【JETS】CBモリス・クレイボーン(元ドラ1)を獲得&その他

Morris Claiborne モリス・クレイボーンとトニー・ロモ
リーヴィスの代わりとなるか?

ようやく契約がらみで新たな動きがありました。元ドラ1をゲットですよ!

[SPONSORED LINK]

CB”モリス・クレイボーン(Morris Claiborne)”を獲得。

現時点で正式発表ではありませんが、複数ソースが報じているので獲得は間違いないでしょう。JETSはこの度、元カウボーイズ所属でFAとなったCB”モリス・クレイボーン”と契約いたしました。
(追記:契約は1年5M以上 とのこと。)

 

CB”モリス・クレイボーン”は2012年ドラフトにて、カウボーイズがドラフト1巡(全体6位)で獲得。
カレッジ時代はルイジアナ州立大(LSU)にて、最高のDBに贈られるジム・ソープ賞を受賞しました。

 

しかし、2012年は手首のケガ。2013年はひざとハムストリングのじん帯断裂。2014年は左の膝蓋腱(しつがいけん)を痛め、さらに2015年は足首を負傷。昨シーズンの2016シーズンは鼠径(そけい)部を負傷したため7試合に出場、26タックルと1INTという成績でした。

 彼は、カウボーイズに所属していた間の80試合中47試合しか出ておりません。
・・・・つまり、完全なるBUST(期待はずれ)です。ケガの頻度がCB”ディー・ミリナー”なみに酷い!

 

近年のJETSのドラフトCB事情は、ドラフト上位で獲得したCB”ディー・ミリナー”やCB”デクスター・マクドゥーグル”がキャンプやシーズン序盤で負傷して速攻で戦線離脱し、全く役に立たないケースが目立ちます。

 彼がロングパスをガンガン決められて崩壊したJETSのDBを建て直す材料になるかどうかの前に、まずケガの方が心配で仕方ありません。

元JETSのCB”ダレル・リーヴィス”は無罪

先日お伝えしたリーヴィスの裁判が延期の末にようやく行われました。5つもの罪に問われたさ裁判の結果は「無罪」です。

 詳しい話はNFL JAPAN の記事を参考にしてもらうとして、リーヴィスは裁判をするさいに、その財力でスティーラーズの選手たちもお世話になっているピッツバーグの凄腕弁護士を雇ったわけです。なので、私はリーヴィスが勝つと信じていました。

裁判所は真実を追究する場所ではありません。事実がどうであれシロクロつけるだけの場所なのです。真実なんて誰にも分からないし裁判ではどうでもいいことなのです。

(映画「それでもボクはやっていない」からの教訓)

 

しかしながら、無罪とはいえNFL内の規範と照らし合わせる必要があるので、リーヴィスに出場停止処分が下るかどうかはまだ決定しておりませんが、「無罪」となればリーヴィス獲得に本格的に乗り出すチームも現れるのではないでしょうか。

TE”セフェリアン・ジェンキンス”が2試合出場停止

昨シーズンの途中で獲得した元バッカニアーズのTE”オースティン・セフェリアン・ジェンキンス”に2試合の出場停止処分が下りました。理由はよくある不正薬物の使用です。

 

この選手、バッカニアーズ時代のみならずカレッジ時代から飲酒運転など素行の悪さが問題でした。バッカニアーズが彼をカットした理由も飲酒運転&スピード違反でした。

 巨体かつレシーブが旨いというポテンシャルの高さはありますが、この懲りない素行の悪さを改善しなければ役に立ちません。

 

 ・・・ということで、JETSのニュースは基本ネガティブです!
(ハイタワーも結局、パッツに戻ったしね)

  1. ねくすと より:

    こんにちは。

    ハイタワーがペイトリオッツに戻ってくれて、やれやれです。
    ジェッツは獲得のためにお母さまへのプレゼントもしてくれたと、NFLジャパンにありました。
    荒くれどもの巣窟かと思っていたNFLですが、ちょっとお茶目なところもあるんだなと思いました。

    ただ、最近のNFLジャパンを読んでいると、やたらにブレイディやペイトリオッツを持ち上げた書き方なので、正直、来シーズンを心配しています。有頂天になった時には既にピークは終わっていますので。
    勝っても負けても、ブレイディと愉快な仲間たちが、無事にシーズンを戦い抜いてくれることを願ってます。
    特に、グロンコウスキーに言えるのですが….。

    まさか、次のマッデンのカバーがブレイディなんてことはないですよね?
    (パッツネタばかりですみません)

    1. JETS狂 より:

      ねくすとさん>
      やはりブレイディがNFLの主役であり、一番メジャーな彼を中心にしたほうが新規ファンも分かりやすいと思うので、NFLジャパンの方向性は分からないものでもありません。
      その光が強いほど、因縁のライバルである我らがJETSの影が濃くなりますね。。
      ブレイディは別のアメフトゲームのカバーにはなった事がありますが、マッデンは無いですね。結構、ジンクスを嫌う選手もいるらしいのでブレイディもそうなのでしょう。

      しっかしハイタワーがジェッツやスティーラーズに接触した目的が、FA市場で自分の価値を測るためだけだったとは。プレゼント返せ!

  2. 自称日本一のカウボーイ より:

    実は昨シーズンも怪我してます(確か骨盤)。それでも怪我する前まではAJ グリーン 等 他チームのエースレシーバーといい勝負してましたから怪我さえなければ活躍できる可能性はあります

    1. JETS狂 より:

      自称日本一のカウボーイさん>
      漏れなくケガしてましか。後で追記しておきます。ありがとうございます。
      ケガはダラスの芝が合わなかったという事で、JETSではバリバリにやってくれることに期待します。
      別カンファレンスなので、チームは違えど彼の応援をよろしくお願いします。

  3. Dc14 より:

    昨年確か骨盤怪我してます

    1. JETS狂 より:

      Dc14さん>
      別のダラスファンからも指摘を受けましたが、毎年確実にケガする人なんですね。
      柔軟体操をしっかりするとか、毎日牛乳を飲むとか対策はしなかったのでしょうか。
      JETSに来たら無事故でお願いしたいです。

  4. テキサスのガラガラヘビ より:

    たった今公式Instagramをチェックしたところあのアゴ野郎がNYGへという投稿を見て驚きを隠せません。
    どんな目的で獲得したのか見当もつきません…

    1. JETS狂 より:

      テキサスのガラガラヘビさん>
      アゴ野郎は上手くNYGに移籍したようですね。
      イーライとアゴ野郎って、2013シーズンの被INT数No1とNo3ですよ。先発経験が豊富とはいえバックアップに困っていたでしょうか。
      チームを代えたとはいえ、まだメットライフにロッカーがあると思うと「しつこいなぁ。」と思ってしまいます。
      (どんだけ嫌いやねん。)

  5. 江戸川橋博士 より:

    モーリス・クレイボーンのドラフトの時、バッカニアーズは1巡7位を持っていたので、
    指名するかと思ってたのですが、カウボーイズが1巡6位へトレードアップして指名、
    結局バッカニアーズは1巡7位でSマーク・バロンを指名という経緯。
    ただ、そのマーク・バロンも既にバッカニアーズにはいませんが・・・。

    1. JETS狂 より:

      江戸川橋博士さん>
      そういえばマーク・バロンっていましたね。JETSに欲しいと思っていたので印象深いです。
      調べると3年しかバッカニアーズにおらず、ラムズでしたか。
      時間の流れは速いです。

コメントを残す

CAPTCHA