【NFL】未だに契約していない大物FA10傑

コリンキャパニック
即戦力間違いなし

NFLは7月末のキャンプまでオフですが、未だに契約がないベテランを紹介します。

キャンプやシーズンが始まれば負傷者が出るのは必須。そこで出番となる可能性は大いにあります。

[SPONSORED LINK]

QB”コリン・キャパニック(Colin Kaepernick)”

QB”コリン・キャパニック(Colin Kaepernick)”49ersでスーパーボウルに出場した実績があるものの、パフォーマンスの低迷や国家斉唱時に起立をしない不遜な態度を取った問題児として干されているキャパニック。

しかし、QBにトラブルが発生したチームにとっては、まだまだ大いに頼れるFAです。

CB”ダレル・リーヴィス(Darrelle Revis)”

ダレル・リーヴィスJETSでシャットダウンコーナーとして名を上げ、ペイトリオッツではスーパボウル制覇も果たした、かつてのリーグNo1CBのリーヴィス。

足の衰えから若手のWRと純粋なスピードの勝負になると負けてしまうものの、そんじょそこらのCBよりも実力はあります。

 

問題は2017年に結ばれたJETSとの6Mのオフセット条項の契約があり、何もしなくてもJETSから6Mを受け取れる予定ですが、他のチームが彼と契約する場合その6Mから相殺されます。

つまり、リーヴィスは別に働かなくても6M貰えるので、6M以上支払うチームと契約してこそ初めてそのチームでの労働の対価を得る事になるのです。

なんという贅沢な悩みでしょう。

 

今シーズン6M以上の契約が無い場合、果たしてリーヴィスは対価なしでも戦えるのか注目です。

私の勝手な想像だと、契約するとすればドラフト時に本当は行きたかった故郷のピッツバーグならば、対価を得ることなく働けるのではないでしょうか。

RB”ディアンジェロ・ウィリアムス(DeAngelo Williams)”

一瞬、ダウンタウンの浜ちゃんかと思ってしまうディアンジェロ・ウィリアムズ。

アメリカンプロレスTNAに出場し、プロレスに転向したかと思われていますが、NFLからオファーを待ってます。

34歳とはいえまだまだイケそうです。

WR”アンクワン・ボールディン(Anquan Boldin)”

ボールディンといえば、レイブンズのイメージが強いのですが、49ersに移籍した後、昨シーズンはライオンズに所属していました。

もはや36歳ですが、WRに困るチームがあれば声はかかるでしょう。

C”ニック・マンゴールド(Nick Mangold)”

ニック マンゴールド nick mangold JETS nyjマンゴールドは元JETSの重鎮で、何度もプロボウルに出場したリーグ最高峰のセンターなのですが、予想外に契約が決まりません。

レイブンズとジャイアンツが興味を持ちましたが契約には至りませんでした。近年のケガの多さが問題視されているのだと思います。

S”ジェイラス・バード(Jairus Byrd)”

元ビルズの鳥人バード様。3年前にセインツと3年54Mという巨額の契約を結んだものの思ったよりは機能せず、FAとなりました。

しかし、まだ30歳。新天地でバードポーズが出るか注目です。

RB”ラシャード・ジェニングス(Rashad Jennings)”

元ジャイアンツのRB。今オフはダンス番組でも活躍したらしいですが、本職NFLでは声がかかりません。

32歳ですがRBは負傷が多いポジションですので、シーズン中にトラブルが発生したチームから声がかかる可能性はあります。

CB”アルテラウン・バーナー(Alterraun Verner)”

2013年にタイタンズからプロボウルに選出され、2014年にバッカニアーズと4年26Mの契約を結びましたが、パスを通されまくられ28歳の今年はFAです。

バッカニアーズにはリーヴィスも1年いましたが、最強CBの彼を無力化するぐらいバッカニアーズD#のスキームがヘボかったので、バーナーも他のチームでは上手くいく可能性があります。

TE”ゲーリー・バーニッジ(Gary Barnidge)”

ブラウンズでプロボウルにも出場したバーニッジ。

しかし、ブラウンズがドラフト1巡(全体29位)でTE”デイビッド・ジョク”を獲得したあおりを喰らってカットされました。まだ30歳なのでTEに困るチームがあれば声がかかるでしょう。

ブラウンズは2017年ドラフトで1巡目にて全体1位DE”マイルズ・ギャレット”、全体12位でS”ジェイブリル・ペパーズ”も獲得しています。

QB”ロバート・グリフィン3世(Robert Griffin III)”

最後にトンデモナイ大物が残っていた!!いや、今やリーグのお荷物。

レッドスキンズがラムズに大量の犠牲(PICK)を払って、獲得したかつてのドラフトの目玉 RG3!

