HOME > NEWS > NEWS(2018-2019) > 【NFL 2018-2019:ワイルドカードプレーオフ3】ロサンゼルス・チャージャーズ vs ボルティモア・レイブンズ
2019年1月8日

【NFL 2018-2019:ワイルドカードプレーオフ3】ロサンゼルス・チャージャーズ vs ボルティモア・レイブンズ

チャージャーズ レイブンズ
フラッコは出ぬのか!フラッコは!?

シーズン中にスーパーボウルを制覇したQB”ジョー・フラッコ”から、ハインズマン賞を受賞したドラ1QB”ラマー・ジャクソン”へ先発交代をはかったレイブンズ。それが当たりレイブンズは、プレーオフ出場を決めました。

注目は、もはや絶滅危惧種のモバイルQBである”ラマー・ジャクソン”のスタイルがどこまで通用するかです。

 

そして、久しぶりにプレーオフに出場したQB”フィリップ・リバース”がリーグ1位のレイブンズD#にどう対抗するかも見ものです。

さぁ、どうなる!

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

ハイライト:Youtube

GAME CENTER(NFL.com)

 

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

チャージャーズ

6

6

0

11

23

レイブンズ

0

0

3

14

17

総評

開始当初からレイブンズQB”ラマー・ジャクソン”が浮足立って、ファンブル連発。

加えて、チャージャーズが用意したジャクソン封じの手段が、最大7人のDBをフィールドに入れ、スピードでジャクソンのスクランブルを封じるというもの。

この策が当たり、ジャクソンは前半無得点かつ、後半途中にはパスが「マイナス2ヤード」という「お前はダルトンかよ!」と突っ込みたくなる最悪のパフォーマンスを見せます。

 

しかし、一方でチャージャーズQB”フィリップ・リバース”も、スクリメージラインに全員をズラっと並べて津波のように襲い掛かるレイブンズのパスラッシュに大苦戦。

パスプロが全く持たない状況でスローしなければならず、再三のチャンスをFGで終わり、結果5本もFGを蹴る事になりました。

 

第3Qの終盤には点の取れないQB”ラマー・ジャクソン”にレイブンズファンのフラストレーションが限界に達して「フラッコへ変えろ」と声を上げる輩も出る始末。
(私はツィッターで騒ぐだけ)

しかし、レイブンズHC”ジョン・ハーボウ”はプレーオフ出場に貢献したジャクソンを信用し、最後まで起用する事を決めると、ジャクソンもそれに応えて第4Qに2本のTDを連取し、絶望的な状況から1ポゼッション差に迫ります。

 

これには客も盛り上がり、チャージャーズに動揺が走ります。

しかし、最後はジャクソンのファンブルロストでゲームオーバー!

チャージャーズが2回戦に進出し、リバース念願のスーパーボウル出場に1歩近づきました。

 

チャージャーズ フィリップ・リバース

チャージャーズQB”フィリップ・リバース”のスタッツは、パス22/32回160yd、0TD、0INT。

とにかくレイブンズのパスラッシュがえげつなく、リバースが長いパスを投げるスキを作らせません。

かつてパンサーズがプレーオフでも全く敵を寄せ付けない圧倒的な強さでスーパーボウルへ進出した時のD#を思い出しました。
(そしてスーパーボウルでブロンコスにボコられる)

この勝利はD#と、5本のFGを決めたK”マイケル・バッジェリー”のおかげでしょう。

 

ラマー・ジャクソン ジョー・フラッコ レイブンズ

一方、フラッコの隣に座りながらも会話どころか目も合わさないレイブンズQB”ラマー・ジャクソン”のスタッツは、パス14/29回、2TD、1INT。ラン54yd。3ファンブル、ロスト1。

得意のスクランブルを仕掛けるもチャージャーズD#に捕まり、なんと7被サック。
(チャージャーズは1被サック)

