【そうだったのか!】日本で盛り上がらないNFL

トム・ブレイディ アンダーアーマーアスリートリカバリースリープウェア「UA TB12 TM」発売記念イベント
知ってた

こんにちワリオ。放談の時間です。

ある記事がツィッターで話題になっており、まぁ周知の事実なのですが改めて言われるとショッキングな話なので、ここでも取り上げます。

[SPONSORED LINK]

カリスマQB来日でもアメフト人気が盛り上がらない理由

ソース:経済界/カリスマQB来日でもアメフト人気が盛り上がらない理由

この記事の内容は先日のトム・ブレイディの来日にて、史上最高のQBの来日にNFLファンの間では騒動となりましたが、日本のニュースではほとんど取り上げられなかった事に関してです。

かつてNFLは日本を開拓すべきマーケットだと考えており、日本でもプレシーズンマッチを行ったりモンタナブームが来たりしたのですが、現状は全く盛り上がっておらず見捨てられつつあるのが現状です。

 

日本で盛り上がらない理由の1つが日本人選手が誕生していない事。これは以前からファンの間でも語られており、木下選手などNFLの開幕ロースター一歩手前まで行く選手はいましたが、いまだにNFL公式戦に出場した日本人はおりません。

MLBの場合、野茂選手を皮切りに毎年数人はメジャーに挑戦しておりますが、そもそも野球自体が日本で人気の高いスポーツでありマスコミに取り上げられやすい事が手伝っているでしょう。

 

NFLから日本の見捨てられ方は、近年ではGAORAと契約面の折り合いがつかなかったり、NHKのBS1やG+(CS)でのNFL中継数の低下で如実に表れています。

日本市場に代わってNFLが目を向けているのが中国。ブレイディは日本に訪れる前に北京と上海にも訪問しており、「いつかここ中国で試合をするのが夢。1年を通してたくさんの試合を行われることを願うよ」と、発言。

これに対して、

「ええ!健康オタクのくせに大気汚染の巣窟でプレーするのが夢だなんて、絶対に誰かに言わされてるでしょ!」

と、個人的に思うのはさておき、中国に対してブレイディにリップサービスさせるぐらいNFLは日本を見限って中国でのファン拡大に乗り気なのです。

どうすべきなのか?

そもそも日本自体が海外に比べてスポーツに興味が無さ過ぎるのがヤバイのです。アメリカのスーパーボウル、ヨーロッパではツール・ド・フランス を見ると分かりますが、毎年がもう国をあげての祭りですよ。

一方、日本のプロ野球はかつてゴールデンタイムに地上派で巨人戦が放送されまくっていたのに、今はバラエティに食われており、広島カープのように話題にならないと一般人にはどこが勝とうか興味は全くありません。

 

さて、こんな悲惨な状況に日本のNFLファンはどうすべきなのか?と、言ってもやはり日本人選手が活躍して国内のニュースでバンバン取り上げられなければならないでしょう。

オードリーがNFLの認知度を上げるために頑張っていますが、ニュースやバラエティで常に一般人に注目されるぐらい話題にならなければ波及効果は薄いです。

日本人選手が数人出れば、ゴルフおよび世界陸上や世界水泳のように深夜だろうが民放で放送してくれるはず。

 

日本人が活躍するにしても普通の選手ではダメでしょうね。超イケメンでインスタ映え(もう死語?)抜群、ディーン・フジオカと福士蒼汰を足して割ったような(二人とも英語ができるという事で)カリスマな選手が必要でしょう。

イケメンスターが登場するとマスゴミはアホみたいにそればかり取り上げてくれます。(少し昔の~王子系的な)

という事で、日本でNFLを盛り上げるためには、実力は当然としてイケメンのスターが必要なのです。

かなり非現実的ですがイケメンスターが現れるまで、私は粛々とブログを書き続けて待つとしましょう・・

  1. GENO より:

     もし、日本でNFLが流行って、僕もNFL好きなんですよって言ったら、最近流行ってるもんねって返されるのも嫌ですね(笑
     そして、イケメン日本人スターが現れてブログに載るか、現れたときには既にブログが終了しているのか、要注目です。

    1. JETS狂 より:

      GENOさん>
      日本で流行った時にむしろ詳しかったらモテるんじゃないですかね。ブームを先取りみたいな感じで。
      JETS狂の終わりを心配してくださるなら、心配いりませんよ。エースWRがさっそく事故ってプレシーズンマッチ前から絶望しかないですから!!

