HOME > 試合結果 > 試合結果(2009-2010) > Conference Championships -AFC-
2010年1月25日

Conference Championships -AFC-

NFLイメージ 飛行爆撃vs超対空防御
とうとうきましたAFCチャンピオンシップ、かつリターンマッチ2のコルツ戦。
もといパス攻撃1位vsパス防御1位、新HCvs新HC、殿堂入り確実QBvsルーキQBといろいろな代名詞付きの決戦となりました。

勝てばスーパーボウルに進出するこの一戦に国歌斉唱(巨大星条旗の上を鷹が舞う)から緊張が走ります。

ジェッツはマニングのパスを攻略し、41年振りのスーパーボウルにたどりつけるのか?決戦のゴングです。

[SPONSORED LINK]

▼第1Q
[コルツ]
ファーストドライブからQB”ペイトン・マニング”をILB”デイヴィッド・ハリス”のサックが炸裂し、攻撃を止める。
滑り出しは好調!

[JETS]
ジェッツのファーストドライブはQB”マーク・サンチェス”は捕まりかけながらも得意のサイドラインギリギリにWR”ジェリコ・コッチェリー”へパスを通して1stDown更新。RB”ショーン・グリーン”のランで敵陣突入。
更にスラントするWR”ブレイロン・エドワーズ”へクイックパスを通して敵陣20yd。しかしランを止められてFGで終了。とりあえずFGで先制・・・・。かと思ったらフィーリーが外す!。
やはりこの舞台は緊張するのか?

[コルツ]
強烈なブリッツでまたもQB”ペイトン・マニング”を捕まえ大きくロスさせる。前回は苦戦したD#陣が今回はOLを突破してマニングに届く。激戦でもまれて強くなったか?

[コルツ]
早いパスでD#を崩しにかかるマニング。WR”ピエール・ガーソン”へパスを通して敵陣突入。
次もWR”ピエール・ガーコン”にロングパスを通して敵陣9yd。もうD#を見切られたか!?
なんとか止めて第1Qは両者無得点で終了。

▼第2Q:0-0
[コルツ]
K”マット・ストーバー”のFGで先制される。TDを許さなかっただけでも儲けもの。
0-3

[JETS]
自陣20ydから攻撃。1stDownからWR”ブレイロン・エドワーズ”へのロングパスを通して一気にエンドゾーンへ一直線!!!タッチダウ~~~ン!!!!奇襲攻撃で見事に逆転。
エドワーズは絶対落球すると思ったぞ!!サンチェスは今日も好調。ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ
7-3

[コルツ]
WR” レジー・ウェイン”へパスを通しCB”ダレル・リーヴィス”をかわしてゲインし敵陣突入。アダイのラン。WR”オースティン・コリー”へパスで敵陣 4yd。WR”ピエール・ガーソン”へのパスをCB”ドワイト・ロウリー”がブロック。WR”オースティン・コリー”のTDをギリギリ阻止して3rdDownで残り1yd。
スニークをなんと阻止!!!FGで抑えるが、やはりマニングは強い。
7-6

[JETS]
RB”ショーン・グリーン”のランで突き進み。WR”ブラッド・スミス”のワイルドキャット!!思わずD#が前進するがここはなんとWR”ジェリコ・コッチェリー”へのロングパスで一気に敵陣12yd!元QBって事を皆忘れてたな。(°∀°)b
今日のショッテンハイマーのプレーコールも絶妙。

そしてサンチェス!!ハイプレッシャーを受けながらもまたもTE”ダスティン・ケラー”へTDパスをヒット!!!ブルー一色のスタンド内のわずかなグリーンのファン達が盛り上がる!!!
ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ
14-6

[コルツ]
来た!!!RB”ジョセフ・アッダイ”のハンドオフの瞬間をOLB”カルヴィン・ペイス”が強烈なタックル!!このファンブルをカバーしてターンオーバー!!!!!敵陣から再攻撃!

[JETS]
しかし反則と守備に阻まれ、敵陣35ydからFG。48ydのFGを今度は決めて2ポゼッション差。
17-6

[コルツ]
2ミニッツはマニングの真骨頂!WR”オースティン・コリー”へロングパスで一気に敵陣16yd。そしてまたもWR”オースティン・コリー”へエンドゾーンへのTDパスを通される!。
これが怖いんだよマニングは。(;´Д`)ノ
レイブンズと同様に前半終了間際にTDを決めて精神的ダメージを与え、流れを決して渡さないマニング。
17-13

