【放談】WWEの近年のPPVステージセットがつまらない件に関して

レッスルマニア at&tスタジアム
手抜きダメ!

こんにちワールドプロレスリング。放談の時間です。

コメントで「NFLネタが無いならWWEネタを書いて!」的な意見を頂いたので、遠慮なく書きます。

多くのWWEユニバース(ファン)が気づいていると思いますが、PPVのステージセットっていつから毎回同じデザインになったのでしょう?

[SPONSORED LINK]

近年のセットはRAWの使いまわし

これが記事を書いている時点で最新であり、初登場のPPV『グレート・ボールズ・オブ・ファイア(Great Balls of Fire)

今年のバックラッシュ(Back Lash)

去年のサマースラム

このように最近のPPVのステージセットはレッスルマニアを除いてRAWとSMACK DOWNで使ってるセットをそのままか、ちょっとモニターを並べ変えただけの構成になっています。

昔よりモニターの数や質の向上でキレイなのですが、多少デザインを変えても大して変化は無く、面白みがありません。

かつてのPPVステージセット集

しかし、昔のPPVは毎回どんなステージセットになるか楽しみだったぐらい、アイデアとバラエティに富んでました。

その証拠に秀逸な作品を紹介しましょう。

 

2002年ぐらいのノー・ウェイ・アウト。

このセットに関しては思い出がありまして、ほぼ同時期に見に行ったB’zのライブで同じようにトラックを並べたステージセットが現れ、驚きました。

偶然にしては時期が一致しすぎており、両者の美術さんは国は違えど何か同じものにインスピレーションを受けたのだと思います。

アンフォーギヴェン。これは意味不明な迫力がありました。

グレート・アメリカン・バッシュ。カート・アングルが主役的なやつだったと記憶。

キャピタル・パニッシュメント。モロに大統領の家ですね。

アルマゲドン。レッスルマニアを除いて、トップ10に入るぐらい衝撃的なセットでした。

ロイヤル・ランブル。たぶん2001年あたり。

マジソン・スクエア・ガーデンでのロイヤル・ランブル。いつもの巨大なセットを捨てて、狭い入場口をエントランスにした衝撃的なセット。

この形式は、あとサバイバーシリーズでもあったと記憶してます。

ロイヤル・ランブルといえばこのセットも面白かった。城を見立てており、ランブル戦の入場時間になると兵士が開門してレスラーを入れます。

全ベルトを並べた ナイト・オブ・チャンピオンズ。まさにPPVの名前に相応しい素晴らしいセットでした。

ヴェンジャンス。V の字が印象的だが、これは低予算。

これも別の年のヴェンジャンス。ラスベガスでやったから、このデザインだったと思います。

 

最後にサマースラム連発

wwe サマースラム summer slam

他にもジャッジメントデイの床屋さんが設置されているセット、バックラッシュ恒例の鎌セット、キング・オブ・ザ・リング恒例のイスセット、サバイバーシリーズの生き埋め用の墓があるセットなど、面白いのからカッコ良すぎるのまで毎回バラエティに富んでおりました。全部を紹介したいのですが それは難しいところです。

 

この記事を書くために調査してところ、同じ問題を現地アメリカのファンも指摘しており、「ステージセットの手抜き問題」は世界中の共通認識であることを知りました。

いつかまた独創的なPPVオリジナルセットを せめて最古5大大会だけでもいいので復活させて欲しいところです。
(最古5大大会のうち、キング・オブ・ザ・リングは消滅したりネット配信だけになったり、決勝戦だけ別のPPVでやるとか、最近はよく分からない扱いになっています。)

 

このようなネタならなんぼでも書ける気がするので、また時間があれば書いていきます。
NFLブログなのに、なんてフリーダム。

  1. 緑の飛行機 より:

    こう見ると、本当に現在は会場セットの使い回しがよく分かりますね。RAWとSmackDownほぼ一緒で両方のイメージカラー(っていうんですかね?赤と青)が違うだけのように感じます。現地のファンの方もそう仰ってるんですね。

    全てのベルト飾ってるのは個人的に好きかもしれません。

    サマースラムPPVは豪華な感じますね。

    やはりWWE最大のイベントであるレッスルマニアは一番豪華にしてるんでしょうね!