  2. アノニマス より:

    ツール・ド・フランスなんかは日本人が出ても全く盛り上がりませんからねえ。ただ出るだけじゃ厳しいのが悲しいところです。いっそのことモテるとか宝くじに当たるとかそういう方向で売る方が根付くんじゃないでしょうか?

    1. JETS狂 より:

      アノニマスさん>
      やはりツールでも数人一気に出るかエース級でないと取り上げないでしょう。
      海外スポーツ選手になりつつ宝くじに当たるとか、何にしても日本でウケるには敷居は高いです。

  3. YM5 より:

    NFL人気を支えているのはファンだったり色々とありますが、NFL以上に客の入るカレッジフットボールの存在も大きいです。

    プロチームのない街で高校野球がNPBよりも人気のある地域があるように、そしてJETS狂さん自身もオーランドで感じ取られたように、プロよりも熱いアマチュアの世界があるためNFLチームを必要としない街もあり、大学を応援している人は卒業生の活躍を楽しみにして、カレッジのスターが来たチームやリーグは、大学の時代からのライバル関係がプロまで続く人気を支える事になる訳です。

    Facebookで夏休みを利用してアメリカに行かれた方が言っていましたが、ESPNクラシックでトミー・マドックス対トッド・マリノビッチの死闘やSECチャンピオンシップでオーバーン相手に無双するペイトン・マニングの姿を20年近く経った今でも再放送で流しているようにそれだけ将来のスターを生むアマチュアの世界の存在は大きい訳です。(ちなみに、僕が生まれる前後はNFLは勿論カレッジも地上波で放送される時代だったので50台のNFLファンは30年前の大学事情に詳しかったりします)

    それ以前に、NFL関係なく日本にはプロのフットボールリーグがない(Xリーグはあくまでセミプロです)し、アメリカを除けば世界屈指のアマチュアリーグである関西の学生リーグが全く報道されない事からも日本のフットボールがどのレベルにあるかはお察しでしょう。(試合を見に行ってもノートを投げたくなるようなレベルなので、気軽に見に行ける環境にある人も卒業生でなければスタジアムに行く気になれないかもしれませんが)

    もっと言うと、実力不足、メンタル不足、FBSで試合に出たからといって騒ぎすぎ。
    TwitterやFacebookコミュニティでNFLで活躍しなければならないという大事なところを見ようともせず騒ぐ人を見るとアホかと思います。

    そのためにはバスケの八村塁のようにアメリカに飛び出さなければならないのに、120校あるFBSでフットボールチームにいる日本人はたった3人で、バスケの1人よりは多いかもしれませんがいずれも試合に出るか怪しいレベル、もしくはチーム内で先発の地位も保証されていない状態ですからね。

    日本で放送される最低限の条件であるプロとして活躍しなければならないレベルどころか、時差ボケ+超長距離遠征という不利な条件を押し付けた高校生以下の5流大学に虐殺されるレベルで、本当の意味でスタートラインにすら達していないのが情けないです。

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      おっしゃるとおり、プロ野球の前に高校野球があるように、まず学生リーグの土壌が必要ですね。
      根本的から難しい面に直面しましたが、日本人選手がいなくてもここに集うNFLファンの存在が救いです。
      日本人選手がいなくても面白いものは面白いし、試合が無いオフシーズンでもおかしな事件だらけのスポーツも珍しいでしょう。
      とにかく何かがきっかけで多くの人が目を向けてくれることに期待です。それがJリーグ見たさにDAZNに加入して、たまたまNFLを見たとかでも全然良いと思います。

  4. ふて猫 より:

    やはり日本人選手がNFL選手にならないと話題にはならないのでしょうか?興味ない人達にとっては何だかスーパーボウルやツールドフランスが別の世界の出来事に写るのですかね