▼第3Q:17-13
[JETS]
WR”ジェリコ・コッチェリー”へサイドラインギリギリのパス(最近これ多いなぁ)
敵陣に入るも52ydのFGチャレンジ。
しかしこれは難しく今日2本目のFG失敗。

[コルツ]
マニングの反撃が続く。WR”オースティン・コリー”とWR”ピエール・ガーソン”の若手レシーバーを巧みに使い分けて1stDwonを更新しまくる。アダイへのスクリーンパスも抜けて敵陣16yd付近。
最後はWR”ピエール・ガーコン”へTDパスをヒットさせて逆転を許す。
これは止めようがないぞ!(;´Д`)ノ
17-20

[JETS]
ホールディングで下げるもTE”ダスティン・ケラー”へのパスで1stDown更新。
しかしWR”ブレイロン・エドワーズ”の落球でパントで終了。この辺がレシーバーの差。

[JETS]
マニングの攻撃を止めて、攻撃が回ってくるがどうやらRB”ショーン・グリーン”はわき腹を痛めて出場できない模様。ラン攻撃が出なくなってくるがWR”ジェリコ・コッチェリー”へのパスで1stDownをかせぐ。

▼第4Q:17-20
[JETS]
この状況下でもサンチェスは落ち着いている。3rdDownにパスを通して1stDownするが、ランが出ないと厳しい。WR”ブレイロン・エドワーズ”へのロングパスも通らずパントで終了。

[コルツ]
ルーキーWR”オースティン・コリー”がやっかい。確実にレシーブして1stDwonを更新する。
さらに痛恨のフェイスマスクで敵陣19yd。
そしてTE”ダラス・クラーク”にTDパスをヒット。これで10点差。ヤバイ。
17-27

[コルツ]
パスを止めるもイリーガールコンタクト。反則自滅パターンもあいまって悪い流れ。
早いパスと硬いOLでブリッツも届かずWR”ピエール・ガーコン”へのパスで1stDownを更新されまくり敵陣12yd。
打つ手はないのか??
敵陣3yd。4th-1ydギャンブル。と思ったらFG。残り2:30で2TDはもう無理か。
17-30

[JETS]
ここでWR”デイヴィッド・クラウニー”がはじいたボールを痛恨のINT!!2ミニッツ。
これはサンチェスは悪くねぇーな。

[コルツ]
JETS最後のタイムアウトを使用。残り1分で攻撃が回ってくるも2ポゼッション差でも最後まで攻撃を続けるが時間切れで試合終了。
善戦するもやはりマニングの壁は大きくここで夢が潰えました。
17-30

2010/01/24 @Lucas Oil Stadium

  1Q 2Q 3Q 4Q OT Total
ジェッツ   0 17 0 0   17
コルツ   0 13 7 10   30
Game Stats

▼総評
序盤は先制されるも奇襲攻撃で圧倒。前回苦戦したOLも攻略できたつもりでしが、後半から完璧に修正しあとは押されっぱなし。
CB”ダレル・リーヴィス”がいようと4人のレシーバー全員が主力WRで、パスを散らしまくって止めようがない。
特に若手のWR”オースティン・コリー”とWR”ピエール・ガーソン”はどんなパスにもほとんど対応し、若手とは思えぬパフォーマンス。WR”ブレイロン・エドワーズ”に爪のアカを飲ませたい。
特に前半最後にWR”オースティン・コリー”へのわずか2本のパスでTD取られた事が大きくモメンタムを変えました。

マニングも背中に目がついているかの如く、背後からのブリッツが届く寸前にパスを投げる。早すぎるパスにブリッツも消極的になるしかなく、こうなると完全にマニングの世界が出来上がる。スタッツはパス26/39-377yd獲得,3TD,0INT。これは勝てんわ。

しかし対するサンチェスもパス17/30-257yd獲得,2TD,1INT,と健闘。1INTはレシーバーがはじいたボールなので、シーズン中にINTされまくった事からここ4試合で大きく成長しました。今日もパスは素晴らしかった。

ただ攻撃で残念だったのがRB”ショーン・グリーン”が途中でわき腹を負傷し後半はほとんど出場せず。負傷をかかえるRB”トーマス・ジョーンズ”が出るもランがなかなか出すことが出来なかったので、必勝パターンにハメる事ができませんでした。

ミラクルチームの快進撃もここで終了ですが、前半のリードっぷりはコルツのファンを黙らせて、快進撃はただの運では無く十分に強いチームだということを見せてくれました。

いつもより長いシーズンはこれにて終了。レックス・ライアンは本物であり、途中BUSTかと思ったサンチェスも今後はJETSの中心として長く活躍を期待できそうで、来シーズンは必ずやってくれるでしょう。・・・と言いつつもやっぱり無念(T0T)

