Divisional Playoffs2:パッカーズ vs 49ers

脅威のピストル

ディビジョナルプレーオフ2回戦は注目の対決、パッカーズvs49ersです。

49ersといえば、QB”アレックス・スミス”ことアスミスが、脳しんとうを理由に欠場した事が発端となりQB”コリン・ケイパーニック”にスターターの座を奪われました。

しかし、昨シーズンのプレーオフでセインツ相手に逆転勝利を演出したアスミスの方を1発勝負のプレーオフで起用すべきじゃないかという話も出ています。

果たしてケイパーニックは、大舞台でも勝てるQBなのか?その真価を問う試合となりました。

ちなみに1試合目がダブルオーバータイムで延長しまくり、この試合の開始時間までに終了しなかったため、この試合は途中から観戦&疲れすぎて頭がフニャフニャでした。。

  [SPONSORED LINK]

 

▼前半
49ersQB”コリン・ケイパーニック”のパスをCB”サム・シールズ”がINTし、そのままリターンTDを決めて、パッカーズが思わぬ先制。
だが49ersがRB”フランク・ゴア”の45ydのロングゲインで敵陣深くに入り、ケイパーニックの20ydスクランブルでTD。

振り出しに戻ったと思いきや、パッカーズQB”アーロン・ロジャース”がWR”ジェイムス・ジョーンズ”にロングパスを決め、トドメはRB”ドゥジュアン・ハリス”のTDランで、7-14とパッカーズがリードする。

しかし、パッカーズWR”ジェレミー・ロス”がパントの処理をミスってファンブル(俗に言うマフった)!。これを49ersがカバーし、いきなり敵陣9ydにワープ!
このチャンスにクラブツリーに決めて、TD!!
14-14

これに動揺したのかロジャースは明らかなオーバースローでINTされターンオーバー。
このチャンスにケイパーニックは、必殺のスクランブルで敵陣10ydにスルッと前進。だが、興奮したのかボールを叩きつけて相手D#に何か言ったらしくトーンディングの反則を取られて、進んだ分後退。。(´д`lll)
HCハーボーもこれには、怒って地団駄を踏む。

だが、自分のミスは自分で取り返すのが真のQB。敵陣20ydからまたもクラブツリーへTDパスを通して逆転!!
14-21

しかし、さすがはロジャース。返しのO#で無双モードに入り、あっというまにTDパスをヒット!
次の49ersのドライブは、またもケイパーニックの18ydのスクランブルでビッグゲイン。敵陣18ydまで進み、36ydのFGを決めて、前半終了。
49eraが3点リードで折り返す。

ケイパーニックのスクランブルを止める策を考えねば、パッカーズは負けるであろう展開。
21-24

 

▼後半
パッカーズは不安要素のK”クロスビー”がFGを決めて同点に追いつく。相変わらず互角の展開。
24-24

だが、次の49ersのドライブでまたもケイパーニック炸裂!
自陣44ydからケイパーニックがピストルフォーメーションから右にロールアウト。
RB”フランク・ゴア”の正面のランに完全にパッカーズD#が釣られてしまうが、ボールを持っているのはケイパーニック。
DBを一気に加速してぶっちぎって56ydランでTD!!!この足の速さは反則に近いぞ。
(´д`lll)
24-31

次の49ersのO#はクラブツリー、TE”ヴァーノン・デービス”へロングを通してレッドゾーンへ侵入。
そしてまたもピストルフォーメーション。今度は正面からゴアのランが炸裂し敵陣2yd。トドメもゴアのランでTD!!
24-38

ゴアのパワーランも無視できないが、ケイパーニックの超加速ランも止めねばならない。パッカーズは窮地に立たされる。
( ̄Д ̄;;

O#が停滞しているパッカーズをよそに、怒涛の攻めをみせる49ers。
またもピストルからゴアのランが抜けて、26ydのビッグゲイン。クラブツリーもショートパスからラン・アフター・キャッチで稼いで、またもレッドーゾーン入り。

4th-1ydからのギャンブルではパッカーズDT”B.J・ラジ”がエンクローチメントの反則を犯して、自滅で1stDown更新を与えて、パッカーズD#崩壊。
 (;´Д`)ノ

このドライブも49ersがTDを決めて、これで49ersが3シリーズ連続でTDを奪い、パッカーズが絶望的な点差をつけられる。
24-45

ロージャースも根性で1本返すが、終盤にきてのD#崩壊では追いつく時間もなくタイムアップ。
31-45

49ersがパッカーズ相手に45点も奪うハイパーO#で勝利です。

 

2013年01月13日 @キャンドルスティック・パーク

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
パッカーズパッカーズ (11-5-0) 14 7 3 7   31
49ers49ers (11-4-1) 7 17 7 14   45

  1. ブーマー より:

    解説の松本氏も散々言っていたが、
    なんでNFLにおいてオプションプレーが
    こんなに出るんだよw
    そしたらウチも早々にティーボウにやらせておけば・・・。
    いや、パス能力が数段落ちるから駄目かw
    しかしモビリティーのあるQBの居るチームの
    試合は素直に楽しい。
    まさにIt’s fun to watch.
    ケイパニックはマイケルオアと同様に
    なんか応援したくなりますなぁ。
    アトランタにも勝ってSB行くと思います。
    しかし水野、松本両氏ともに来年は
    オプションは出なくなるといっていたなぁ。
    どうなんだろ?

    1. JETS狂 より:

      ブーマーさん>
      昨シーズンはパス主体が流行って3000yd越えがザラでしたが、一転してオプションが主流となりましたね。
      主流と対策のイタチごっこになって、たまたまウィルソンやケイパーニックが旬にハマッた感があります。

      ティーボウはパス下手で、むしろ投げさせたいと相手D#もスクランブル防止に注力できるので、ダメでしょ。
      個人的には49ersがファルコンズを倒すと思うのですが、地味ながらもファルコンズは全能力の平均が高いために、逆に注目されにくかったのかも。

      SB進出チームが決まる週末が楽しみです。

  2. Paracelsus55 より:

    個人的な考えですみませんが、

    おそらくこのRUNは

    コリン君のQBとして正熟するまでの一過性の

    ものだと思います。

    PASS自体鋭いものがありますし、

    あくまでも、システムの一部でPASSを生かすためのRUN。

    いざという時は出すでしょうけれど・・・。

    どなたかが、

    「R&Sと同じ運命をたどる」

    と書き込みされていました。

    でも一部に過ぎないのですから、大きく違うと思いますよ。

    しかし・・・、

    コリン君、歯に加速装置でも仕込んであるんですかね?

    1. JETS狂 より:

      Paracelsus55さん>
      でましたね。わかる世代にしか分からぬ奥歯に加速装置ネタ。
      ウィルソンの加速にもビビりましが、ケイパーニックの加速力にもビビリました。最近のQBは全員サイボーグでしょうか。
      ゴアのパワーランやデービスの超人的な運動能力は元より、レシーバはクラブツリーが育って、O#の幅が広がり近年最強です。

      大量リードして追いつかれて、そしてギリギリ逆転勝ちしたワケわからんファルコンズ相手に、どのような戦いを見せるのか楽しみですね。

  3. Paracelsus55 より:

    >でましたね。わかる世代にしか分からぬ奥歯に加速装置ネタ

    恐れ入ります。

    他ならぬ、JETS狂様なら
    Paracelsus55、
    判って頂けると信じておりました。

    1. JETS狂 より:

      Paracelsus55さん>
      しかしながら、年がバレるので、多様は避けたいですねw。

コメントを残す