【2016:今週のAFC東】Week10

トム・ブレイディ リチャード・シャーマン tom・brady
頂上決戦、再び

JETSがラムズと凡戦を繰り広げた後のサンデーナイトに、ペイトリオッツ vs シーホークス という スーパーボウル49のリターンマッチが行われました。

 スーパーボウル49では、シーホークスが試合終了直前に敵陣4ydまで進み、ペイトリオッツの喉元に剣を突き立てるような状況に迫りながらも、奇跡的なインターセプトによりペイトリオッツが逃げ切ったのですが、今回もラストまでもつれる死闘となります。

 

今週のAFC東はどない?

[SPONSORED LINK]

ペイトリオッツ 24-31 シーホークス

王者同士だけあって、互いに逆転を繰り返すシーソーゲームを展開。互いのレシーバー陣が変態すぎて、見ごたえのある内容となりました。

7点差を追うパッツは残り43秒に敵陣2ydに攻め入り、勝負はオーバータイムに持つれこむかと思われたが、ここでリーグ最強のシーホークスD#が爆発。

鉄板のブレイディのスニークを防ぎ、4thDownでは最強のホットラインであるグロンコウスキーへのTDパスを阻止して、シーホークスが逃げ切りました。

 

ブレイディは復帰後、初の敗北。しかもヤケクソ気味に投げたロングパスをインターセプトされる失態も見せました。

 今シーズン、止めるのは不可能と思われていたブレイディも、やはり人の子。

ジェッツにも、勝機はある!?(いや、たぶんない)

  1. NIKI NIKI より:

    PATS負けてしまいました。そのせいなのか、なんなのか、気になる事が・・・。
    NFL JAPAN に羊さんのルーキーQBの事が載っていました。
    「ゴフの初戦の相手は守備陣に定評のあるドルフィンズとなるが、その後のスケジュールは比較的こなしやすい相手となる。・・・・・」
    ルーキーQBさんはブリーズやライアンやTB12より点が取れるってことですか・・・。困った・・・。
    比較的こなしやすい相手と言われてしまったからには、ぜひとも勝たねば。
    それと、G+の放送予定から NE @NYJ 消えてしまいましたよ。

    1. JETS狂 より:

      NIKI NIKIさん>
      これは笑いました。ラムズのドルフィンズ以降の相手って、セインツ、シーホークス、ペイトリオッツ、ファルコンズ、カーディナルス と、49ersを除けば格上しかいない気がしますが、「比較的こなしやすい相手」とは、どういうことなんでしょうか。
      ゴフのパフォーマンスが楽しみになってきました。あ~くわばら、くわばら。。

      で、JETSの放送が消えたとのことで、そんな事は気にしないです。 それは期待を裏切ったJETSの責任ですよ。
      私も自身、今までGAORAとG+を含めたパック契約だったのに、G+しか見ないぐらいなら、もうゲーパスとBSだけでいいと思って、G+を解約しました。
      NFL倶楽部はBSで見れますし。
      これもGAORAの責任です。来シーズンは頼むぞGAORA!

  2. 負海豚根性 より:

    ゴフにはプロの洗礼を浴びせて差し上げますよ・・・・
    一応兄者のデビュー戦でプロの洗礼を浴びせたのは我が海豚なんでね。

    ぶっちゃけ兄者のような偉大な選手にプロの洗礼を浴びせた過去ぐらいしかポジティブな要素が見えないのでね。

    愛国者との試合で、「ガロポロだかポロポロだか知らねぇが、お前なんてボロボロにしてやる!!」と息巻いてボロボロにされたところがそんなことを言っても説得力がありませんが・・・

    1. JETS狂 より:

      負海豚根性さん>
      もはやパッツに勝ち星を献上し続けるAFC東の奴隷の中で、今パッツに歯向かえるのは、もはやイルカさんのみ。
      グフだか、ザクだか、ゴフだか知りませんが、そんな大量生産されたモビルスーツみたいな名前のQBなんざ、やっちまってください。
      パッツはジェッツが食い止めますぞ!
      (負けたらゴメンなさい。)

    2. :ちなNE より:

      >>負海豚根性さん

      ガロポロならボロボロにしてくれたじゃないですか―やだー(ケガ的な意味で)

      アジャイーなんて怖くねえ!野郎オブクラッシャー!!ってな感じでWeek17オナシャス!

  3. みきのり より:

    SB49のリベンジやったりました!
    でもあれだけゴール前攻め込んで(攻め込まれて)点にならないってのはモヤモヤしますなあ。
    D#が頑張ったというより、O#に不甲斐なさを感じてしまうんですよね。
    勝ったからいいけど。

    話は逸れますが、SEAよりNYJより今年はカウボーイズに釘付けです。
    プレスコット、エリオット、ブライアントでネオ・トリプレッツ襲名ですね。
    特にエリオットはまさにリアルアイシールド21。
    オフ企画はやっぱり「ロモの名は。」でいいんじゃないでしょうか。

    1. JETS狂 より:

      みきのりさん>
      まさにラストシーンにシーホークスの執念を感じました。よくやったシーホークス!
      それにしても、羨ましいのはカウボーイズ。ロモが逝ったときはシーズン終わったと思ったらこれですからね。
      最後に全員ぶち抜いて勝利に導くエリオットはIC21級の奇跡を呼びます。
      (見た目はイカついが。)
      私ももう、「ロモの名は。」で、いいような気がしてきました。

  4. 11. より:

    Jets狂さん、こんばんは
    そうかぁ~、今年はAFC Eastと対戦だったのかぁ…
    Week 14でウチでやるらしいんで、お手柔らかにお願いしますね
    ウチもウエンツやプレスコットやエリオットのような若手が欲しいわぁ…

    1. JETS狂 より:

      11.さん>
      どちらもプレーオフへの気持ちは切れてそうで、「負けるが恥だがドラフトの役に立つ」状態。
      パッツ以外なら勝ちも負けもどっちでもいいです。
      しかし本当にダラスはQBとRBというO#のスキルポジションの当たりを同時に引くなんて羨ましすぎる。
      JETSもいつになったら引けるのか・・

コメントを残す