HOME > NEWS > NEWS(2019-2020) > 【NFL 2019-2020:HOF】デンバー・ブロンコス vs アトランタ・ファルコンズ
2019年8月3日

【NFL 2019-2020:HOF】デンバー・ブロンコス vs アトランタ・ファルコンズ

H (はじまる)・O(俺らの)・F(ファンタジー)

2019シーズン開幕間近を意識させるイベント、HOF(Hole of fame)の試合が今年も無事に行われました。
(※数年前にフィールドのペイントがカチカチになりすぎて中止になった事あり)

工エエェェ(´゜д゜`)ェェエエ工とうとう、毎年恒例の殿堂入り式典のセレモニー試合、フォール・オブ・フェイム ゲームの時間です。今シーズン1発目の試合であり、いわば2016シーズン

 

主力は出場しませんがプレシーズンのおまけみたいなものなので、開幕ロースター当落線上の選手にとってはアピールタイム!

そしてQB受難が続くブロンコスのドラ2QB”ドリュー・ロック”の初登場にも注目でしょう。

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

ハイライト:Youtube

GAME CENTER(NFL.com)

 

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

ブロンコス

7

0

0

7

14

ファルコンズ

0

7

3

0

10

総評

今シーズン初のNFLですが、主力欠場の本気でない試合なので、さすがの私も真剣に見る気はありません。

しかしながら、ファルコンズの先発QB”マット・ショーブ”は必見。

かつてはテキサンズをプレーオフに導きスーパーボウル優勝候補に祭り上げたQBなので、どんなパフォーマンスを見せるのかと思いきや・・・。パス4/14回10yd獲得、0TD、1INTですから、がっかり。

ブロンコスのD#が良かったのもありますが、なんでショーブはディフレクトされるようなところで投げるかなぁ・・

 

ショーブは1Qで下げられQB”カート・ベンケルト”に交代。彼が10点取りますが、ロングパスからのインターフェアランスで43ydももらっといてパントで終わるチャンスの生かせなさにもがっかり。

ファルコンズのバックアップQBに不安を感じます。

 

一方、ブロンコスは目玉のQB”ジョー・フラッコ”の出場はなし。ドラ2で獲得したQB”ドリュー・ロック”は2Qから3Qにかけて登場し、パス7/11回34yd獲得。

外したミドルとロングパス2本はレシーバー良ければ取れていたぐらいコントロールがよく、かつスクランブルを仕掛けるスピードもあり、期待できるQBです。

しかし、タックルを数回喰らい負傷してもおかしくないシーンもあったので、無理は禁物です。

 

今日の扱いから見てフラッコが開幕先発になると思いますが、フラッコにとってロックのパフォーマンスは無視できないものだったでしょう。

フラッコvsロックの戦いは、プレシーズンも楽しませてくれそうです。

 

個人的にMVPはブロンコスのRB”カルファニ・ムハメッド”。ルートを見抜く力はなかなかで、ラン7キャリー50yd(平均7.1yd)、1TD。パス4レシーブ24yd獲得の活躍。

彼は2017年ドラフトでタイタンズがドラフト7巡で獲得するも、2018年4月にカット。そして、最強軍団ペイトリオッツに入団するも開幕前にカットされる不遇な扱いを受けてきました。

2018年12月にブロンコスにプラクティススクワッドで入団し、そして2019年のこの度はロースター入りを果たしました。

この調子で活躍し、ぜひ開幕ロースターに生き残ってほしいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. YM5 より:

    マット・ショーブ、アメリカンボウル最後のMVPですね。

    僕は東京ドームに行っていないのでショーブもペイトンもアイク・リースも見ていませんが、息の長い選手ですね。
    バージニアではACCの最優秀選手になっていますが、彼の後に受賞しているフィリップ・リバース、マット・ライアン、蟹泥棒、タイロッド・テイラー、タージ・ボイド、カルビン・ジョンソン、ジェームズ・コナー、デショーン・ワトソン、ラマー・ジャクソン、トラビス・エティーンなどなど錚々たるメンバーとともに名前を連ねた名選手ですね。

コメントを残す

CAPTCHA


Top