含め4チームが狙っているというレポートが報告されました。

[SPONSORED LINK]

QB”カーク・カズンズ(Kirk Cousins)”を狙う4チーム事情

まず、おさらい。2シーズン連続でタグを使って引き止められていた現レッドスキンズのQB”カーク・カズンズ”は、レッドスキンズがトレードにてチーフスのQB”アレックス・スミス”を獲得したことで、FAとなるのは確実となりました。
(※FA解禁は現地3月14日なので、現時点では正式に契約されていない)

そこでカズンズ争奪戦が勃発。現時点でカズンズを狙うチームを紹介いたします。

ジェッツ

まず以前に「カズンズを手に入れるために何でも差し出す」という姿勢を見せたジェッツ。

Kirk Cousins カーク・カズンズ ジェッツ レッドスキンズ
金ならあるぜ ジェッツは長年にわたるQB問題を解決するために、カズンズを本気で獲得しに行くようです。

 

ジェッツは2010年シーズン以降プレーオフに出場しておらず、QB問題で毎年悩んでおります。

現在 所属するQBは、近年のドラフト上位で獲得したQB”ブライス・ペティ”とクリスチャン・ハッケンバーグ”なのですが、もはやこの二人に期待していない様子。

ちなみにハッケンバーグは1回も公式戦に出場しておらず、ドラフト2巡以内で獲得した選手が2年も公式戦に出ないのは過去3人しかいない珍しい事態です。

 

新人の育成に失敗し続け、万年バックアップQBがそこそこ活躍しても長続きしない現状において、とうとう実績のある中堅QBの獲得に乗り出すわけです。

 

新OC”ジェレミー・ベイツ”が元レッドスキンズHC”マイク・シャナハン”の下でシステムを学んでおり、カズンズもシャナハンの教育を受けているため、カズンズとジェッツのオフェンスがマッチするという理由もあります。

ジェッツには90M近い莫大なキャップスペースがあり、さらにドラフトのPICKは6番目と資源は豊富。カズンズ獲得の最有力候補でしょう。

ブロンコス

ブロンコスは、かつてQB”ペイトン・マニング”争奪戦に勝利し、マニングは期待通りブロンコスをプレーオフ常連に仕立て上げ、スーパーボウル50でスーパーボウル制覇を達成。

しかし、マニング引退以後はQB”ブロック・オズワイラー”事件や、QB”トレバー・シーミアン”の乱調。さらにドラ1”QB”パクストン・リンチの不発など、またもQB問題が再発しており、カズンズを狙う候補としてあげられます。

 

ブロンコスの強みは何といっても球団幹部の”ジョン・エルウェイ”。選手獲得に絶大な力を発揮しており、マニング争奪戦でその手腕を見せております。

名門かつ強力なD#も健在なので、カズンズにとって魅力的でしょう。

かつてマニング争奪戦に負けたジェッツにとってブロンコスは脅威です。

カーディナルス

QB”カーソン・パーマー”が引退し、こちらもQB問題が再浮上。

2017シーズン中はパーマー負傷後はQB”ブレイン・ギャバート”がセカンドチャンスを得て先発出場し、元イーグルスのドラ3QB”マット・バークリー”も所属しているのですが、やっぱり新たにQBを獲得する方針のようです。

カーディナルスもドラフトQBでは失敗例が多く、むしろQB”カート・ワーナー”やQB”カーソン・パーマー”などベテランを獲得して強くなるパターンが鉄板です。

 

カーディナルスの顔ともいえるWR”ラリー・フィッツジェラルド”もカズンズにラブコールを送っており、こちらもジェッツにとってやっかいな対抗馬になります。

Larry Fitzgerald recruiting Kirk Cousins to Arizona

バイキングス

なんと昨シーズンはQB”ケース・キーナム”の活躍で、NFCチャンピオンシップに出場したバイキングスがカズンズ争奪戦のファイナリストに挙げられております。

理由はバイキングスがキーナムにフランチャイズタグを張る姿勢が無く、”テディ・ブリッジウォーター”がFAになるのも明らかだからです。

意外とキャップスペースもあるようで、49ersと大型契約を結んだQB”ジミー・ガロポロ”に匹敵する契約ができるらしいです。
(ほんまかいな)

カズンズからしても2017シーズンはチャンピオンシップまで上り詰めたバイキングスの実績とD#力は魅力でしょう。

しかし、キーナムを一発屋扱いとは・・・哀れ!キーナム!!(T0T)

 

 

QB問題と言えば16連敗ブラウンズですが、カズンズ争奪戦の候補から外れており、ドラフトで補強するかベンガルズのマキャロンを獲得すると予想されています。ビルズも一時は候補として挙げられてましたが、最終的には以上の4チームがカズンズ争奪戦のファイナリストになると予想されています。

 

現地3月12日から交渉が可能となり、3月14日から契約OKとなるFA戦線。果たしてジェッツに誰がやってくるのか非常に楽しみです。

 

ドラフトの事は、FAが収まってから考える私であります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. のび より:

    お金的には、一番有利そうなんですが、チーム環境は、一番下な感じも…。
    ミネソタは、3人の中から選ぶのかと思ってました、というかキーナム残して、控えはドラフトピックか、そんなに金あるなら、ブラッドフォードも残せれば、失敗の可能性低そうなんですが、なんだか、羨ましいですね。

    1. JETS狂 より:

      のびさん>
      ジェッツに来るとしたら、お金だけが目的なのは否めませんね。悲しいかな。
      しかも、最新のニュースではバイキングスが有利だという話が出ているので、やりきれないです。

  2. やまそう より:

    ジェッツがミネソタの方が自分たちより有利だと思っている、という報道が出ていたのですが悲しいですね。もうドラフトでドナルド、ローゼン、メイフィールド、アレンあたりを取った方がいいかもしれませんね。パスラッシャーがローレンスタグでfaパスラッシャーの獲得候補がなくなってしまったのもjetsファンとして痛いです。

    1. JETS狂 より:

      やまそうさん>
      ミネソタ有利って書いてますね。「キーナム君でええやん」と思います。
      新人QBは散々失敗しているので経験のあるQBを投入して試したいのですが、なかなか難しそうです。フォールズもなさそう。
      全体6位までにQBは確実に指名されるでしょうし、また難しいドラフトですね。
      まぁ、ジェッツはいくらファンが考えても、想像をナナメ上にいくPICKをするのですがね。

  3. PB29 より:

    はたしてカズンズには、大枚をはたいてまで獲りにいく程の価値があるのでしょうか?

    バイキングスからFAになるブリッジウォーターでも獲って、マカウン・ハッケンバーグの3人でも良いようにも思うのですが・・・

    1. JETS狂 より:

      PB29さん>
      正直なところ、めちゃくちゃ大枚をはたくほどのQBでは無いと思います。個人的に。
      ただ、実績と経験を兼ね備え、JETSのOCとマッチするという意味で貴重なQBです。
      たしかにマッカウンにもう1年やらせるという意見も海外ソースでありました。
      しかし、これほどQB育成が下手なチームなので、1回中堅QBを獲得して試してほしいですね。
      ブリッジウォーターは個人的になしで!

コメントを残す

CAPTCHA


Top