【2017-2018:プレビュー】やっとCSでLIVE中継のWeek12

パンサーズ sexy
地上波組にはJETS初登場

シーズンもクライマックスへ向かうWeek12で、相手はNFC南で首位争いをしているパンサーズ。

NFL JAPAN の番組表には反映されていませんが、日テレG+ でLIVE中継があります。

昔に比べて仕事が粗いNFL JAPAN を叩いても、サイトが無くなると困るので私は何も言わないよ。

[SPONSORED LINK]

事前情報

・CB”モリス・クレイボーン”、先週の試合で足を捻挫したらしいが、今週の練習には復帰

・RB”マット・フォーテ”、まだ足が悪いようで練習に不参加

・パンサーズTE”グレッグ・オルセン”がIRから復帰

インジャリーリスト

・発表され次第、更新。

どうなる パンサーズ戦

ジェッツにとって超悲報なのが、リーグトップクラスのTE”グレッグ・オルセン”がジェッツ戦で復帰するということです。

この局面でニュートン最良のターゲットが戻ってくるのは非常に問題で、ただでさえニュートン対策が必要な上に、オルセン封じも考えなければならず、ルーキーSの二人は負担が増大です。

 

先週がByeWeekだったので、久々にMADDEN NFL 18 にてパンサーズ戦をプレビューしてみました。

言うまでもなく警戒すべきは、ニュートンのスクランブル。プレビューでも追い込んだと思ったら、スクランブルでD#を3人ぐらい抜かれて40ydぐらいゲインを許しています。

DB相手に1vs1だと抜いてしまう身体能力は非常にやっかいです。

そのニュートンを支えるRB”ジョナサン・スチュアート”のランを止めなければ、 まず話にならない事に加えて、WR#17”デビン・ファンチェス”も非常に厄介で、1vs1のマンカバーだとJETSのD#は誰もついていけません。

 

ビルズ戦のテイラー対策のようにラッシュを仕掛けてニュートンを封じなければなりませんが、ニュートンはテイラーにプレースタイルは似ているものの、完成度ははるか上の選手。

どこまでニュートンを捕らえる事ができるか分かりませんが、純粋にパスカバーで対決すると負ける上にニュートンに走られまくるので、パッシングシュチュエーションでは捨て身でニュートンを潰しにかかるしかありません。

ここはパンサーズを出されたDE”コニー・イーリー”の古巣に対するリベンジに期待したいところです。

 

O#に関しては・・・とにかく「多すぎる反則を無くせ」としか言えません。D#も。

もはや真の敵は「己自信」といった感じです。

今週の勝利への金言

敵がどうこう以前に反則するな

以上

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ふて猫 より:

    兎に角反則で自滅するパターンは回避して欲しいですね。苦戦は必須ですが、どうか粘り強く試合を進めて、チャンスを物にしたいですね

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      最近の反則の多さは本当にまともに試合を見てる気にならないので、やめて欲しいです。
      強敵ばかりとの連戦となるので、ここで勝ってプレーオフ争いに勢いが欲しいですね。

  2. ツヨシ より:

    反則自滅は勘弁ですよね!

    1. JETS狂 より:

      ツヨシさん>
      黄色の旗が飛ぶたびにゲンナリします。JETSが悪いというより、今シーズンの裁定がすごい厳しいようにも感じますね。

コメントを残す

CAPTCHA