JETS狂のススメ:TouchDown PRO 9月号

NFLイメージ

心者もマニアもこれでシーズンをしゃぶり尽くせ!
ワタシの個人的なオススメを紹介するこのコーナー。
今回はマトモにNFL雑誌「Touchdown PRO (タッチダウン プロ) 09月号」です。

なぜ今月に限って紹介するかというと、月刊誌のためにいつもは遅れた時事ネタを掘り下げたり、展望を予想する内容なのですが、今月号は「保存版」と称してNFL2009必見の100人を紹介する選手名鑑的な記事なのです。

思わず買ってしまったので中身をちょこっと紹介します。

[SPONSORED LINK]


▼巻頭特集
まずは5人の各ライターがTOP100の順位に関係なく好きな選手の記事を写真入りで2ページ丸々書いてます。後藤完夫が”トム・ブレイディ”、生沢浩が”トロイ・ポラマル”といった感じです。

「王宮の守護兵 トロイ・ポラマル」では昨シーズン、レイブンズ戦でポラマルがインターセプトTDを決めた時の被害者であるレイブンズのQB”ジョー・フラッコ”の心理を書いている部分が興味深かったです。
一部だけ略して記載すると・・・
「フラッコはディフェンスを見回してトロイ・ポラマルを見つけた。フラッコにとって全プレーの前に予測不可能な動きをするポラマルの位置を確認しておくことが必須条項だ。」
「フラッコはポラマルが中より右よりに下がるのを確認した。ディープゾーンのパスカバーと予測する。このゾーンはWRマーカス・スミスが走りこむからポラマルを引き付ける囮につかえる。」
「スナップを受け取ったフラッコはミドルゾーンを右から中央に走りこむWRデリック・メイソンにパスを放つ。その瞬間に信じられない光景を目にした。」・・・・・・
という感じです。

NFLイメージ
▼必見BEST100
そしてメインの2009シーズンの注目選手BEST100です。
巻頭の特集でも散々トム様の素晴らしさを語ったあげくに、BEST1位もトム様!写真ページを合わせて合計4ページもトム様で、もうオナカいっぱいですわ。( ̄□ ̄;)

スキャンだと1ページが限界ですが、このとなりにはBEST2位のフィッツジェラルドのカッコイイ写真と記事があります。

WEB上では伝わらないですが、本で見ると各写真迫力があってテンション上がります。

で、我らがJETSは誰がランキングされているかというと・・・・

NFLイメージ
やっといました。51位から1ページに2人の紹介になりますが、その51位にNT”クリス・ジェンキンス”です。そして52位にはベンガルズに移籍したコールズ。

JETSはその他91位に”マーク・サンチェス”、93位に”トーマス・ジョーンズ”と少ない。
意外にもプロボウルやオールプロに選出された”ダレル・リーヴィス”や”レオン・ワシントン”がいないですね~。

ファーブやヴィックはおそらくこの記事を書いている時に復帰するとも分からなかったので載ってないです。
そりゃそうか。

▼その他注目の選手ランキング

5位:トムリンソン(チャージャーズ)
昨年成績を下げたにも関わらずまさかの5位。まぁこれまでの功績を考えるとバケモンですから。
記事によると「21世紀に最も完成されたRBと評された」との事。

でもピーターソンが3位です。(´д`lll)

 6位:テレル・オーウェンス(ビルズ)
顔面ドアップの写真の下に問題児の経緯がつらつらと書かれております。

35位:ジェイ・カトラー(ベアーズ)
ベアーズは80年代以降、のべ23人もの先発QBが結果を出していない。ジェイ・カトラーはベアーズ悲願のフランチャイズQBになれるか!?って感じです。
 しかしカトラーが病気持ちでインスリンを投与しながらプレーしてるって知らなかった。

46位:アサンテ・サミュエル(イーグルス)
元QBで「遅い」「小さい」のハンデキャップを超人的練習とシステムの理解力でカバーし、リーグ屈指のCBに変貌したとの事。こういう選手の経歴って好感が持てますな。

55位:サンタナ・モス(レッドスキンズ)
知ってのとおり元JETSです。やり始めたばかりのマッデンでとりあえずモスに投げればだいたい勝てたので、ある意味思い出深い選手です。

72位:ウェス・ウェルカー(ペイトリオッツ)
怨敵ですが、好きな選手です。人呼んで「スロットマシーン」との事。

75位:チャド・ペニントン(ドルフィンズ)
相変わらず活躍に反比例して評価低いな~(´д`lll)。もっとランク上でもいいんじゃない?
なんと大学時代は”ランディ・モス”と組んで、シーズン13戦全勝した記録をもつという。
そしてその勤勉ぷりっから新婚旅行にジェッツのプレーブックを持っていったという逸話があるらしい。
マジメがウリなのですが、ここまでくるとフットボールバカですな・・・


本自体は薄く感じるのですが、内容は全部読みきれないくらいで濃いです。980円の元は十分に取れます。
本をパラパラめくってるだけでも楽しいので秋の夜長に枕元に置いてみてはいかがでしょう。

個人的な話、な~んか全てにヤル気が無くて仕事場にいるのが嫌になって、昼休みにブラっと出て本屋でこの本を見つけて、何気なく買ってしまいました。
一人で喫茶店で飯を食いながら読んでいると、子供のころに「ウルトラマン怪獣大百科」を見てるような気持ちでワクワクしてきてテンション上がって、気持ちが晴れました。

大人には大人の「怪獣大百科」が必要なんですな。(°∀°)b

コメントを残す

CAPTCHA