HOME > NEWS > NEWS(2018-2019) > 【ジェッツ】新HCは元ドルフィンズのアダム・ゲイズに決定!
2019年1月11日

【ジェッツ】新HCは元ドルフィンズのアダム・ゲイズに決定!

アダム・ゲイズ ジェッツ
トッド・ボウルズに比べたら、誰でもマシさ!

あちこちでHCが解雇されまくり次々と新HCが誕生しておりますが、予想より早くジェッツも新HCが決定しました。

[SPONSORED LINK]

ジェッツ17代目HCはアダム・ゲイズに決定

ジェッツは今シーズンの終了後に、低迷の元凶”トッド・ボウルズ”を解雇し、CEO”クリストファー・ジョンソン”とGM”マイク・マッカグナン”は新たなHC探しを始めました。

数人の候補と面接した結果、ジェッツがHCに選んだのは、なんと昨シーズンまで同地区のドルフィンズのHCであった”アダム・ゲイズ”だったのです。

 

当初は、元パッカーズのHC”マイク・マッカーシー”が有力だと言われていましたが、どうやらマッカーシーの2019年はHC職より家族を大事にする方向のようで、どこのHC職にも就かない事が濃厚です。

 

ジェッツのHCは長年の間、元DCでしたので、最初からHC経験がある人間が来るのは新鮮です。

さらにオフェンス畑ですから、ラムズがQB”ジャレッド・ゴフ”のために、元レッドスキンズのOC”ショーン・マクベイ”をHCに据えて大成功したように、ダーノルドとゲイズがマッチすれば、長年の悩みであったO#の向上が望めるでしょう。

 

人間的にも「どこかのムッツリ」とは違い魅力的に見え、引退したカトラーを急きょ招集できるところを見ると人望はありそうです。

 

実はこのゲイズの就任劇には、ゲイズがブロンコス時代に共に過ごした“ペイトン・マニング”が絡んでおり、マニングがジェッツのCEO”クリストファー・ジョンソン”にゲイズを推薦したところ、その翌日にHC就任が決まったとのことです。

さすが伝説の兄者の一声。

 

個人的に最初ゲイズは微妙でしたが、望んでいたOC畑だし、ドルフィンズを地区優勝に導いたし、そもそもドルフィンズの低迷の原因はタネヒルのケガのしすぎであるので、冷静に考えれば考えるほどゲイズでありだと思います。

 

ゲイズの手腕に加え、余り余ったキャップスペースとドラフト全体3位の好PICKで、ジェッツがどう生まれ変わるのか楽しみです。

アダム・ゲイズとは?

せっかくなので、”アダム・ゲイズ”についておさらい。

ゲイズは2003年にライオンズにてコーチ業を開始し、彼がブレイクしたのがブロンコス。

2012年にブロンコスのQBコーチに就任し、その後2年間はHC”ジョン・フォックス”元でOCに就きました。

当然、QBコーチ&OCとして”ペイトン・マニング”と共に歩み、2013年シーズンのブロンコスのスーパーボウル出場に大きく貢献しています。

 

2015年はベアーズに移籍したHC”ジョン・フォックス”にくっついてベアーズのOCに就任。

2016年にドルフィンズの12代目HCに就任し、1勝4敗からスタートしたシーズンを最終的に10勝6敗で終わらせ、ドルフィンズを2008年シーズン以来のプレーオフ出場に導きました。

 

しかし、不運だったのがドルフィンズQB”ライアン・タネヒル”の負傷。

せっかく出場したプレーオフは先発QBを”マット・ムーア”で挑むことになり、当たり前のごとくスティーラーズに敗北しました。

ドルフィンズ スティーラーズ ワイルドカードプレーオフ
鉄の三銃士、そろい踏み いよいよ我らがAFC東から2008年シーズンぶりにプレーオフに進出したドルフィンズの出番がやってきた! しかし、QB”ライアン・タネヒル”の負傷が長引

 

その後はご存知のとおり、2017シーズンはタネヒルが開幕前にまた負傷して、急きょ引退した元ベアーズのQB”ジェイ・カトラー”を呼んで挑むも、結果ふるわず。

2018年シーズンもまたタネヒルが途中で負傷し、バックアップQB”ブロック・オズワイラー”でつなぐも、7勝でシーズンを終えてドルフィンズを解雇されました。

そして2019年現在、ジェッツのHCに就任いたしました。

 

こうみると、同じ解雇でもHC”トッド・ボウルズ”よりも全然、好成績です。

チ―ム低迷の責任とはいえ、1年目をプレーオフに導いたHCを3年で解雇するとは、ドルフィンズはもったいない事をした気がします。

来シーズン、ジェッツがプレーオフに行ったらマイアミには足を向けて寝れませんなぁ!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. 元NJたろ より:

    いつも判りやすい情報をありがとうございます。Revisが2015年の最終戦に無策だったと発言したり、今年も第4Qに三凡でパントを繰り返して相手に逆転されること数試合。スペシャルプレーも記憶にないですし、ほんと、あのMr.ニヤニヤにはストレスがマックスでした。
    ユニも変わる2019シーズンが本当に楽しみです。

    1. JETS狂 より:

      元NJたろさん>
      ほんま接戦になると、八百長かと思うぐらい負けるのがボウルズマジックでした。
      オール・オア・ナッシングのラムズ編で、暫定HCになってしまったSTコーチが「HCは他のコーチとは別物の仕事だ。早くSTコーチに戻りてぇ」とか、言ってましたので、ボウルズにはDCの素養はあっても、HCになる器ではないのでしょう。
      バッカニアーズでまたエリアンズHCの下に就きますし、そこでご活躍をお祈りします。