1年目はチームをプレーオフに導きましたが、酷使していた足に限界が来てプレーオフ1回戦で敗北。
(オードリー春日の呪い込み)

 

そしてカズンズとの先発争いに負けて、ブラウンズに移籍して大口を叩くも、すぐに負傷して全く役に立ちませんでした。

彼と契約するチームは無いでしょうねぇ。。。

総評

この時期に余っているだけあって高齢かパフォーマンスに疑問符がつく選手ばかりですが、この間見た「オール・オア・ナッシング」にて元コルツの”ドワイト・フリーニー”が10月にカーディナルスに獲得されてバリバリに活躍した例があります。

個人的に元JETSの2人が現役を続行できる事を祈っています。

保存

  1. GENO より:

     ボールディンとの再契約してほしかったんですけど、ドラフトで目をつけていた選手を無事に獲得できたことで再契約に至らなかったんですよね。当然キャップの事情(結構再契約には積極的に動いてなお大物二人が残ってる状況)もあったでしょうね。
     ジェニングスにはfantasyで助けられたんですけどね、そもそもFAになっていたことに気づいてなかったです(笑
     意外と残ったQB二人は面倒くさい事情持ちのキャパはともかく、RG3は怪我してないときは割といい感じだったと思ったんですけどね。ですからリーグのお荷物の異名はマンジールに譲りましょう(笑、そもそもプレーする気があるのか不明だし、出場停止持ちだし笑

    1. JETS狂 より:

      GENOさん>
      マンジール、一応現役であることを忘れていました。QBはたしかに面倒な人ばかりですね。
      あとサンチェスも開幕前にクマからカットされそうな予感がしますし、ジェッツのペティもキャンプのパフォーマンス次第では危ないでしょう。

  2. 負海豚根性 より:

    我が海豚のチーム事情からすると、この面子ならバードだな・・・
    ただセーフティ(FS)のポジションはここ数年、開幕スタメン選手がキャリアアウトを確定させる怪我を負う鬼門なので、愛国者らに鳥が食い殺される結果になりかねないのが怖い。
    あと、健康であればマンゴールドはどこかしら手を挙げるはずなんだけどね。

    QBの2名は煽りでもなく、トラブルメーカーかつ高額なキャパニックやRGⅢを控えで取るぐらいなら、Cキャメロン(富士通)やDガードナー(ノジマ)でも取った方が本気で得だと思う。

    1. JETS狂 より:

      負海豚根性さん>
      JETSファンからしたらビルズ時代のバードは嫌なSでした。シーズンが進んで契約額が下がったところで獲得される可能性はありそうです。
      マンゴールドに関してはここまで話が来ないと難しいですね。OLは個々の力よりユニットの連携が命ですから、いきなりシーズン中に契約してもJETSのみでしか経験がなく順応力があるのか分からないマンゴールドが活躍できるかが懐疑的です。
      RG3は無いとして、正直キャパニックも難しいところがありますが、個人的に現役を続けて欲しい選手であります。

  3. Kazu より:

    デアンジェロ ウイリアムス すごいですね。バネがある感じで天性のスターせいを感じます。楽しそうにプロレスしてますし。
     

    1. JETS狂 より:

      Kazuさん>
      本職より素晴らしい動きをしてます。NFL選手というのはやはりスポーツ業界のエリートぞろいである事が分かりますね。
      ただ、テーブルが割れなかったのは痛かったw

  4. Kazu より:

    ホントだw。割れるはずだったテーブル割れてませんね。カウントの時相手不自然に真っ直ぐですし事故ですよ それにしてもタックルが美しい

コメントを残す

CAPTCHA