HOME > NEWS > NEWS(2012-2013) > Week11:vs ラムズ
2012年11月20日

Week11:vs ラムズ

vsショッテンハイマー
内乱発生でチーム状態は早くもどん底のJETS。
連敗を脱出し、この空気を払拭したいとことですが、次の相手は元OC”ブライアン・ショッテンハイマー”がいるラムズと対戦です。

彼はサンチェス入団からの付き合いかつ、2年連続チャンピオンシップに導いた関係。
ただでさえO#不振の上に、サンチェスの癖や弱点なんてバレバレでしょうね。

しかも羊はJETSがボコられた49ersと先週、引き分け。またもや厳しい戦いが予想されます。

果たして羊を倒して、Week12のパッツとの戦いに望めるのか!?

[SPONSORED LINK]

 

▼前半
1stドライブはグリーンのランも出て、順調に見えたが、WR#84″スティーブン・ヒル”の落球で1stDown更新できず、パントで終了。
ほんまコイツはアカンわ。。。

ラムズの1stドライブは敵陣2ydまで、ひょいひょい進まれて4thDown-GOALのギャンブルをTDパスに繋げられる最悪のスタート。
0-7

RB#25″ジョー・マクナイト”の活躍で敵陣まで進むも4thDown。フォークの51ydFGで3点返す。
今シーズンのフォークは素晴らしすぎる。
3-7

ここからJETS D#の反撃。ラムズO#を自陣15ydでFS#33″エリク・スミス”がINT!!
敵陣15ydからO#の大チャンス!
だがしかし、DE#91″クリス・ロン”にサックを喰らって4thDown。しかもFGをブロックされ無得点。
今シーズンはこういうチャンスに決めれない。
( ̄Д ̄;;

クロマティがWR#18″オースティン・ペティス”にタックルした際にファンブルした際に、カバーしようとしたら、味方が突っ込んできてボールが弾かれて拾えず。
チャンスを自ら潰すシーンが続く。お前ら何やってんだ。

敵陣50yd付近からのパントでティーボウへスナップし、パントフェイクを試みるも失敗。
これまで自滅しか見てない展開である。
( ̄Д ̄;;

だがこのピンチはDE#96″モハメド・ウィルカーソン”がQB#08″サム・ブラッドフォード”からファンブルを誘発!それをカバーしたILB#57″バート・スコット”が敵陣30ydまでリターン!!
相変わらずO#のミスをD#で帳消しにする展開。

ここからサンチェスからWR#85″チャズ・シレンス”へTDパス成功!!WR#85″チャズ・シレンス”は初のTDレシーブ。
∩(・ω・)∩Touchdown!
とりあえず逆転!
10-7

次の羊O#も仕留めて、JETSのO#はWR#11″ジェレミー・カーリー”にロングを通して敵陣侵入。
本当にサンチェスは長いパスしか通らない。

このドライブもフォークのFGで3点GET。こういう積み重ねが大事なのよ。
13-7

が、しかしWR#13″クリス・ギヴンズ”にキック・オフ・リターンTDを喰らう!!!
が、ホールディングで助かる。今日もSTのブロック系は信用ならん。

 

▼後半
ぬるぬる進むも、WR#84″スティーブン・ヒル”のパス・インターフェアランスで大きく下げられ、パント。

D#好調。O#も順調に1stDownを重ねて、トドメはまさかのRB#29″ビラル・パウェル”のドロー!
最後はパワーでねじ込んでギリギリTD!!今までに無いパターンだ、これは。
20-7

あとはJETS D#が粘るのみ。FS#30″ラロン・ランドリー”がファンブルロストを奪い敵陣40ydからO#スタート。
もはやモメンタムはもらった!!
←NYJ ヽ|’A`≡   STL→

RB#29″ビラル・パウェル”へのスクリーンパスで敵陣15yd。
そしてまたもパウエルの2本目のTDランが炸裂!!!勝ったよ!これは勝ったよ!!!
27-7

しかし、残り5:40でクロマティがやられてTDを奪われる。おい、信用していいんだろうな!
(屮゜Д゜)屮
2ポイントは止めて丁度2TD差。
27-13

この後は消極的に攻めて、ラムズにO#を与えてしまうも4thDownを2回サクッと止めて試合終了。
不振やら内乱やら叩かれたが、なんとかメンツは保たれたか。

 

2012年11月19日 @エドワード・ジョーンズ・ドーム

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
ジェッツジェッツ (4-6-0) 3 10 0 14   27
ラムズラムズ (3-6-1) 7 0 0 6   13

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. Yuki Matsuda より:

    普通なオフェンスをしないカレッジだからこそ成立していたT坊オフェンスな訳で、そういう事を考えるのが得意なベリチックなら上手くやりそうで恐いですね。

    ゲイタートリプレッツの一角だったエルナンデスもいるし、TEは文字通り恋人になるでしょう。
    後はハービンみたいなWR兼RBがいればブレイディがいなくてもそれなりにやれると思います。

  2. Yuki Matsuda より:

    普通なオフェンスをしないカレッジだからこそ成立していたT坊オフェンスな訳で、そういう事を考えるのが得意なベリチックなら上手くやりそうで恐いですね。

    ゲイタートリプレッツの一角だったエルナンデスもいるし、TEは文字通り恋人になるでしょう。
    後はハービンみたいなWR兼RBがいればブレイディがいなくてもそれなりにやれると思います。

  3. ぷんじん より:

    相手があまり調子よくなかったとは言え、勝った訳ですから気軍を変えて欲しいですね。
    来週勝つと少しは希望が出てきますが、こういう時にボコられちゃうのがジェッツなんで(苦笑)、さてどうなりますか。
    スティーブン・ヒルはこのところ期待はずれですが、マクナイトだって1年目はBUST扱いされてて、今じゃいないと困る存在になってるわけですから、長い目で見ましょう。
    希望としては今シーズンもうちょっと何とかして欲しいですけどね。

    1. JETS狂 より:

      たしかにマクナイトも最初は「こりゃダメだ」と思っていましたが、今や救世主です。
      そう考えるとヒルも今後、成長する可能性が大いにあり、期待が膨らみますね。

      次はパッツとの再選ですが、グロンコが負傷で居ないというのが、勝敗に影響するでしょうね。
      だからといって、勝ち目は薄そうですが、とにかくサンクスギビングのメインイベントにふさわしい内容になる事だけを願っています。
      (コルツみたいにボコボコにされるのだけはヤメテ)

  4. 相手があまり調子よくなかったとは言え、勝った訳ですから気軍を変えて欲しいですね。
    来週勝つと少しは希望が出てきますが、こういう時にボコられちゃうのがジェッツなんで(苦笑)、さてどうなりますか。
    スティーブン・ヒルはこのところ期待はずれですが、マクナイトだって1年目はBUST扱いされてて、今じゃいないと困る存在になってるわけですから、長い目で見ましょう。
    希望としては今シーズンもうちょっと何とかして欲しいですけどね。

  5. たしかにマクナイトも最初は「こりゃダメだ」と思っていましたが、今や救世主です。
    そう考えるとヒルも今後、成長する可能性が大いにあり、期待が膨らみますね。

    次はパッツとの再選ですが、グロンコが負傷で居ないというのが、勝敗に影響するでしょうね。
    だからといって、勝ち目は薄そうですが、とにかくサンクスギビングのメインイベントにふさわしい内容になる事だけを願っています。
    (コルツみたいにボコボコにされるのだけはヤメテ)

コメントを残す

CAPTCHA


Top