NFLイメージ :やはり強いデコ兄貴。
実力差は分かっていたが、ああ憎い。
最初のサックで骨の1本でも折ってやりゃよかった。(`ヘ´#)

NFLイメージ :サンチェスは負けるも序盤でINTしまくった時は情けない表情をしていたのに、プレーオフに入ってからはルーキーとは思えぬ落ち着きぶりを見せていました。
サックから逃げる技術もあり、無理せず投げ捨てる判断力も身につきました。大物のニオイがするので、来シーズンが楽しみです。

[引用:NFL JAPAN]

現地24日、AFCカンファレンス・チャンピオンシップのインディアナポリス・コルツ対ニューヨーク・ジェッツ戦が行われ、コルツが30対17で快勝。 2006年シーズン以来となるスーパーボウル出場を決めた。コルツは前半途中に最大で11点差をつけられたが、後半に入ると攻守でジェッツを圧倒し逆転勝 利を収めた。

コルツのクォーターバック(QB)ペイトン・マニングは、パス39回中26回成功、377ヤード、3TDをマーク。司令塔の大活躍によりコルツは計 461ヤード獲得と、リーグ1位の平均失点、喪失ヤードを誇ったジェッツ守備陣を完全に攻略した。また、2年目のピエール・ガーコンがレシーブ11回 151ヤード、1TD、新人オースティン・コリーがレシーブ7回123ヤード、1TDと、レギュラーシーズンで予想外の活躍を見せた若手ワイドレシー バー(WR)コンビがこの大一番でも見事なプレイを披露。そしてジム・コールドウェルHCは、史上5人目となる新人HCでのスーパーボウル出場となった。

コルツは第2Q最初のプレイでキッカー(K)マット・ストーバーのFGによって先制するが、すぐに相手WRブレイロン・エドワーズに80ヤードTDレ シーブを決められて逆転された。さらにコルツは45ヤードのロングパスで再びビッグプレイを許し、ジェッツにTDを奪われるなど第2Q残り約2分で6対 17と突き放される。しかし、マニングがコリーにTDパスを通し、4点差に追い上げて前半を折り返した。

第3Qコルツは、残り約8分にマニングからガーコンへのTDパスが決まって逆転。そして第4Qに入ってもコルツの勢いは止まらない。残り約9分にタイト エンド(TE)ダラス・クラークのTDレシーブ、残り約2分半にストーバーのFGでリードを13点にまで広げた。そして最後は残り約2分にコーナーバック (CB)ケルビン・ヘイデンがINTを奪い、試合を決めた。

ジェッツは、第2Qに攻守でビッグプレイを成功させ、このQだけで17点を奪取。しかし、後半は0対17と力の差を見せつけられた。新人QBマーク・サ ンチェスは、パス30回中17回成功、257ヤード、2TD、1INTと奮闘したが及ばず。また、守備陣の崩壊に加え、過去2試合で計ラン263ヤードを あげていた新人ランニングバック(RB)ション・グリーンが、試合途中の負傷でラン10回41ヤードに終わるなど、リーグ1位のラン攻撃がわずか86ヤー ドにとどまったのも痛かった。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ぷんじん より:

    残念でしたね。
    ランが止められて、点の取り合いに持ち込まれると、やはり分が悪いですな。今シーズンのジェッツだと30点以上取るのは難しいですもんね。
    でもまあサンチェスやグリーンなど将来性を感じさせますから、来シーズン以降オフェンス力の向上が期待できます。
    オフの補強ポイントはWRでしょうか。
    正直今シーズンここまで来るとは思ってませんでした。かえってオロオロしてしまいました(苦笑)。
    ここまで楽しませてもらって、来シーズンにも期待が持てるなんてうれしい限りです。

  2. JETS狂 より:

    序盤の展開で勝てると思いましたが、きっちり相手に合わせて修正できるのがコルツの強さ。
    グリーンの負傷もあいまって、後半はヤラレっぱなしになりました。
    しかしプレーオフの激戦にもまれて、JETSはレギュラーシーズンよりさらに強くなりましたので来シーズンこそSBに行きましょう。
    補強ポイントはたしかにエドワーズよりキャッチできる早いレシーバーですね。ドラフト権をいっぱいブラウンズに渡して、ワシントンの契約も切れ、キャップレスイヤーとなるかもしれない来シーズンの補強が上手くいくか分かりませんが、近年のドラフトでケラー、サンチェス、グリーンと攻撃の即戦力を掘り出しまくっているので期待しています。(ゴルストンは忘れましょ)

  3. ryky より:

    やっぱり第2Qの2ミニッツで魔法が解けてしまいましたね。さすがMVPってところを見せつけられました。ここまでやられるとすっきり諦めがつきます。(思えばワシントンとジェンキンス無しの飛車角落ちでここまできたのがすごすぎでした。)
    ペイトンがいるコルツはうらやましいですが、サンチェスにはああなって欲しくないと思うのは負け惜しみでしょうか…ペイトンぐらいの安定感があると憎たらしすぎるというかもっとハラハラドキドキさせてくれる様なQBになってもらいたいです。(どちらかといえばファーブみたいな、前半のサンチェスは理想に近い感じでした。)
    今オフですがワシントンとは絶対に契約更改して欲しいです。グリーンの成長でジョーンズの後釜はできたような気がしますがやっぱりレオンのスピードは絶対に必要です。ここ何年かの戦い方を見ていてもWRよりもRBのほうが優先順位は高いでしょう。

  4. JETS狂 より:

    コルツには各の違いを見せ付けられました。後半はパス守備1位であったJETSの守備が全く機能しなくなりましたから。ワタシの予想はSBはコルツが勝つと思います。
    ワシントンの不在がグリーンの出場機会を増やして、グリーンを成長させたのですが、やっぱりワシントンがいればビッグプレイとリターンで得点を繋げる事ができるので、ケガを完治させて契約更新が最重要課題ですね。しかしどうなることやら・・・・・

  5. 滑稽本 より:

    何か今シーズンのマニングって人間味が無いプレイしますよね(汗
    1Qこそ得点に至らなかったけれど、もう2Qまでには素っ裸にされちゃうんだから、マニング相手にどう守っても余り意味が無いのかなという気がしてきた・・・。
    前半、ジェッツ超頑張ってたのに、所詮クリリンはサイヤ人には勝てないんですよみたいな泣ける話で_| ̄|○
    マニングとかブリーズとか見てると、得点がインフレしてTDの価値が暴落しますよね(苦笑
    ホントはジェッツみたいに1TDがとても重要なスポーツのハズなのに。
    つーか今シーズンのプレイオフって、フィールドゴール外したチームって全滅してないか?

  6. JETS狂 より:

    攻撃の方が守備より進化しているみたいで、大量得点が多いですね。
    それでも3点のFGを外せば負けるというのがプレーオフの歴史で、JETSもフィーリーが外した時に負けが頭をよぎりましたね。アメフトはこの3点と7点という微妙な得点がゲームをいっそう面白くしてます。
    大量得点でTDのありがたみがなくなる中、JETSのTDのひとつひとつにはお百姓さんのお米ようの魂がこもってますw。(というかワシントンがいなくなったので、ビッグプレイをコンスタントに出すコマが無い。)
    しかし第2形態に変身したマニングには手も足も出ませんでした。マジで序盤に比べて戦闘力がアップしてましたねぇ。グリーンの負傷も痛かったです。(T_T)

  7. 滑稽本 より:

    サンチェスのプレーオフを見てて気付いたんですけど、この人ってフェイク超巧くないすか?
    何か、相手ディフェンスが引っ掛からないのを見た事が無いような…。
    単純にプレーコールの問題とかRBの問題なのかも知れませんけど、丁寧にやってるなーって気がしたんですよね。
    つーかさぁ、ジェッツファンを長年やってて良かったーって瞬間じゃないんですか、今?
    RBもD#も超強力で、サンチェスは未熟と言いながらも肝心なパスをことごとく通すスターっぷりを発揮しましたから経験を積めば大物になるハズで、そうするとパスオフェンスも強くなる???
    んじゃー全部強いんじゃん!!!
    みたいな期待に胸が膨らみますよねこのチーム。

  8. Let's Go Pats! より:

    ジェッツ残念でしたね。しかし巨大な敵に持てる力を全てぶつけて頑張る姿は、正直心を打つものがありました。若い選手の活躍が目立つので来年以降も脅威となりそうで、パッツファンとしてはちょっと憂鬱です。来年もいいライバリーを期待したいですね。

  9. JETS狂 より:

    ポジティブに考えると元はコルツにもらった命。本来はプレーオフに行かずに終わっていた身ですからサンチェスに経験値を積ませただけでもヨシとしましょう。ただしSBはセインツにカタキ取ってもらいます(=_=#)。
    昨シーズンはドルフィンズ、今シーズンはパッツとジェッツがプレーオフに進出して、三国志状態のAFC東は来シーズンも予測不能で楽しめそうです。(ビルズファンの方すみません!)

コメントを残す

CAPTCHA


Top