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      興味なければ何も感じないでしょうね。私が家でTVを何時間も占領してNFLを見ても嫁と子供は無関心を通り越してうんざりしてます。
      とにかくキー局がこぞって試合を放送したり特番を組んだりしてプッシュしなければダメでしょうね。
      桃鉄ならばTV局を買収できるのですが、私の力はそこまでです。

  5. とみい より:

    日本でのアメフト人気上昇を考えると、ここ最近の「脳震盪」問題も非常にまずいですね。
    もはや文化として染み付いているアメリカ国内において「こういう一面もあるんだよ」と警鐘を鳴らすのは一定の意味があるのでしょうが、現状の日本でこの問題が同様に大きく取り上げられてしまうと、単に危険なスポーツとしか思われかねませんからね。。。

    1. JETS狂 より:

      とみいさん>
      私もそう思います。前にツィッターでも書いたのですが、コンタクトのあるスポーツに関して全て当てはまり、相撲やボクシング等の格闘技およびラグビーでも考えられる話なんですけどね。
      NFLという全米一のリーグで問題になったから影響力があるわけで、どこの世界でもありえる話です。

      しかしながら、近年はF7ヘルメットという衝撃を分散するテクノロジーが搭載されたヘルメットが開発され、むしろこのようなヘルメットをつけてプレーするアメフトの方が安全になる日が来るかもしれません。

  6. ねくすと より:

    ジェツ狂さんの影響でちょっと…だけ興味を持ったWWEで、中邑選手が快挙を遂げようとしつつあるのに、あまり盛り上がらない日本国内メディアも、なんだかなぁと思いますし。

    メディアの取り上げ方の偏重は、フィギュアスケートの真央フィーバーでもそうで、彼女への偏りが次世代の女子選手強化の失敗につながったと私は思ってます。その結果、メディアは更に真央関係の報道に頼らざるを得ないという悪循環に陥ったわけで。さすがにもう、真央待望論は無いと思いますが。

    ピークをとうに過ぎた女子選手にすがるメディアの姿は、偏向というよりもスポーツ音痴に近い印象を持ちました。そんなメディアに、アメフトの面白さを語ってもらうことはできないでしょう。
    多分…「最近、北京・上海で大人気!」というノリでNFLが日本にも波及する日を待つしかないのではないでしょうか。その頃には、中国人NFLプレーヤーも登場するでしょうし。

    ただ、三菱ダイヤモンドサッカーの時代を知るオジサンとしては、Jリーグ開幕で時代が変わったように、日本のアメフト事情も良くなる期待は、捨てきれないですが。

    1. JETS狂 より:

      ねくすとさん>
      そう、フィギュアスケートもいい例ですね。あれだけ日本に土壌が無いスポーツが地上波のゴールデンタイムで取り上げられるのはオリンピックで勝てるスターの存在や、マスゴミの強烈なプッシュがあってこそです。
      女子は衰退として真央ちゃんに続き羽生君が現れ、循環は上手くいってると思います。
      しかしバレーボールは弱体化やスター不在がネックにになってますね。スターがいないとメディアはすぐにそっぽ向きます。

      本当はスポーツ本来の面白さや全体のドラマに目を向けるべきですが、日本では客寄せパンダがいないと無理なのが悲しいところです。

  7. ねくすと より:

    ついでにすみません。リンクの記事を読んでちょっと吹きました。

    記事によると、第49回SBでパッツは、イチローの古巣と対戦したことになってます。

    1. JETS狂 より:

      ねくすとさん>
      「しかし15年にはシアトル・マリナーズを破り4度目の戴冠」
      本当ですね。いつ異種球技戦が行われたのでしょう。
      しかし、いつも誤字脱字だらけで後でめちゃくちゃ修正する私からは何も言えません。
      ブログは書く側に立ってはじめて苦労や厳しさが分かるのです!(ToT)

      1. ねくすと より:

        私も人のことを言えないので、本当なら笑えないのですが….。

        でも、MLBやNBAに比べてNFLの認知度が日本で低いことを嘆いている記事で、このミスは、いかんでしょ!!

