カタカナ選手名誤表記撲滅運動

以前から何回か取り上げてますが、外人の名前をカタカナで扱うブログの最大の敵は誤表記。

日本代表であるNFL JAPANの誤表記問題は以前からあり、100%を信用できないために、ネット上から英名とカナ名の一覧を拾ってはアクセスに登録し、英語のロースターを一発でカタカナのロースターに変換するマシーンを作っております。

これは登録した外人の名前を姓、名それぞれ分解して名寄せして、完全に一致しなくても変換できる我ながらスグレもの。約2年弱ぐらいブログを書いていても、最近まで放置している誤表記も多々あります。

[SPONSORED LINK]


今まで何度も”Tom Brady”を超思い込みで”トム・ブレディ”と書いてきましたが、TouchDown PROやその他のブログでは”トム・ブレイディ”と記載してます。
今後どっちを使おうか悩んだので以下の発音検索サイトで実際に聞いてみました。
[発音:Brady]
→こりゃ”ブレイディ”だ!。というわけで過去の記事を一発変換してブレディは無かった事にしました(@_@;)

加えて、最近の誤表記代表が”Jim Leonhard”。これをワタシもNFL JAPANも”ジム・レナード”としてますが、実は10月号のTouchDown PROによるとこれは”ジム・レナード”です。
[発音:Leonhard]

この繰り返しで徐々に外人名データベースの精度を上げて、一発でカタカナのロースターを作れるようになったら無敵(?)です。

コメントを残す

CAPTCHA