HOME > Topics > 【WWE】レッスルマニア35(in メットライフ・スタジアム)目前!対戦カードを予習だ!
2019年4月6日

【WWE】レッスルマニア35(in メットライフ・スタジアム)目前!対戦カードを予習だ!

レッスルマニア35 対戦カード 結果 試合結果
プロレス業界のスーパーボウル「レッスルマニア」目前!

日本時間で2019年4月8日(月)の朝8:00開始の「WWE レッスルマニア35(2019)」は、我らがニューヨークジェッツの本拠地であるメットライフ・スタジアムで開催です。

 

4月とはいえ、まだまだNYは寒そうです。夕方から夜にかけて屋外で4~5時間もプロレス見る客にとっても過酷なイベントになるでしょう。
(実体験で、現地では前座を含めると7時間ぐらい会場にいる事になります。。)

 

最近、展開を全く追いかけていないので、レッスルマニアの対戦カードを予習しておきます。

[SPONSORED LINK]

RAWタッグ王座戦

リバイバル vs ザック・ライダー&カート・ホーキンス

うん。どうでもいいなぁ。

昔のWMのタッグ戦はエジクリやダッドリーズ、ハーディーズなど生粋のタッグ屋が入り乱れて良かったけど、今はようわからん。(懐古厨)

スマックダウンタッグ王座戦・4WAY

ウーソズ(王座) vs ザ・バー vs リコシェ&アレイスター・ブラック vs 中邑真輔&ルセフ

RAWタッグ戦よりは期待できるSDタッグ戦はフェイタル4WAYマッチ。

注目は当然、私の推しレスラー”ルセフ”が中邑真輔とタッグを組んでSDタッグ王座に挑戦です。

中邑真輔に関しては2年連続でレッスルマニアの王座戦に絡むという快挙。日本人初で、コレって凄い事件ですよ。

女子バトルロイヤル戦

日本人レスラー”アスカ”が直前まで女子王座のベルトを持っていて、王者でレッスルマニアに行けるかと思ったら、王座を取られてバトルロイヤルに回されるという悲しい事件がありました。

だとしても、日本人がレッスルマニアに2年連続で2人も出れるなんて、これも快挙です。

「スーパーボウル」と同じぐらい、レッスルマニアは世界中のレスラーが死ぬほど出たい目指す夢の舞台なのです。

女子W王座戦

ロンダ・ラウジー(RAW女子王者) vs シャーロット・フレアー(SD女子王者) vs ベッキー・リンチ

なんと3WAY戦で、女子のRAWとSDの両方の王座が賭けられる異色のカード。

いくらレッスルマニアでマッチが渋滞してるとはいえ、これはいかがなものか。RAWとSDのブランド分けの意味が無くなる矛盾が発生しています。

こんな事するなら統一王座戦にしなよ・・・。

何にせよ、ロンダ・ラウジー とシャーロット・フレア のパフォーマンスに期待してます。

インターコンチネンタル王座戦

ボビー・ラシュリー(王座) vs ”デーモン”フィン・ベイラー

私の推しレスラー”フィン・ベイラ―”がバケモノメイクの「デーモンスタイル」で、インターコンチネンタル王座に挑みます。

王者はボビー・ラシュリー。一度はWWEを去ってから、数年を経てレッスルマニアに帰ってくるとは、プロレスって無限の可能性を秘めていますね。

 

フィン・ベイラ―は私の計画だと、そろそろレッスルマニアでWWE王座戦をやってると思っていましたが・・・。

ケガ以上に「細いレスラーとマスクマン、ビンスに嫌われてる説」が強そうです。

シングルマッチ

ローマン・レインズ vs ドリュー・マッキンタイア

おい!!レインズ、白血病じゃなかったのか!!

と、リアルタイムで見れてない私にとって衝撃すうぎるカード。白血病で離脱したローマン・レインズがなんとレッスルマニアで試合です。

レインズの白血病は寛解期(完治ではないが骨髄中に存在する白血病細胞が全体の5%以下に抑えられている状態)とのこと。

しかしながら、さすがに王座戦はムリなのでシングルマッチに参戦です。

近年のレッスルマニアのメインはレインズの試合ばかり見させられてしんどかったので、白血病から回復傾向である事に加えて良かったです。

水泳の池江 璃花子 選手もこれには大変勇気づけられるでしょう。

WWE女子タッグ王座戦・4WAYマッチ

サーシャ・バンクス&ベイリー(王座) vs ナイア・ジャックス&タミーナ vs アイコニックス(ペイトン・ロイス&ビリー・ケイ)vs ベス・フェニックス&ナタリア

あんまり女子に興味が無い私ですが、既に殿堂入りしている”ベス・フェニックス”が参戦するという驚きの事態。

巨漢”ナイア・ジャックス”とどっちが強いのかだけに注目ですな。

ベイリーも頑張れ。

アンドレ・ザ・ジャイアント・メモリアル・バトルロイヤル

せっかくのレッスルマニアなので、「その他大勢」のくくりとなる20~30人のレスラーを一気に戦わせるアンドレ杯を懲りずにやります。

ボビー・ルードやハーディーズ、ジンダ・マハル、ライノ、シェルトン・ベンジャミンなど、私のお気に入りが多数こっちに回されました。

 

驚くべきことに団体が猛プッシュしていたハズの”ブラウン・ストローマン”までもが、この「その他大勢」に回されてしまいました。人気出なかった?

