HOME > NEWS > NEWS(2019-2020) > 【NFL 2019-2020:今週のAFC東】Week11(すごいよ!エデルさん!編)
2019年11月21日

【NFL 2019-2020:今週のAFC東】Week11(すごいよ!エデルさん!編)

ジュリア・エデルマン パス
これぞスペシャル

レイブンズに敗れた後、先週はBYE WEEKで休みだったパッツ。

休養明けの対戦相手はNFC東首位争い中の強豪イーグルスだけあって、2連敗もありえる状況です。

今週のAFC東はどない?

[SPONSORED LINK]

ペイトリオッツ 17 – 10 イーグルス

パッツがイーグルスにワンポゼッション差の僅差で勝利。

パッツは前半、ターンオーバーからのチャンスを得ても、TDを決めれず3度もFGを蹴るフラストレーションの溜まる展開。

 

この状況を打破すべく飛び出したスペシャルプレーがWR”ジュリア・エデルマン”のTDパス!

 

エデルマンは、ブレイディからのラテラルパスを受けて20yd超のTDパスを見事に決めました。

精度と弾道とスピードからして、パス能力はそこら辺の先発QBより格上です。

かつてからエデルマンがパスを投げるシーンはありましたが、さすがにこの局面でいきなりエンドゾーンを狙うのは、イーグルスD#も読めないでしょう。

 

結局はこのエデルマンのパスが決勝点となりパッツが勝利しました。

O#が不振でも、スペシャルプレーと後半を無失点に抑えたD#で勝てるパッツ。これが真に強いチームの底力です。

ビルズ 37 – 20 ドルフィンズ

同地区対決は、ビルズが3ポゼッション差をつけて快勝。

ビルズQB”ジョシュ・アレン”が3TDを決める強肩のみならず、俊足を見せつけ勝利に大きく貢献。今日は0INT、0ファンブルで乗り切りました。

アレンの活躍を支えているのは、要所で見せるRB”ダレン・シングレタリー”のラン。

ビルズが”ルショーン・マッコイ”のカットを決断したきっかけとなったRBだけに、期待どおりの活躍をしています。

緑のチームの値段が高い期待ハズレのRBとは違います。
|・`ω・) チラッ

 

イルカさんもフィッツパトリックおじさんが323ydも投げて、STが強襲オンサイドキックを決めるなど頑張りを見せますが、ランが死亡かつ、7サックも喰らって撃沈。

OLとラン、大事です。

今週のAFC東

1位:ペイトリオッツ(9勝)
2位:ビルズ(7勝)
3位:ジェッツ(3勝)
4位:ドルフィンズ(2勝)

→パッツとビルズの差は相変わらず2勝差。ビルズ的にはWeek16の直接対決までには追いつきたいところですが、どうなる事やら。

そしてジェッツが3勝目でようやく最下位を脱出です。おめ。

今週のBest of Tweet

ベストでは無い映像ですが、スティーラーズvsブラウンズの乱闘さわぎ。

相手のヘルメットを奪い殴ったブラウンズDE”マイルズ・ギャレット”へ、今シーズン全試合出場停止の厳しい処分が下りました。

一体、何を考えてるのでしょ。

Week12

レイダーズ vs ジェッツ

3連勝で絶好調の暗黒軍団レイダースと対戦。

ルーキーDE”マックス・クロスビー”のパスラッシュには要警戒です。

そろそろベルのロングゲインが見たいなー。

カウボーイズ vs ペイトリオッツ

パッツはNFC東首位のカウボーイズと対戦。

ここはカウボーイズに死んでも勝ってほしい所ですが、勝負の行方はいかに?

