【NFL 2016-2017】死闘を制しプレーオフに集う戦士たちよ、デテクイヤ!(AFC編)

NFL AFC playoff プレイオフ
いつものやつ

まだジェッツのWeek17 の試合を1ミリも見てません。

なので、先にいつものJETS狂的プレーオフ紹介を書きました。今回はAFC編で、NFC編は後日にUPいたします。

死闘を制し、プレーオフに集う戦士たちよ、デテクイヤ!

第1シード:ニューイングランド・ペイトリオッツ

patoriots ペイトリオッツ

ブレイディEMPIRE

(1回戦、免除)

QB”トム・ブレイディ”が開幕4試合出場停止という大ハンデを背負ったシーズンにも関わらず、ブレイディ&ベリチックの帝国は全く沈まず。

ブレイディ不在の期間をバックアップQBで4戦3勝という好成績で切り抜け、その後は横綱相撲で勝利を重ね、終わってみれば14勝2敗と相変わらずの強さを見せる。

 

しかし、O#の要であるTE”ロブ・グロンコウスキー”が負傷のためシーズンエンド。WR”ダニー・アメンドーラ”も長期欠場する負傷により、パスターゲットが不足する問題を抱えている。

昨シーズンのプレーオフは、OLとRBの負傷者の多さに悩まされ敗北しただけに、またもケガ人の多さに不安が残るプレーオフになるだろう。

第2シード:カンザスシティ・チーフス

chiefs チーフス

ハマると怖い、赤ヘル地獄

(1回戦、免除)

HC”アンディ・リード”と「アスミス」ことQB”アレックス・スミス”が来てから、プレーオフ常連となったチーフス。

アスミスのショートパス主体の緻密なO#に加えて、ターンオーバーを量産するD#力は健在。ターンオーバーレシオは+15と、ミスをせずに相手のミスを突く安定したチーム力が強さの秘訣であろう。

S”エリック・ベリー”、CB”マーカス・ピータース”、LB”タンバ・ハリ”、LB”ジャスティン・ヒューストン”と、D#の各所にタレントがひしめき、スキが無い上にターンオーバーを発生させる

 

しかし、プレーオフになるとHC”アンディ・リード”のタイムマネジメントのヤバさが敗北を招いているので、そこは誰かがキッチリと管理するしかない。

第3シード:ピッツバーグ・スティーラーズ

スティーラーズ pitbarg

我ら~鉄の子、負けない子~♪

(1回戦はドルフィンズと対戦)

ベンガルズが不振のため、今シーズンは堂々の地区優勝でプレーオフ出場の強豪スティーラーズ。

伝統のD#力に加えて、O#はQB”ベン・ロスリスバーガー”&RB”レベオン・ベル”の波状攻撃で主導権を握る。

特筆すべきは、追い込まれた時ほど強い ロスリスバーガー の集中力。地区優勝決定戦となったWeek16のレイブンズ戦でも、残り1:40からのドライブで逆転TDパスを決める活躍を見せる。

 

しかし、私は ロリコンバーガー の、巨体でヌルヌル逃げてドカーンと1発ロングを放り込んで決めるスタイルが解せないのである。

第4シード:ヒューストン・テキサンズ

ヒューストン・テキサンズ オズワイラー

フランチャイズQBなど要らぬわ!

(1回戦はレイダースと対戦)

昨シーズンは下等QBのリレーでプレーオフ出場にこぎつけるも、プレーオフでは完封負けしたテキサンズ。

今シーズンは、ブロンコスからマニングの後釜になるハズであったQB”ブロック・オズワイラー”を大枚はたいて強奪するも、そのオズワイラーは途中降板させるぐらいの大不振。

加えて、D#の顔である”J.J・ワット”が負傷のためシーズンエンドするというトラブルが続く。

だが、そこはAFC南というそんなに勝たなくても地区優勝できる地区の恩恵にあやかり、今年もプレーオフに出場することができた。

 

しかし、そんな温室のようなヌルい地区で何回優勝したところで、ガチの強豪が集うプレーオフを勝ち抜くことは不可能。

そもそも、ホームの「リライアントスタジアム」が今回のスーパーボウルの会場になるため、ジンクスも手伝い、途中敗退は濃厚である。

(なんちゅう紹介文)

第5シード:オークランド・レイダース

オークランド・レイダース

暗黒チームの帰還

(1回戦はテキサンズと対戦)

ロゴマークだけなら日本でもおなじみの暗黒チームが久々にプレーオフに帰ってきた。

2002年シーズンの第37回スーパーボウル敗退から実に14年もプレーオフから遠ざかっていたが、今シーズンは違う。

 

O#は昨シーズンに大きな成長を見せたQB”デレク・カー” を中心に、WR”アマリ・クーパー” と「蟹木」ことWR”マイケル・クラブツリー” が爆発的な攻撃力を生む。それは、もちろんプロボウルを3人排出しているOLの力もあってこそ。

D#はドラ1DL”カリル・マック”と、ベンガルズから移籍したベテランS”レジー・ネルソン”が損失ヤードは多いものの、ここぞというところで踏ん張る。

 

しかし、Week16にてQB”デレク・カー”が足をサックされたさいに骨折し、シーズンエンドする最悪のトラブルが発生。

本来は第1シード濃厚であったはずが、Week17で敗戦しチーフスに地区優勝されたため、ワイルドカード枠に落ちてしまった。

この困難を乗り越え、再びスーパーボウルの舞台に帰還できるのか?