        ネタとしては、美味しいですが…(涙。

        1. JETS狂 より:

          ねくすとさん>
          たしかに誤字脱字以上に別リーグのチーム名にしてしまうのは、何やら悪意を感じますね。
          「シアトルはマリナーズ以外 見っこねぇ~」という嫌がらせでしょうか。
          おそらくこの人にとって、ボストンもレッドソックスしかない感じなのでしょう。

  8. Kazu より:

    文字媒体がない、英語で読めないのが大きな要因ではと思います。 私はサッカーも好きなんですがテレビゲームfifaでサッカーをしてサッカーk雑誌を読んであの選手欲しいなっていう感じが好きです。アメフトもマッデンあるんですが英語読むの気合いがいります。
    jets狂さんのブログはすごく貴重です。面白いですし

    1. JETS狂 より:

      Kazuさん>
      英語も大きな障壁ですね。アジア勢ではフィリピンは得意ですが中国も英語をどうするかが問題ですね。
      私もこんなブログを書いておきながら、難しい単語や慣用句で苦戦します。Googleさんに頼りつつ明らかに不自然な訳は再調査しなければなりません。
      そしてヒアリングはダメダメ。
      死ぬまでに英語をマスターするのは無理そうです。

  9. 大納言 より:

    初めて投稿します。日本でのNFL不人気について思うことを書いてみます。私は50代ですがかつてジョー・モンタナやブレット・ファーブが日本のCMで起用されていたことがありました。当時私の周りでもサンフランシスコ49ersのファンが少数ですがいました。ただそのファンの人たちでもアメフトのルールがよくわかっていないというのが実情でした。かくいう私も大学に入学(関学)するまではアメフトは全くわからず、子供の頃、フィンガー5がアメフトのユニフォームを着て歌っていたのを覚えているくらいで、アメフトなるスポーツが存在するのだ、という程度でした。育った環境にもよると思いますが、私はNHKBSの反則名の表示、近藤アナ、有馬アナ、村田氏、輿氏、(最近は日テレGプラスの森氏の解説が詳しい)の解説などを聴いているうちに自力で覚えました。ただ私も最初はルールの難解(野球もルールに関しては複雑)さとオフェンスのハドルのためプレーが度々止まるというのがストレスだったので、これらがネックなのでは、と思っています。ただ、プレーが度々止まるのは野球も同じ、相撲はさらに時間いっぱいまで仕切りが退屈にもかかわらず絶大な人気を誇っていることを思うと、日本人はスポーツの「間」というのを殊の外楽しむ民族だと思うのです。だとすればアメフトも宣伝次第では普及してゆく土壌があるように思えてなりません。肝心なのはやはりアメフトの伝道師が必要です。オードリーや相武さんなど頑張ってくれていますが、最高の伝道師となりそうな人物が・・・横綱稀勢の里・・以前彼がNHKBSでNFLプレーオフのゲスト解説に来ていたことがあり、ニューヨークジャイアンツのファンだと公言していました。怪我の具合が心配ですがもし本場所で次回優勝したら、優勝インタビューでアメフトの事に触れてほしいなと思ったりしています。相撲の立ち会いとアメフトのDL、OLの激突は似ているから、何か参考にしているんじゃないかな、と思ったりして・・・そういやかつて曙も武蔵丸もハワイでアメフトやっていたそうだし、お兄ちゃんの若乃花も輪島もアメフトに関わった時期があったらしい。影響力のある人が何気なく発言しても大きな反響になりますからね。期待したいです。

    1. JETS狂 より:

      大納言さん>
      初コメントありがとうございます。
      タイムアップで終わるのはサッカーの概念ですが、プレーを止まり投球で動きだすところは野球の概念であり、両方の要素が入るアメフトは日本人にも受け入れる事はできると思います。
      それにルールを覚えようと思えば、今はネットを見れば全て分かりますし、昔よりはルールを覚えやすい環境であります。

      稀勢の里に関して、なぜブレイディが来日したときに稀勢の里の部屋に行ってくれなかったのか、その辺でミスった感がありますね。
      ただネットが普及した事で娯楽が増えて、スポーツそのものに関しての関心がどんどんなくなってきている弊害もあるのも事実。
      有識者の影響力も必要ですが、ネットとスポーツをどう融合さえるか考えるのかもアメフトをヒットさせる課題かと思います。

  10. davout より:

    やはりルールの複雑さが広まらない原因ではないでしょうか。大納言さんも触れてますが、アメリカ発祥のスポーツって、アメフトはもちろん”国技”ベースボールでさえ、ルールがわかりにくいので本国と一部の親交国以外にはちっとも広まってません(あとこの両者はプレイするのにあれこれ道具が必要なのも原因かもしれませんね)。その点「とりあえずゴールにボールをたたきこめばいいらしい」とわかりやすいバスケットボールの方が、米国発世界進出という点では先行している気がします。

    きっかえさせあれば、もともとがテレビ放送と親和性の高い試合構成ですし、メディアへの研究も熱心な組織ですから一気に浸透することも不可能ではないと思うのですが……きっかけ、やはりメディアがこぞって取り上げたくなる日本人選手の登場でしょうか。

    今の日本人の特性で選手が誕生しそうなポジション……K?……クイックネスを武器に密集地帯に飛び込んで行くスロットレシーバー?(脳震盪問題が…)……英語が堪能な方ならC?

    1. JETS狂 より:

      davoutさん>
      ルールも他のスポーツと似たものが無いのでとっつきにくいでしょうね。私にとったらカーリングやクリケットを見てるようなものでしょうか。
      そして一周まわって、日本人選手が必要という考えになりますね。
      Kで誕生しそうな感じはしてたのですが、やはりビザや言葉の壁を考えるとチームも同じぐらいの能力なら国内の人間を獲得したほうがマシで、突出した実力が必要になります。
      アメフト界の藤井四段 的な天才が登場する事に期待します。

  11. ジョビジョバ より:

    はじめまして、いつも楽しく拝見しています。
    私は日本人プレイヤーの出現は理想ではあるけれど、必ずしも必要条件ではないと思っています。
    ジョーダンしかり、セナしかり、他にもフグやタイガーやモンタナなど、その競技に詳しくない
    日本人にも顔と名前を知られたスーパースターが過去にいるからです。
    彼らの時のようにわかりやすい”アイコン”をテレビやCMでバンバン露出させ、
    ルールとか知らなくてもカッコいいからこいつ見とけばいいよ作戦を展開するのです。
    ルックスもよくて強いだけじゃなく華もある、やはりブレイディが適任でしょう。
    そしてブロガーは検索に引っ掛かった魚を逃がさないようにブレ様のカッコいい写真や動画を紹介するのです。
    とりあえずジェッツ狂をパッツ狂にしてみるとこからいかがですか?(震え声)

    1. JETS狂 より:

      ジョビジョバさん>
      モンタナのようなアメフトを知らずとも名前が知られているタレントが必要ですね。
      本来ならモンタナを上を行くブレイディがそうなるハズなのですけど、来日しようとほぼニュースに取り上げられませんでした。
      実力やルックスに加えてジゼルの旦那であることなど怨敵ながらこれほどの逸材は無いと思うのですが、それでも全く日本では無名。
      これはアメフトのスターだからなのか、それとも何か日本で取り上げられない理由があるのか、謎の部分であります。

      とりあえずジェッツ狂をパッツ狂にするとか出来るものなら既にやっていますよ。
      しかし、パッツの同地区かつ因縁があるライバルだからこそブログを書く方にもおいしい部分があり、何より私はジェッツを愛しております。

  12. ふて猫 より:

    偉そうにしていても私も正直に言うとルールがよく分かっていません。ルールが浸透しないと広がるのは、難しいと思いますね。後は様々な事情があるのは理解出来ますが、MLBやNBA並みの月刊誌を発刊して欲しいものですがね

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      バスケもサッカーも基本ルールは簡単ですが、アメフトはちょっと違いますからとっつきにくいでしょうね。だからこそ他のスポーツに無い面白さがあると思うのですが。
      あと、言われてみればタッチダウンプロの廃刊やGAORAで撤退など国内メディアがどんどん衰退していく状況も痛いですね。
      世界はグローバル化が進むのにその逆を行く日本のNFLへの関心度が不思議で仕方ありません。

  13. 負海豚根性 より:

    最初からあきらめ気味に言うと、そもそも日本は先進国最低のスポーツ文化を持つ国だという現実でしょうかね。
    故にスターに依存し、そこにスポットを当たるだけの報道になってしまうため。すべての球技の中で最も人数が多く、個人の役割が細分化されてるアメフトは低俗な日本メディアにとって最も報道しづらい競技になってる部分があります。
    故に同じチーム競技である自転車ロードレースも全くと言って良いほど普及してないですよね。(そちらは弱虫ペダル効果で競技自体の注目度は幾分かマシな状況だが)

    ただ、スター中心に捉える報道も問題ですが、それ以上に・・・スポーツへの関心度自体が不細工・貧弱なアイドルの三文演技に劣る現状は情けなくて涙も出ません。
    佐藤琢磨のインディ500制覇ですらほぼスルーされる現実を目の当たりにすると、こんな国に五輪を招致しても開催地のスポーツ文化の醸成なんて不可能だと断言できます。

    価値が分かる連中だけでも声を上げて火を消さない様にするのが精一杯の努力でしょうし、JET狂さんはその一端を担える稀有な人材だと割と本気で思ってます。

    1. JETS狂 より:

      負海豚根性さん>
      人気が高いサッカーも野球も国内で活躍したら海外行き。もはや日本のファーム的な立ち位置は否定できないです。
      そしてオリンピックもぶっちゃけ反対でした。普段スポーツ振興への援助を渋って衰退させている国が「オリンピック」という単語だけで調子に乗ってる姿がアホらしく情けない。
      国の借金が増えている現状で2週間そこらのためにアホみたいな税金を使って、終わればまた維持に税金を投入する無駄なハコだらけ。今からでも辞めれるものならやめて欲しいです。

      話を戻しまして、おっしゃるとおり我々ファンがブログやらSNSで拡散していくしか今は手は無いようです。
      JETSがSB制覇するまでその一端を担っていると思って、頑張っていきます。
      (余計にJETSのSB制覇が遠のく気がしますが)

  14. Clale より:

    はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいております。
    NFLファンとしては現状の日本は悲しい状況ではありますが、このサイトでもなにかと話題なDAZNが
    PS4にアプリを開発で、DAZNがNFL中継頑張ってくれればファンは増えるのでは?と密かに期待しています。

    ルールに関してですが、常々ラグビーとどう違うの?とよく聞かれて、ボールから全然違うよと説明するのは疲れてしまいました。たしかに難しいとは思いますが、好きなチームから入れば段々嫌でも覚えていくだろうし、まずは中継が増えることを切に願っています。

    1. JETS狂 より:

      Claleさん>
      初コメントありがとうございます。
      DAZNに関してはボロクソにありのままに書きましたが、他のスポーツファンがNFLに触れる機会を作りますので、そこからファン拡大につながる事を期待するのみです。
      ボールが似てるだけでラグビーとの違いを聞かれるのは、もう「アメフトあるある」ですね。
      「フォワードパスが無い」だけでは説明が足りない程に実際は中身が番うわけで、そこは難しいところです。
      ルールうんぬんよりNFLの世界観とエンターテイメント性から知ってもらう方がとっつきやすいと思うので、今シーズンこそ何かをきっかけに視聴者が増える事に期待します。

  15. ふて猫 より:

    これからはテニスの錦織圭選手や陸上のサニブラウン選手のように海外を拠点にトレーニングをしているアスリートが増えそうですね。NBA入団を目指す八村塁選手もアメリカのコンガザ大を選択しているそうですがね。
    このままでは将来の日本が空洞化にならなければと思いますね

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      海外に出て活躍して初めて日本のマイナースポーツでもマスコミが取り上げますから、仕方ないですね。
      日本国内でやってるスポーツで外人ファンがコンテンツを買ってまで見るぐらいのものはプロレスぐらいじゃないでしょうか。

      最近思ったのが、自動車や家庭用ゲーム機のメッカである日本でモータースポーツやeスポーツがあまりメディアに取り上げられないも不思議なもので、日本自体が「スポーツ」とつくものに疎い気がします。

  16. 通りすがりのMAJIK MIRROR より:

    こんばんは
    お書きの通り、私も、日本人選手なら誰でも人気が出る、とは思えないです。
    もちろん個人的にはどんな選手でも応援しますが。

    そして私も粛々と、アメフト人気が出た時のためにブログを書き続けます。

    最近はブリリアン・コージさんのアメフトのツイートに対するリプがすごいです。
    アメフトのことをもっと知りたい、という人が多いので、今はこう言う人たちを大事にしたいです。

    1. JETS狂 より:

      通りすがりのMAJIK MIRROR さん>
      菅田将暉といい、コージといい意外なところからアメフト芸能人が出てきましたね。
      脳震とう問題の記事が出て印象が悪くなった部分もありますが、このようなアメフト歴のある芸能人がイメージを良くしてくれる事には非常に期待できます。
      私も人気が出るかJETSがSB制覇するまで粛々とブログを書き続ける事にします。

  17. ふて猫 より:

    いくら何でもMLBのマリナーズとNFLのシーホークスを間違えますかね?スーパーボウルとワールドシリーズの区別もつかないのでしょうか?
    シアトルはむしろ、NFLのシーホークスの方が毎試合満員御礼何ですがね。

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      やはり筆者はそれほどNFLには詳しくない現れでしょう。
      もはやシアトルといえば近年のSB王者かつプレーオフ常連の強豪のシーホークスの方が名実ともに上でしょう。
      あくまでスポーツでなく経済専門のライターという見方をした方がいいみたいです。

  18. みきのり より:

    皆さんいろいろ分析されてるのでこれ以上僕ごときが何かを申し上げることは
    ございませんが、とにかくJETS狂さんのブログを見てないと、この国では
    ブレイディの来日すら容易に分からないのだという事実に心震えました…。
    (未だ引きずっております)

    1. JETS狂 より:

      みきのりさん>
      NFLシーズン中の常連にも関わらずブレイディが帰国してからブレイディが来日したのを知ったとのことで、このような事でもブレイディに対する日本のメディアの関心の低さが露呈してますね。
      正直、私もたまたま知っただけで、ブレイディ来日を見逃している可能性が高かったです。
      もっと読売新聞系や日テレがNFL関連のニュースをプッシュして、情報の拡散に努めてほしいところですね。

  19. 12man より:

    初めまして、数年前からのNFLファンです。
    こんなにも日本での認知度が低いのは、寂しいですが、サッカーのように変な盛り上げかただけはしてほしくないと思います(個人的な意見として)日本からわざわざ月1で現地やアウェイに応援に行く私には、行けない時こそライブでもなんでも放送されればいいんです。とにかく試合が観たい!ダイジェストでなく。だから、DAZNにはそんなNFLファンのためにも、全試合配信してもらいたいですね。

    1. JETS狂 より:

      12manさん>
      初コメントありがとうございます。
      認知度が低いのは問題ですが、その代わり変なニワカがおらず、ファンがみなモラルがあるというメリットがありますね。
      しかし、月1で日本から現地に赴くって凄いですね。私、実は生で見た事が無いのでうらやましいです。(WWEは現地に行くのに)
      DAZNでも全試合放送してほしいですね。もしくはゲームパスが今の半額ぐらいで見れたらいいのですけど、まだ全試合を観戦する環境は敷居が高いです。

  20. fumi256 より:

    あらゆるスポーツ中継(サッカーだけはよくわからないですが)を楽しんで見ている人なので今回初めてコメントを。

    嗜好が細分化された時代、一般層の誰もが結果を気にするスポーツなんてないし、無理な話だと思います。アメリカだってみんながフットボールやベースボールを好きなわけじゃないです。日本のプロ野球も地上波であまり放送しないですが、ここ数年、パは観客動員が大きく伸びているし、CSやネット配信では超優良コンテンツです。

    ではNFLはどうかと言えば、所詮アメリカの競技であるNFLが一足飛びに地上波や新聞などでバンバン放送される日は考えにくいし、ちょっと飛躍しすぎかと。その前にペイチャンネルにとって必要なコンテンツという状況だけはしっかり確保していかないとファンの基盤が一気にドーンと減ってしまう。たとえば、自転車ロードレースは世の中の大半の人にとってはただのマイナー競技でも、J SPORTSではすごく重要なコンテンツ。ボクシングもWOWOWが絶対に手離さない。GAORAはNFLの放送は止めても、テニスやインディカーは続ける。正直言って、日本におけるNFLの現状はこれらのスポーツと比較しても厳しくなってきているのでは? マジでヤバいです。危機感感じてます。