“マイケル・ビック”しかり、”ビンス・ヤング”しかり、”ティム・ティーボウ”しかり、このスタイルでレギュラーシーズンは勝ち抜けても、スーパーボウルには到達しないのです。
(コリン・キャパニックは例外として。。)

 

そして、レイブンズHC”ジョン・ハーボウ”が「フラッコは高く売れるぞぉ」と言ってるという記事がNFL JAPANに掲載されておりました。

QBフラッコは市場で売れるとレイブンズHCハーボー

共に苦労して制したスーパーボウルは何だったのか。所詮、ビジネスの世界なので仕方なしです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. T.Takahashi より:

    烏党にとっては残念な結末でしたが、ご指摘の通りレギュラーシーズンでは好調だったジャクソンに一抹の不安があったのも事実です。
    こうなったら華麗なる変わり身でボルツの応援へ鞍替えします

    1. JETS狂 より:

      T.Takahashiさん>
      どうしてもこのスタイルは弱点が露骨に出ますね。パッシング能力は不可欠で足は切り札であり、逆では勝てません。
      来シーズンまでにはジャクソンのパス能力向上が課題になりますが、経験上こういうQBって足を制限されるとつぶれるので、難しいです。

  2. みきのり より:

    それにしてもジャクソンの悪人顔はここ数年のNFLでも群を抜いてますね。
    フラッコと話す気も無いのに隣にドカッと座る傍若無人さもたまりません。
    来季以降ますます楽しみな逸材ですが、確かにここまで極端なプレースタイルだと旬が短そうで心配です。

    フラッコはどこ行くんでしょうねえ…

    1. JETS狂 より:

      みきのりさん>
      ヘルメットとったら、完全にギャングです。フラッコもあれに隣に座られたらビビって、「俺に代われ」と言えないでしょう。
      先発にこだわらなければフラッコの需要は大いにあると思います。しかし、ルーキーからカラス一筋なので他に移籍するとどうなるかも気になるところです。

  3. ふて猫 より:

    これでPATSの対戦相手は、チャージャーズに決まりましたね。リバースは、PATS相手でもタッチダウンパスを連発出来るのでしょうか?

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      ここで会ったが百年目。パッツごときリバースなら木っ端みじんに粉砕してくれると信じています。
      もうパッツしか出ないチャンピオンシップはいやや!

  4. 一大率 より:

    HaHaHa…本当に目も合わさないFlaccoとJacksonでしたね。私はCBSの中継を観てるんですが、繰り返し繰り返しこの二人を映してましたね。RG3が二人のご機嫌取りをしている映像が流れたときに、思わず笑ってしまいましたね。おっしゃる通り、レギュラーシーズンはかつ抜けても、ですね。Chagersは#54がOLだし、#42がLBなこともあり、このゲームは50番台がいないLine Backersでした。

    1. JETS狂 より:

      一大率さん>
      中継で終盤はずっとこの2人をカメラが追っかけていて、面白かったですん。
      とくにジャクソンの顔が怖かったです。相当、仲が悪いんですかね。
      RG3のご機嫌取りは見逃したので、それも見たかったです。

  5. スパイガラス より:

    壊れなかったけど・・・BALファンにとってはストレスフルな試合でした。
    けど、ジャクソンはもとより素材型ピックで、1年は勉強する予定でした。ルーキーでいきなり重荷を背負わされた割には、頑張ってくれたと思います。
    でも、パス下手だな・・・オフに勉強して。あと、ちゃんとスライディングして。見てられん。

    ディフェンスはかなり頑張りましたが、いざというとき破られるのが22ジミー・スミス。早く若手が成長してポジションを奪ってくれないと、あそこから堤防決壊です。

    リバース、頑張れよ!

    1. JETS狂 より:

      スパイガラスさん>
      たしかにジャクソンはフラッコの後釜として、このシーズンは出る予定ではなかったのでしょう。
      来シーズンの成長に期待するしかありません。
      お疲れ様でした。

コメントを残す

CAPTCHA


Top