US王座戦

サモア・ジョー(王者) vs レイ・ミステリオ

なんと平成も終わる世に、”レイ・ミステリオ”がレッスルマニアで王座戦とは、これまたプロレスの不思議。

ミステリオはマスクを他のスポーツの客席など色んな所でよく見るので、認知度が高い部分があります。

 

しかしながら対戦相手が”サモア・ジョー”とは、相手が悪すぎです。捕まったら一気に締められて終わりそうですが、ミステリオには頑張って欲しいです。

関連記事

こんばんワカメ、今宵も放談の時間です。 毎日更新すると宣言し、はや3回目。もはやネタ切れです。 なので、趣味の範囲の最近見たニュースをPICKUPして、勝手に語ります。 今回

クルーザー級王座戦

バディ・マーフィー(王座) vs トニー・ニース

よく分からん!パス!!

カート・アングル引退試合

カート・アングル vs バロン・コービン

約2年前にWWE復帰を果たした”カート・アングル”がこのレッスルマニアを持って引退することを発表。

カート・アングルは一度WWEを辞めて他の団体に移籍したものの、引退前にもう一度レッスルマニアに帰ってくることが夢だったので、本人的にはオリンピックで金メダルを獲得してからプロで戦い続けた長いレスリング人生をやりきって満を持しての引退でしょう。

 

しかし、相手が”バロン・コービン”でいいのか!?

これは対戦カードを トリプルH vs カート・アングルにして「負けたら引退マッチ」にした方が数倍良かったんじゃない!?

何にせよ、ラストマッチは涙でまともに見れないかもしれません。
(ToT)

シングルマッチ

AJ・スタイルズ vs ランディ・オートン

これぞ神カード!

試合を必ず盛り上げる技巧派ベテラン同士の期待値の高いカードです。

どんな状況からでも放てるという万能説があるオートンの必殺技「RKO」が勝つのか?

それとも長い滞空時間から多彩な技を繰り出すクセに、仕掛けるのが少々面倒なスタイルズの必殺技「スタイルズクラッシュ」がさく裂するか?

おそらくこれがレッスルマニアのベストマッチとなるでしょう。

女房を質に入れてでも見たいカードです。
(例えが古っ!)

エニウェアフォールマッチ

ミズ vs シェイン・マクマホン

もはやレッスルマニアを盛り上げるために不可欠なので、プロよりスゴイ素人レスラーの”シェイン・マクマホン”が今年も駆り出された。

オーナーのガチのご子息が毎年命がけで戦わないといけないぐらい、WWEのスター不足は否めません。

 

対戦相手がミズということで盛り上がりに欠けそうな気がしますが、今年も何かしら驚かせてくれるでしょう。

ノー・ホールズ・バード・マッチ

トリプルH vs バティスタ

はぁ!?バティスタ?お前はもうええって。なぜWWEはこの男にこだわるのか・・・

しかも、この試合でトリプルHが負けたら引退とのこと。

バティスタごときに負けて引退とか絶対にやめれ!
(;´Д`)ノ

なにわともあれ、眠たい試合になりそうだ・・

WWE王座戦

ダニエル・ブライアン(王者) vs コフィ・キングストン

えええええ!コフィがレッスルマニアで王座戦!?信じられん!!

コフィはガントレット戦でビンスとひと悶着あったぐらいしか知りませんが、ガチでレッスルマニアで王座戦やれるとは、これまた驚き。

これはサプライズで対戦カード変ったり、横やりが確実に入るぞぉ~。

ユニバーサル王座戦

ブロック・レスナー(王座) vs セス・ロリンズ

メインはまたも”ブロック・レスナー”。WWEはこの男に頼り続けるしかないのか。

しかし、近年は”ローマン・レインズ”ばかりだったメインが、レインズに代わって”セス・ロリンズ”がレスナーのユニバーサル王座に挑みます。

レインズよりは期待できる試合になるでしょう。もしくはレッスルマニア31の逆パターンで、レインズが乱入してセスを妨害するのか!?

何にしろ必見の試合です。

総評

“ジョン・シナ”も”アンダー・テイカー”もいなくなったレッスルマニア35。

代わりにカートやミステリオといったベテランの試合が組まれましたが、昔は無尽蔵のスタミナを持っていたカートも歳には勝てず、引退試合のパフォーマンスは正直、かつてほどの期待はできません。

 

しかし、発表されている対戦カード以外にサプライズが用意されていると思います。

私が考える今回のサプライズは・・・

ロブ・グロンコウスキー WWEデビュー!!

グロンコウスキーは、レッスルマニア33の前座でサプライズでリングに上がった事があり、WWEとのつながりは既にあります。

そして、先日の突然の引退劇。これはレッスルマニア出場の布石しかないと勝手に思っております。

来い!グロンコウスキー!!私はガチで待ってるぞ!!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ふて猫 より:

    今年のレッスルマニアは、レジェンドや出戻り選手の対戦カードが密かに多いようですね。全体的に例年よりも倍以上の試合が組まれているので、観客もある意味では大変ですな(-_-;)

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      もっとカードは厳選していいと思うんですけどね。
      観客の敵はとにかく寒さでしょう。無事に終わることを祈っています。

  2. NFL好きおじさん より:

    グロンコ登場!いいですねぇ〜!
    入場曲は”crazy train”‼️
    メット・ライフのお客さんは大ブーイング‼️
    考えただけでも痺ますねぇ〜(満月草)

    トドメのフィニッシュは相手の頭を右手に持ちコーナーポストへの力いっぱいのスパイク‼️ フィニッシュホールドが弱い気がしますが考えつくのはこれ位ですかね。

    本当!期待してますよ‼︎

    1. JETS狂 より:

      NFL好きおじさんさん>
      最初は冗談で書いたのですが、なんか現実になってほしい気分になってきました。
      フィニッシュホールドは寝てる相手への悪質タックルも使えます。
      コンマ数パーセントの確率で期待しましょう。

コメントを残す

CAPTCHA


Top