  2. ツヨシ より:

    前HCよりは期待出来そうですね!
    OC,DC誰になるかのか楽しみにして
    ます。

    1. JETS狂 より:

      ツヨシさん>
      こうなると重要なのはOCですね。ベイツを継続して使うのか、それとも自分にあったOCを引っ張ってくるのか。
      終盤になると崩れるD#もDCを変えて根本的に治すべきか、まだまだ変えるところは多そうです。、

  3. とみい より:

    ジェッツには珍しく適任者を選びましたね!
    QBコーチング含め実績は十分なので楽しみです!
    兄者の顔の広さにビビりますが…

    あとは好順のドラフトPickと、割と上手く行ってたD#も新組閣でDC変わっても良い方に転がってほしいものです。

    1. JETS狂 より:

      とみいさん>
      ボウルズに決定したときは「む~、オフェンスの方が課題なのに、また元DCか。。まぁええか」と思ってましたが、やっと望み通りのオフェンス畑がきました。
      兄者には、そろそろ弟者イーライの肩に後ろから手を置いてもらいましょうか。
      なにわともあれ、早い段階でHCが決まって、たっぷりと変革に臨めそうで何よりです。

  4. DEG@イルカ党 より:

    90年代初めからのイルカ党の意見ですが、
    アダム・ゲイズは好みでは無かったですね。

    シーズン終盤、試合中にディフェンスシリーズとは言え、
    ベンチに座ってプレイシートを見ながら考え込んでいる様は、
    HCとしてはあり得ない姿ではないかと思い、私は来季は
    無いなと思っていました。

    ドン・シュラ以降の私の推しHCはトニー・スパラノですね。
    ワイルドキャットをNFLに流行させた功績と、熱いスタイルが
    好きで印象に残っています。

    来季のNYJ戦での楽しみが増えましたね。
    MIA戦以外での、ゲイズHCのご活躍をお祈りします。
    特にPATS戦での確変が楽しみではないでしょうか。

    はてさて、イルカのHCは誰になるのか….。

    1. JETS狂 より:

      DEG@イルカ党さん>
      もうジェッツファンからしたらゲイズに賭けるしかありません。
      スパラノも1年目は良かったものの、あとはペニントンのケガで低迷しましたね。たしか昨年亡くなりましたっけ。
      イルカさんのHCは非常に楽しみです。レックス・ライアンだったら面白いです。

      1. DEG@イルカ党 より:

        ひとつ書き忘れました。

        来季はダーノルドが「オマハ!」と叫ぶんでしょうかね。
        めちゃくちゃ、気になってます。www

        すいません、それだけです。

        1. JETS狂 より:

          DEG@イルカ党さん>
          イルカに移籍した、元マニングの後継者のオズワイラーが「オマハ」と言ってましたね。あれ、ゲイズがマニングに仕込んだんでしょうか。
          オマハ軍が増えれば、ブリリアン・コージが喜びますね。
          しかしながら、「オマハ」の意味に関しては、未だに謎です。

  5. 負海豚根性 より:

    ジェッツ待望のO#畑のHCですが・・・・・ご愁傷様です。
    海豚解任直後にランドリーとフィリップスにお祝いツイートを頂いたり、キャメロン・ウェイクですら来年もゲイスだったら退団するのを匂わせるほどに求心力は無いカス野郎ですが大事にしてやってください。

    ダメヒルやバカトラーでシーズンを乗り切れると思っている傲慢な糞野郎ですが大事にしてやってください。
    大事な事なので2回言いましたw

    1. JETS狂 より:

      負海豚根性さん>
      なにかイルカファンには不評ですね。私がボウルズをボロクソに言ってるのに似てます。
      それでもイルカを一度はゲイズはプレーオフに導いた男。彼に賭けるしかないのです。

  6. ミドリのワシ より:

    ついにオフェンス畑のHCに舵を切りましたか。

    カトラー、オズワイラー、ジュリアス・トーマスなどを
    ドルフィンズに呼んでいましたから、
    ジェッツでもシステムを知るベテランを
    呼んできそうな気がします。

    個人的には、ペイトン・マニングがQBコーチでもやってくれたら
    と思うのですけどね。

    1. JETS狂 より:

      ミドリのワシさん>
      まぁ、コルツですでに完成されていたマニングのQBコーチって、コーチになるんでしょうかね。
      あと、マニングは仕切ってオーディブルしちゃう人なのでOCって、どこまで意味があったのかと思います。
      とにかくゲイズと頑張ってもらうしかないのです。

  7. ミドリのワシ より:

    ちょっと誤解を与えてしまったかもです。ごめんなさい。m(_ _)m
    ゲイズの人脈で、ペイトン・マニングをジェッツの新QBコーチとして招聘し、
    オーディブル等の技術をマニングからダーノルドに教えてくれないかなぁ。。
    ということを言いたかったのです。

  8. ふて猫 より:

    確かにボウルズよりは期待出来そうですね。何故ドルフィンズは、彼との再契約をしなかったのでしょうか?これが棚ぼた人事になると良いのですがね(^_^;)

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      誰が来てもボウルズよりマシなので、ちょっと過大評価しすぎているかもしれません。
      ドルフィンズが再契約しなかったのは、当然、2シーズン連続でプレーオフに行けなかった事が理由ですが、ドルフィンズはジェッツよりもHCに関しては長い目で見ずにコロコロ変えます。
      この辺はオーナーやCEOの差ですね。

コメントを残す

CAPTCHA


Top