HOME > NEWS > NEWS(2013-2014) > プレシーズンマッチ前にロースターチェック&ブランドン・ムーア引退
2013年8月8日

プレシーズンマッチ前にロースターチェック&ブランドン・ムーア引退

▼D#ロースター

DE Muhammad Wilkerson Tevita Finau Leger Douzable  
NT Kenrick Ellis Damon Harrison Junior Aumavae  
DT Sheldon Richardson Antonio Garay Lanier Coleman  
OLB Quinton Coples Antwan Barnes Ricky Sapp Sean Progar-Jackson
WLB Demario Davis Josh Mauga Danny Lansanah  
MLB David Harris Nick Bellore JoJo Dickson  
OLB Calvin Pace Garrett McIntyre Jacquies Smith Troy Davis
CB Dee Milliner Kyle Wilson Isaiah Trufant Royce Adams
CB Antonio Cromartie Darrin Walls Ellis Lankster Mike Edwards
S Antonio Allen Jaiquawn Jarrett Bret Lockett  
S Dawan Landry Josh Bush Donnie Fletcher Rontez Miles

→O#に比べて荒れたニュースの無いD#。さすがJETSの生命線です。

DLは”サイオン・パウア”が抜けた穴を2011年ドラフト3巡”ケンリック・エリス”が埋めます。とうとうビーストが本領発揮か。
その両脇を埋めるのは2011年と2013年のドラフト1巡コンビ。こりゃ期待大です。

 

OLBには”ブライアン・トーマス”の穴をDEからコンバートした”クイントン・コプルス”が埋めます。元々LBも兼用できる選手ですが、パスカバーのスキルが気になるところですね。

 

ILBの”バート・スコット”の穴を埋めるのは、ライアンがレイ・ルイスの再来(いつものビッグマウスでしょうが)と言った2012年ドラフト3巡”デマリオ・デーヴィス”。老朽化問題があったLBは半分若手となりました。

 

CBは予定どうり2013年ドラ1の”ディー・ミリナー”がリーヴィスの穴を埋める形で入ります。

 

Sは裏切り者の弟の穴をお兄ちゃん”ドワン・ランドリー”。そして2012年ドラフト7巡の”アントニオ・アレン”を先発に大抜擢。というか他にいないし。

 

▼ブランドン・ムーア引退
1150888_665402900154223_2003155720_n

JETS不動のRGとして支え続けた”ブランドン・ムーア”が引退を表明いたしました。

2002年にドラフト外で入団し、チャンスをつかんで昨シーズンまで安定した活躍で、JETSのOLを支え続けてきました。
しかし、2013シーズンは健康上の理由でJETSとは再契約にいたりませんでした。

引退前日にカウボーイズと1年契約を結ぶも、1日考えたあげくに引退を決断。本当に長い間お疲れ様でした。

 

しかしながら、安定しすぎたせいか”ブランドン・ムーア”って、名前を記事の中に使ったことがほぼありません。
私ですら、地味なベテランコンビだった”ブランドン・ムーア”、”ブライアン・トーマス”の名前に混乱して、「あれ?どっちがO#だっけ??」となってました。

しかし、そんなブランドン・ムーアが一躍有名になったのが昨シーズン。そうパッツに感謝祭で1分間に21点取られたとき、サンチェスがお尻に突っ込んだ人が”ブランドン・ムーア”でした。

このプレーは、「Butt Fumble」という名前で、”ESPN SportsCenter’s Not Top Ten”という最悪プレーTOP10の”Worst of Worst”を35回連続で死守しています。
(2013年8月7日現在)



悪い意味で記録より記憶に残る選手になってしまいましたな。(彼のせいじゃないけど)

 

▼その他
・WR”ジョーダン・ホワイト”をカット。
・3選手と契約。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top