    すみません。自分の要望に答えていただきありがとうございましたm(_ _)m

    1. JETS狂 より:

      緑の飛行機さん>
      「要望を答える」という「いい人」を隠れ蓑にし、マニアの訴えを書かせて頂きました。
      会場セットファンは現地でも多いらしく、掲示板みたいなのにも「最近オリジナルのPPVセット、無くね?」みたいな事が書かれていました。
      サマスラは一番最初の画像は昔のSMACK DOWNのセットを一部合体させた低予算なものですが、それ以外は頑張っていますね。さすが「夏のレッスルマニア」と称するだけはあります。
      そして、仰るとおりベルトを並べるだけのセットは他のファンからも高評価を得てます。
      予算が少なくてもアイデアで魅せるセットをファンは望んでいますね。

  2. GENO より:

    NFLでもなく、さらにWWEネタでもないコメントをします(笑
    Jets狂さんもB’z好きだと知って(自分がTwitter始めたときに知ったのでだいぶ前ですけど)もしかした趣味が合うのかもと思ってました(笑、コンサートに参加は上京してから行くようになりました。で、Magicの稼働式のステージやC’mon(この年から参加)の空中のX型のステージからの登場とか衝撃でしたね。
    そして、さらに違う方向に進んで、ライブ会場のドームなりスタジアムに行って、NFLと比べて狭いわりに意外とキャパ(座席数)あるなと思ったら、友人にアメリカ人はでかいからその分一つの座席も広いからだろと言われて納得しました(笑

    1. JETS狂 より:

      GENOさん>
      そこに食いつきましたか。Magicのオープニングが一番ビビリましたね。まさかセットの背後が全部開いて1バンドごと空中から出てくるとは予想外でした。
      C’monは開演前からずっと壁の模様だと思っていたものが、プロジェクションマッピングだったオープニングの方がビビリました。ずっと見てたのにどこで切り替わったのか分かりませんでしたよ。

      あとは、BIG MACINEの バイクジャンプショーや、Actionの人落下オープニングもなかなか。
      でも最近の演出はちょっとインパクトが弱いので残念という感じですね。

      ・・・いったい、ここは何のサイトなんでしょ??

      1. GENO より:

        BIG MACINEはB’zにハマったきっかけのアルバムなんでですよ。ライブもインパクト強いですよね。
        ActionもそうですけどOPの手の入れ方好きですね。最近ニュースだとトラック型のCDBoxにはえ!?って思いました(笑、僕には手を出せる値段ではなかったですし、集大成アルバムなんて20周年25周年持ってますし。まぁ事務所としては活動して誰もが知るアーティストがは他にあのDAIGO(アーティストとしては微妙か笑)ですから稼げるだけ稼ごう見たいな思惑が見えたり(笑、他にも有名な人、売れた人いますが、「誰もが」って言ういうには弱いというか過去形ですし、年齢層は選びますけどベテラン勢も強力な選手(?)が揃ってるように見えますけど、次世代のアーティスト枠も弱そうですし。

        いやぁ、こんなに語れるとは、ホントにいいサイトです(笑

        1. JETS狂 より:

          GENOさん>
          最近の事務所の金儲け主義だけは目に余りますね。あのトラック型CD-BOXに限定LIVE応募は最悪です。
          あとはバーミリオンカードでチケット優先させたりとか、ファンを完全に食い物にしてますね。
          何よりもチケット代がバカ高い。昔のライブの半券を取ってますがせいぜい5000円ぐらいですよ。当然、SSなんて席は無くオール抽選です。
          まぁ、これはCDが売れない時代の反動でしょうね。

          と、、こんなとこでWWE以外の不満までぶっこむ私は 「いったい何者なのぉ~~♪」

  3. ふて猫 より:

    最近はWWEを全くといっていい程観ていませんが、以前と比べて運営が稚拙になっているような気がするのですがね。如何でしょうか?

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      またRAWとSMACK DOWNでPPVの数が増えたり日本公演を東京と大阪で開催したり活動はかなりしており、その分は支持されているのですが、やはりスターが育たない迷走感はありますね。
      しかしながら日本で活躍したフィン・ベイラーやA.J・スタイルズが人気を集め、中村、戸澤、アスカなど日本人レスラーも注目されており、さらに新たに女子レスラーが契約し日本ブームがきております。
      私もほとんど見ていない時期がありましたが、最近は新たな局面を迎えているのでチェックしています。

コメントを残す

CAPTCHA