第6シード:マイアミ・ドルフィンズ

マイアミ・ドルフィンズ

忘れてないか?唯一無二のパーフェクトシーズン達成チームを!

(1回戦はスティーラーズと対戦)

2008年シーズンぶりにドルフィンズがプレーオフに帰ってきた。シーズン序盤は不振ながらも徐々に巻き返し、実力と自信を積み重ねて、下馬評を覆して復活。

 

その原動力はRB”ジェイ・アジャイ”の出現。ラン200ydオーバーを3試合で記録する大活躍を見せ、勝利に大きく貢献する。

さらに、次々と逆転勝利を生み出すD#とSTの勝負強さもあり、チームの総合力でモメンタムと勝利を掴むスタイルには好感が持てる。

(スーには、まったく好感は持てないが)

 

しかし、シーズン終盤にQB”ライアン・タネヒル”が負傷しシーズンエンド。バックアップであるベテランQB”マット・ムーア”で、なんとかレギュラーシーズンを切り抜けるも、プレーオフ初戦は強豪スティーラーズと対戦するという逆境が立ちふさがる。

ムーアがプレーオフで勝利するには、試合当日の朝に必殺技が完成するマンガのような猛特訓が必要であろう。

頑張れムーア。憎っくきロリコンバーガーに目にもの見せてやれ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. テキサスのガラガラヘビ より:

    今日のスーさんは荒ぶってましたね…
    例年大したことのないランOがブロウントの出現でかなり強力なのでやはりAFCを制するのはパッツだと思います

    1. JETS狂 より:

      テキサスのガラガラヘビさん>
      パッツ相手だとAFC東の選手は誰でも興奮するものの、全く勝てず。
      結局は、ブレイディが不在の時にビルズが1勝しただけでした。
      今シーズンのパッツはRBのタレントが近年まれに見る安定感で、ブレイディを支えてますね。
      あとは、かつてパッツを支え続けた ケビン・フォーク 級にゴリ押しできる3rdRBが入れば盤石でしょう。
      たしかにマニングの居たブロンコスや、レイブンズ以外でパッツを止めれるチームは、スティーラーズぐらいしか思いつかないですね。
      せいぜい、スーパーボウルまで勝ち上がって、またジャイアンツに邪魔されるがよい!

  2. :ちなNE より:

    申し訳ないがNYJとGBは本当にNG
    ディフェンスチームがかなり弱体化してるので少しでもリードを許したら負けてしまう印象。ならば攻撃にかかってくるのでフロイドとレンゲルはがんばれ
    そういえばロモさんどうでした?

    1. JETS狂 より:

      :ちなNEさん>
      NYGの方ですね。NYJと同じ都市とスタジアムを共有する異母兄弟のような2チームですが、伝統チームとネタチームという全く異なるチームとなってしまいました。
      一体、なぜJETSはこうなってしまったのか・・・。
      ちなみに、最終戦は、NFCが決定する2試合を見ただけで未だJETSすら見れてないです。
      ロモのみならずサンチェスも登場したようなので、後でチェックしておきます。

  3. 海鷹ファン より:

    普通に考えたらドルフィンズ、レイダース、テキサンズが勝ち抜くのは厳しいでしょう。
    チーフスはシーズン中盤までは勝ってるくせに最下位にいそうなチームスタッツでしたが、総得点と総失点だけはプレーオフに出れる数字になってきて、勢いがあります。
    スティーラーズかペイトリオッツが出てきても面白くないので、チーフスには両チームを倒してスーパーボウルに来てもらいましょう。

    1. JETS狂 より:

      海鷹ファンさん>
      レイダースが、カーがいれば本命なんですけど、なぜこんな不幸がおこるか。
      パッツやスティーラーズは飽きたので、やはりチーフスに望みを託すべきですかね。
      望み薄でも私は、AFCはドルフィンズがSBに行ってほしいです。

  4. 江戸川橋博士 より:

    バッカニアーズ、最終戦勝利しましたが、結局プレイオフ進出はならず。
    しかし、しばらくぶりのシーズン勝ち越し&地区内勝ち越し&CARスウィープと、
    実りあるシーズンでした。
    CARスウィープっていつ以来だろう?少なくともQBがニュートンになってからは無いはず。

    1. JETS狂 より:

      江戸川橋博士さん>
      バッカニアーズ、非常に惜しかったです。春日の呪いを受けてよく頑張りました。
      しかし、NFC南はコロコロと勢力図が変わってうらやましいです。
      AFC東のピラミッドは今シーズンも相変わらずでした。

    2. 緑の飛行機 より:

      バッカニアーズのパンサーズスイープは2012年以来みたいです。

      ちなみに勝ち越しは2010年以来です。この時はニュートン加入前年度でこの年もスイープしているようです

      1. 江戸川橋博士 より:

        >>緑の飛行機さん

        情報ありがとうございますm(__)m
        2010年は確かラヒーム・モリス体制の2年目で、
        10勝6敗だったものの、タイブレイクでプレイオフ進出ならず、
        と記憶してます。

        1. 緑の飛行機 より:

          >>江戸川橋博士さん

          そうですね。その時はパッカーズとジャイアンツが対象になりバッカニアーズはカンファレンス内の成績が振るわず脱落、パッカーズとジャイアンツが直接対決してパッカーズが勝っていたと思うので第6シードにすべり込んでいたはずです。

  5. スパイガラス より:

    プレイオフに残ったチーム、例年になく主力がoutになっているような気がしますね。
    レイダースがひと暴れするのを楽しみにしていましたが、カーは残念でした。
    そろそろチーフスが勝ったら面白いのですがね。D#はかなりの完成度だと思います。今年勝たなければそろそろピークを過ぎそう。

    1. JETS狂 より:

      スパイガラスさん>
      カーに、グロンコウスキー、ワットなどタレントのエンドが続いて、すこし寂しいプレーオフとなってしまいましたね。
      レイブンズ応援してたのですけど、本当に鉄はしぶとい。ロスリスバーガーのSB制覇はもう結構です。
      私も同意見でそろそろチーフスがピークな気がします。今のうちにSBを制覇しておかなければ、優秀なD#の維持できず、FAで引き抜かれまくるでしょう。

  6. テキサスのガラガラヘビ より:

    チーフスは本当に台風の目ですよね
    フロント7とセカンダリーにあんなにスターがいるなんてジェッツからしたらかなり羨ましいのでは…?

    1. JETS狂 より:

      テキサスのガラガラヘビさん>
      タレントがいたとしても、それを育てて使いこなす能力の問題でしょうね。
      そこはアンディ・リードの手腕を認めざる得ません。
      JETSは、ボウルズ政権が続投のようで来シーズンに彼の真価が問われます。
      最悪のシーズンを糧に頑張ってほしいものです。

  7. みきのり より:

    ワイルドカード
    ○テキサンズーレイダース●
    ○スティーラーズードルフィンズ●

    ディビィジョナル
    ○ペイトリオッツーテキサンズ●
    ○スティーラーズーチーフス●

    チャンピオンシップ
    ○ペイトリオッツースティーラーズ●

    「代わり映えしねえ…」と全米が嘆息する結果になると予想。
    とは言え、個人的にもAFCはパッツに出て来て欲しいんですが。(そしてシーホークスがリベンジする!)

    1. JETS狂 より:

      みきのりさん>
      私も結局、SBはパッツか鉄かと思います。プレーオフでの戦い方を知っている方が圧倒的に強いでしょう。
      しかし、そろそろチーフスがSBに進出しそうな気がしますね。
      イルカさんもタネヒル復活の可能性が残っているらしいので、もしかしたらもしかするかもしれません。

      1. みきのり より:

        さて答え合わせ。
        結局全米から「知ってた」の声が聞こえて来そうな分かりやすい結果に。
        でも悔しいかな、やっぱりパッツの試合は観てて面白いですよ。
        見慣れたはずなのに全く飽きないプレーコール。脱帽です。
        そして今回はさすがに空気圧は無いだろうと思ったら、まさか火災報知器とは。
        ホントに飽きません(笑)

        1. JETS狂 より:

          みきのりさん>
          相手のO#の良さを全部吸収して、相手D#の弱点を突く横綱相撲は完璧でした。火災報知機というトリックプレーも見事。
          ブレイディは天敵のマニングがいなくなり、ますます調子づいてます。
          テキサンズ戦の方がスティーラーズ戦より苦戦するとは、思いませんでしたよ。

  8. 今期はオークランド推し より:

    カーのいないプレーオフは悲しいですが、
    クック君が先発するなら壊されないことを祈ってハラハラしながら見守りたいです。

    今のレイダースOLならば格好はつけてくれるはずです。

    1. JETS狂 より:

      今期はオークランド推しさん>
      マグロは不評のうちに負傷して、クックにお鉢が回ってきましたね。
      14年ぶりのプレーオフ先発がレギュラーシーズン先発していない人とは、めちゃくちゃ緊張するでしょう。
      OLが守ってくれようが、私なら1週間眠れなくなりそうです。

  9. 緑の飛行機 より:

    やはり今だとチーフスに期待してしまいますね。

    NFCは最後の方はバッカニアーズに期待してたんですが(^_^;)惜しかったです。

    やはりドルフィンズやレイダースなど久しぶりのチームがプレイオフに出てくると新鮮な感じがしていいですよね。

    1. JETS狂 より:

      緑の飛行機さん>
      マジメに考えて、チーフスがそろそろSBに行きそうですね。
      個人的にはイルカがパッツをギャフンと言わしてほしいのですが、イルカクォリティでは返り討ちにあいそうです。
      レイダースは勝利しても、QBがカーで無かったらファンは嬉しさ半減ですね。
      いろいろ考えると、楽しみになってきました。

コメントを残す

CAPTCHA