HOME > NEWS > NEWS(2013-2014) > プレシーズン02:vsジャガーズ
2013年8月19日

プレシーズン02:vsジャガーズ

s-Jaguars_Jets_Football_135465_team

先発争い一旦休止

負けはしたものの、まずまずの内容であったプレ初戦。

しかし2戦目はサンチェスと先発を争う”ジーノ・スミス”と、3rdQB”グレッグ・マッケルロイ”が負傷のため欠場となり、QBはサンチェスと開幕までに消えると思われていた”マット・シムズ”の2人というおかしな事になりました。

さてさて、どうなることやら。
[SPONSORED LINK]

▼結果

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
ジャガーズジャガーズ (0-0-0) 10 3 0 0   13
ジェッツジェッツ (0-0-0) 10 0 17 10   37

▼O#
サンチェスは1戦目と同様にTE#87″ジェフ・カバーランド”にTDパスをヒットし、2rdドライブもFGで終了と好調なスタートを切るが、その後ジャガーズがD#のスキームを変えたのかサチェスは投げあぐねるシーンが多くなり苦戦します。
そして敵陣5ydからエンドゾーンへのパスをシーホークスから移籍した#24″マーカス・トゥルファント”にINTされる大失態。

さらに前半終了まで残り6秒で敵陣6ydからのO#でもミスを犯します。(本当に6が好きだな。)
普通なら速攻でパスを投げ、失敗してもFGを蹴れる時間ぐらいは作るものの、ボールを持ってモタモタしてパス失敗の挙句にFGを蹴る時間すら残らず前半終了。またも失態を犯して、スタンドからブーイングを浴びます。

 

予想外にもサンチェスは第3Qにも登場。WR#17″ブレイロン・エドワーズ”に19ydのパスを通すなどO#を再建し、今週加入したRB#24″カリル・ベル”のTDランで逆転し、何とか前半の汚名を返上しました。

サンチェスはパフォーマンスのアップダウンのくりかえしで評価しづらく、今回も昨シーズンに比べりゃマシという事しか言えません。

レシーバー陣ではWR#17″ブレイロン・エドワーズ”が3レシーブ49ydを記録。難しいパスにも飛びついてレシーブし好調。やはり呼び戻して正解でした。

 

前回は話にならなかったRB陣ですが、RB#23″クリス・アイボリー”が初登場。しかしラン6回13ydと全く振るわず。
それよりもRB#29″ビラル・パウェル”が37ydのロングゲインを見せて、ラン7回68yd。先週、急遽契約したRB”カリル・ベル”がゴリ押しで強さを見せて2TDを記録し、ロースター争いに好材料を残しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top