ドラフト2014:4巡から7巡

NCAA Football: Oklahoma at Texas Christian
PICKが多いと正直、しんどい

ドラフト3日目は一気に4巡から7巡のPICKを行いますが、今回は総PICK数12かつ、特にトレードUPも無かったので12個全て使い切りました。

まとめるのも一苦労です。 [SPONSORED LINK]

 

4巡

・4巡4位(全体104位):WR”ジェイレン・サンダース”
(Jalen Saunders)
身長/体重:175cm/75kg
From オクラホマ大
※昨年のリーヴィスのトレードによりバッカニアーズより譲渡PICK

→TEは獲得したが、4巡でやっと本職のレシーバーをGETしました。
WR”ジェイレン・サンダース”は、カレッジ1年目はフレズノ州立大にてQB”デビット・カー”と組んで好成績を残すものの、その後オクラホマ大に転校し3年先発を勤めました。
175cm75kgと小柄ながらフィジカルは強く、40yd走4.4秒というスピードを持っており、JETSに必要なディープのターゲットです。

さらにパントリターンでは昨年、平均15ydかつリターンTD2回というSTとしても優秀です。

 

・4巡15位(全体115位):WR”シャック・エバンス”
(Shaq Evans)
身長/体重:185cm/97kg
From カリフォルニア大学ロサンゼルス校

→4巡でまたもWR。WR”シャック・エバンス”は先ほどPICKしたサンダースと異なり、体格を生かした局地戦に強いWR。
スピードは少々劣るものの縦に飛ぶ競り合いに強く、昨年はレッドゾーン内からのオフェンスで8回TDレシーブを決めております。
かつてJETSに在籍した”ジェリコ・コッチェリー”にも似たタイプです。

 

・4巡37位(全体137位):OT”ダコタ・ドージア”
(Dakota Dozier)
身長/体重:193cm/142kg
From ファーマン大
※補填PICK

→一応、FAで補強はしたもののOLもGET。

ファーマン大で4年間先発を勤めたLT。パスプロよりランブロック能力に長けており、ニックネームは「ブル」と呼ばれていました。

昨年の2013年ドラフトでG”ブライアン・ウィンタース”、T”オダイ・アボウシ”、G”ウィリアム・キャンベル”とOLを3人獲得し、さらに今年も獲得。
OLはCとLT意外はどこでも入れるチャンスがあり、ポジション争いが熱いです。

 

5巡

・5巡14位(全体154位):ILB”エレミヤ ・ジョージ”
(Jeremiah George)
身長/体重:180cm/106kg
From アイオワ州立大

→”エレミヤ・ジョージ”はサイズは無いもののスピードがあり、スペシャルチームに必要な選手。
“デビット・ハリス”は今年、契約最終年である上に、元より層が薄いILBのバックアップとしても必要です。

  1. カゲ より:

    更新お疲れ様です。
    わかりやすいです。
    これほどたくさんドラフトでとると
    一体 誰がロースターに残ってくるのか楽しみです。
    開幕待ち遠しいです。

    1. JETS狂 より:

      カゲさん>
      すごい誤字脱字すみません。ちょこちょこ訂正していきます。
      毎年、全員に期待を寄せるのですが、スティーブン・ヒルみたいに上位なのにガッカリしたり、アントニオ・アレンのように7巡なのに活躍をしたり、全員選りすぐりのアスリートだとしても、チームにフィットしているかどうかは分かりません。

      レックスの息子の同級生QBは、コネ入団とか言われないよう頑張ってほしいものです。
      (個人的にマット・シムズを評価してるので微妙ですが)

  2. ぷんじん より:

    3巡までWRの指名がなかったですが、終わってみれば結局DBとレシーバーをたくさん指名して、needsを埋めたってところでしょうか。
    願わくば、取った選手が当たりでありますように(合唱)。

    1. JETS狂 より:

      ぷんじんさん>
      デッカーを筆頭に逆にかつてないぐらいWRだらけになりました。
      これだけいたら、使い物になる人いるでしょう。あとはパスを投げる人の問題ですな。。

  3. YM5 より:

    カレッジも見ているとはいえ基本的にフォローしているのはオレゴン州立とシラキュースだけだし(Twilogを振り返ってみたら2年前のツイートで既にクックスの事を書いていたのには笑いました)ドラフトされる選手の9割は知らない訳ですが、正月のオレンジボウルでクレムゾンを勝利に導いたタージ・ボイドをここで指名しましたか。

    正直サミー・ワトキンズの方が目立っていたし、全米優勝経験のあるティーボウやマッケルロイ(ついでにトレント・リチャードソン)が全くNFLではダメだったようにQBの活躍は自分だけの力じゃないんですよね。マンゼイルもそこまで僕の興味を持たせる存在ではなかったですし。

    僕の聞いた話ではボイドは3巡くらいとの話だったので去年のジーノほどではありませんが随分スリップしたなという印象ですが、お買い得だったとはいえNFLでプレー出来るでしょうか。

    GAORAのドラフト中継で僕のツイートが紹介された事が一番のサプライズでしたが、イーグルスのキャップが欲しいと日本中に晒されるなら2年前から注目していたクックスが指名されて嬉しいと書くべきでしたねw

    これまでジェームズ&ジャッキズのロジャース兄弟(ともにATL)、マーカス・ウィートン(PIT)、ジョーダン・ポイヤー(PHI→CLE)、ブランディン・クックス(NO)と注目していた選手が次々NFL入りしていますが、来年は2011年からTwitterで名前が出ているストーム・ウッズとショーン・マニオンが来ますよ、と今のうちにここで書いておきましょうか。

    性懲りもなく下位でマニオンを指名したりして……と、今からシーズンの開幕を楽しみにしています。

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      正直、PICKが多いとはいえQB獲るくらいなら、SかCBをもう一枚欲しかったんですけどね。
      ヴィック&ジーノという鉄壁の先発がいる上に、これまで下位のQBが生き残った例がないので、余計にもったいない事をした気がします。
      (ドラフト外のマット・シムズが3年いるのは奇跡的)
      GAORAといえば、私はこの時期GAORAに加入してないのにプレゼント欲しさでめっちゃツィートしまくりましたw。

コメントを残す