ミニキャンプ終了

とまず練習終了
最近、忙しくて前回の「ミニキャンプスタート」をUPした時には既に終了してましたw。
さてさて、練習の成果は?


[SPONSORED LINK]

▼サンチェス不発
前回は好調だったサンチェスが今回は超不振。11vs11のドリルでパス10回中1回成功、1被サックと弱点の不安定差がモロに出ました。
7vs7のレッドゾーンでのドリルではケラーに絶妙なTDパスを通したということで、レッドゾーンでの強さは相変わらずのようです。

ティーボウはパス4回中3回成功。1回スナップ時にファンブルしたとの事で、キャンプの仕上げにはちょっと不安な内容となりました。
しかし、HC”レックス・ライアン”はこの時期はこんなもの とコメント。そのとおりだと思いますし、DL”モハメド・ウィルカーソン”がサンチェスの最初のパスを叩き落とすなど、裏を返せばD#が好調なのです。

▼ホームズとヒルは最後までチームドリルなし
負傷のため個別練習をしているWR”サントニオ・ホームズ”とWR”スティーブン・ヒル”は最終日も個別にサイドラインでルートラン。
まぁキャンプが始まるまでに慌てず負傷を直してもらいましょ。

▼D#をシンプルに
常にリーグNo1を目指すJETSのD#ですが、近年TOP5に必ず入るものの、リーグ1位だったのは2009年シーズンだけでした。
今年は複雑で有名なJETSのD#を簡略化する事につとめているようです。

シンプルにする事でグレーな部分を無くして、D#のためらいや混乱を除き、これによりファーストステップが明らかに早くなる。これがJETSのD#復活の方法となるようです。
複雑にすることで、マニングやブレイディのD#を読む能力を混乱させて来たのですが、もはや強化されたDLのラッシュで直球勝負。

O#もD#も今シーズンはスタイルがガラっと変わるようで、意味不明な獲得に走った昨シーズンのオフよりも数倍期待できるシーズンです。

▼負傷回復の速さに驚くS”ラロン・ランドリー”
レッドスキンズから来たS”ラロン・ランドリー”が思いのほか、アキレス腱の負傷の回復が早くて驚いてるとの事です。

ランドリーは2007年ドラフトで1巡全体6位でレッドスキンズに入団。LB並のハードヒットがウリの選手ですが、ここ2年間は負傷に悩まされております。
左足のアキレス腱とハムストリングの負傷で2年間で15試合を欠場と、試合から遠ざかっております。

レッドスキンズの担当医からはアキレス腱の手術を医師から薦められていましたが、それを拒否してJETSの医療スタッフと協力して怪我の回復を進めていました。
手術の代わりにやっている治療法(よく分からない)に効果があったようで、予想を上回る回復の早さに驚いてるとの事。

完全復活すれば、メイビンと同様に元ドラ1の輝きを取り戻して、活躍してくれるでしょう。

▼ドラフト7巡WR”ジョーダン・ホワイト”と契約
やっとの事でドラフト7巡のWR”ジョーダン・ホワイト”と契約しました。
内容は4年で2Mドルでサインボーナス4万5000ドルとの事。

彼はOTAで左足中指を骨折。キャンプまでは練習できない状況です。負傷中かつ7巡目ながらライアンは彼を評価して4年契約したようで、これにはホワイトは大変喜んでいるとの事です。
頑張ってくれたまえ。

コメントを残す

CAPTCHA