    こうしたペイチャンネルにNFLファンの存在を認知させる一助になるべく、Game Passを契約しつつも、G+やNHK BSで放映しているカードはそっちで見ているし、DAZNも先日嫌々ながら契約しました。w 日本の実況や解説に不満があってもある程度までは我慢我慢。w そして地味ながらも見ているアピールをネット上で。一般のファンにとってできることは実際これくらいなので、これくらいはと思って実行しています。効果の程は? ですけど。(NFLファンなら全部契約して当然とか言うわけではないですよ。念のため)

    1. JETS狂 より:

      fumi256さん>
      初コメントありがとうございます。まさにおっしゃるとおりの現状です。
      そんな現状を理解しているつもりでしたが、ブレイディが来日したのにマスコミがほとんど取り扱わない状況を見て、日本におけるNFLの関心の低さをモロに知ってしまった事が今回は大きいです。
      テニスにおいて、錦織君が日本人でも世界に通用する事を証明し、彼に関するニュースはかならずスポーツニュースで流れるほど日本でのテニスに対する扱いを向上させました。
      ボクシングに関しては渡嘉敷や具志堅など日本人世界チャンピオンを過去から排出している土壌があるので、根強いファンがいますね。今ではイケメン村田が金メダルを取り、山中が防衛記録に挑むなど話題を集めて、地上波でゴールデンタイムにボクシングを放送するほど盛り返しました。
      (二人とも負けましたが)

      それに比べてNFLは、地上波やCSでの放送回数の削減され、雑誌が消滅するなど、日本での扱いが衰退していってます。
      ファンだけ楽しめばいいとは思うのですが、やはり衰退を防ぎたい気持ちもあり、初の日本人選手が現れたらどのような扱いになるかが非常に興味もあります。
      私もブログで地味にNFLを見てる事をアピールするしか手段がありませんが、MLBの野茂のような日本人選手の誕生によりNFLに日本人が入りやすい門戸を開いて欲しいものですね。

  21. 昔のロゴで出ています より:

     思うに、シーズンオフが長すぎるのもファンが増えない一因ではないでしょうか?
    TV放送的に・・・
     70年代、仇花的にNFLが盛り上がった時期を思い返し、且つ私がはまった原因を思い起こして
    みると、オフの間も二つの良い番組が流されてたのが、すごく大きかったように思います。
     一つはTV東京が土曜の夕方放送してたNFLフィルムズの番組で、シーズン中にゲームオブザ
    ウィークを流してくれただけでなく、オフの間もずっと、各チームのシーズン回顧や過去の歴史
    に残るゲームの紹介、さらにはポジション解説から、特定のプレーの解説(ブロックとは?とか)
    までと、本当にアメフト初心者のガイドブック的なプログラムを放送してくれていました。
     もう一つはUHFのサンテレビ制作の「アメリカン・カレッジフットボール」
    (実況・西澤あきら、解説・武田健という私たち世代のカリスマ陣)で、
    番組が大学ごとのシリーズ構成になっていたため、毎週見ているうちに選手の名前やプレイ
    スタイルを自然に覚え、感情移入して楽しめる仕組みになっていました。

     で思うのですが、ファンを増やしていくには、やはりオフにビギナーの興味を繋ぎ止める番組
    が絶対に必要性です。
     それとシーズンの放送も、意図的に人気チームを1シーズン取り上げ、ルール等に詳しくなく
    てもヒイキ選手に感情移入して見続けてもらうといった、戦略的な番組構成が必要なのではない
    かと思うのであります。

    1. JETS狂 より:

      昔のロゴで出ていますさん>
      以前にも話題になりましたが、オフが長いのも難しい問題です。
      最高潮のスーパーボウルを見て「見続けよう!」という気持ちが芽生えても、開幕は9月。その間に熱はすっかり冷め切るという問題もあります。
      オフの間も何かと面白さを知ってもらう努力も必要となり、これはなかなか解決策が難しいところです。

コメントを残す

CAPTCHA