ブロンコス vs ビルズ

ビルズは未だ3勝と不振のブロンコスと対戦。

ちなみに、QB”ジョー・フラッコ”はIR入りしてシーズンエンドしており、期待ハズレでした。

かつてスーパーボウルを制覇したQBも、一度落ちると立ち直るのは難しいです。

ドルフィンズ vs ブラウンズ

強襲オンサイドキックで闘志を見せたイルカさんが、乱闘騒ぎがあったブラウンズと対戦。

ブラウンズは4勝しており、上手くいけばプレーオフに滑り込める可能性はあります。

まぁ、どっちも頑張って。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. みきのり より:

    NFLを観るようになってそこそこ年数も経ちますが、AFC北がなぜ毎度毎度あんなに殺伐とするのか未だに解せません
    魔都として名高いシカゴやデトロイトを抱えるN北でさえ比較的平穏なのに荒ぶり過ぎです
    識者に一度じっくりご教授願いたいものです

    1. JETS狂 より:

      みきのりさん>
      それは、トラとカラスと鉄に加え、ブラウンズのスタジアムの一部は野犬収容所と呼ばれたり、チームのモチーフに明るいイメージが無いからでしょう。
      つまり、チーム名を変えればいいのです。
      例えば、シンシナティ・萌え萌えトラッキーズ。ピッツバーグ、ピーナッツバターズ とか。
      これで平和が訪れます。

  2. ツツッタッタ より:

    TDパス決めたエデルさんもさることながら、直後に速攻で5年前のエデルマン→アメンドラへのTDパスの映像を流した現地テレビ局もすごい。
    あれってイーグルスのオフェンス中に流したら、「おいおい、これから同点ドライブするのに余計なもの見せんなよ」と、イーグルスファンのブーイングを受けるところデショーン・ジャクソン。
    まさにあのタイミングしかなかったわけで、仕事の速さに感服するばかりです。

    一つ気になったのが、ブレイディ様のパス精度。
    ノーハドルでの決め打ちショートパスをガンガン決めて、あれ?もうレッドゾーン?もういいよ、7点くれてやれ。
    普段なら、そう毒づくようなオフェンスを見せられてうんざりするのに、ダメならダメで心配しちゃう。
    ジェッツファンとしては仇敵でも、NFLファンとしては愛してるのかもしれません。
    不思議なお方です。

    1. JETS狂 より:

      ツツッタッタさん>
      アメリカの中継って、常に予想していたかのように過去映像を出せるのは不思議ですね。あれは一体どーなってるのでしょう。
      ブレイディに関しては休みを挟めばいいとは限らず、試合感が鈍ってしまったかもしれませんね。
      当然イーグルスが強かったのもあります。

  3. ノビツキー より:

    イーグルス戦だから、決めたかったんでしょうね。スーパーの借りを返すぞって。

    1. JETS狂 より:

      ノビツキーさん>
      なるほど、フィーリースペシャルの反撃ですね。
      ただ、ブレイディは2度とパスを受ける事はやらないようで、他の人がキャッチしましたが。。

      1. YM5 より:

        エデルマンのTDパスと今はフィリースペシャルと呼ばれるQBのモーションから第三者にダイレクトスナップしてQBへ投げるパスは全くの別物ですが

        https://youtu.be/bqJqaqFiwds
        機会がある度に何度も書いてるけど、あの手のプレーは2012年にデアンドレ・ホプキンス→タージ・ボイドで決めた2ポイントの方がずっと先です。

        https://youtu.be/fY-0Ve2RmHg
        ちなみに、去年のCLE戦の時も書いた記憶がありますが、第52回スーパーボウルより先に行われた2018年のローズボウルではシーディー・ラム→ベイカー・メイフィールドのTDパスがありました。

        ラムは来年のドラフト候補だし、日本のNFLファン界隈でも色々な意味で騒がれているチェイス・ヤングとともに覚えて損はない選手ですね。

  4. ふて猫 より:

    個人的にはイルカさん(ドルフィンズ)と野犬さん(ブラウンズ)との試合に注目してます。勿論JETSの試合も興味はありますが(^^;)

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      微妙な対決に興味がありますね。しかし、ブラウンズは4勝でこの後の展開ではプレーオフは十分にありえます。
      ブラウンズファンはイルカ狩りに期待でしょう。

  5. YM5 より:

    https://ameblo.jp/yukirhythm5/entry-12546646587.html

    第52回スーパーボウルの時から分かっていたけど、ブログにコメントをくれたNEファンの方も認める通りNEは特別なチームではないですね。

    次はFOXで16時25分開始のダブルヘッダーNo.1カードですが、同程度の実力があれば勝てると広範囲に晒した事がどう響くでしょうか。

コメントを残す

CAPTCHA


Top