HOME > NEWS > NEWS(2019-2020) > 【NFL 2019-2020:Week12】ニューヨーク・ジェッツ vs オークランド・レイダース
2019年11月26日

【NFL 2019-2020:Week12】ニューヨーク・ジェッツ vs オークランド・レイダース

ビバ!OLの日

2連勝で上り調子のジェッツの相手は、3連勝で首位チーフスを追撃中のレイダースです。

ここで勝てたらジェッツの力は本物でしょうが、ボコられたらゲンナリします。

ところで試合が行われた日本時間11月25日は「OLの日」だったそうで、普段からO#を支えてくれるOLに感謝しましょう。

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

ハイライト&データ[GAME CENTER(NFL.com)]

 

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

レイダーズ

3

0

0

0

3

ジェッツ

3

10

21

0

34

オフェンス

もう第3Qでレイダースが今後の事を考え、QB”デレク・カー”を引っ込めて白旗をあげたぐらいの超圧勝であーる。

 

勝因は毎回話題にしているOLの改善でしょう。

中継の間にもジェッツのOLが開幕戦と今とでどれだけ違うかの比較が流れました。

途中、ドラ3RT”チュマ・エドガ”が膝をねん挫して退場し、後を元先発の”ブランドン・シェル”に交代しましたが、ごらんのとおり開幕戦のロートルは絶滅して、今は若手中心で構成されています。

彼らが見事な連携を見せて、QB”サム・ダーノルド”が投げる時間が作ります。

 

OLの頑張りに応えたダーノルドのスタッツは、20/29回315yd、2TD、0INT。ランで1TD。

QBレーティングは127.8と文句なし!

ドローからのQBランや、リバースプレーからのフリーフリッカーなど多彩な戦術も見せます。

 

レシーバー陣は、エースWR”ロビー・アンダーソン”が86yd 1TDと活躍する以外に、無名のWR”ブラクストン・ベリオス”がRACからの69ydのロングゲインとビッグリターンで存在感を見せます。

いつぞやのペイトリオッツ戦でパントをマフった事は忘れてあげましょう

 

RB”レベオン・ベル”のランは、12回49ydと派手なシーンは無いものの平均4.1ydは合格点。どちらかというとレシーブの方で魅せてくれました。やはり、こやつの運動神経はバケモノです。

ベルの靴ひもがほどけてサイドラインで結んでいる間に、突き進んだRB”ビラル・パウエル”も印象的でしたね。

 

雨風が強いコンディションの中、ダーノルドの難しいパスをレシーブし続けたレシーバー陣。もはやトップクラスのチームと肩を並べる実力者ぞろいと見ています。

それを生かせるのもOLの力があってこそ。開幕からOLが違っていれば、現状も違っていたと考えると非常に悔しいです。OLの日はOLに感謝しましょう。

ディフェンス

いわずもがな、”C.J・モズリー”はまた欠場。

今試合はサック数は少ないながらもDB陣が躍動し、QB”デレク・カー”相手にわずか3失点に抑えました。

かなりレイダースO#の落球に助けられたシーンもありますが、今回はプレッシャーをかけつつもチェックダウンへのパスは速攻で潰すS”ジャマール・アダムス”と、ロングパスを阻止するS”マーカス・メイ”の2017年ドラフトコンビがいい仕事をしました。

 

そしてレイダースにトドメを刺したCB”ブランドン・プール”のPICK6。

 

サック数は1回と物足りないですが、前試合のサック祭りにこだわらずS”ジャマール・アダムス”を適切に動かしたDC”グレッグ・ウィリアムズ”の指揮を評価します。

 

ランD#も毎度ながら鉄壁でRB”ジョシュ・ジェイコブス”のランをわずか34ydに抑えます。

何か”C.J・モズリー”の存在意義が無くなってきました。

スペシャルチーム

K”サム・フィッケン”のFGは2/3で48ydを1本外します。レイダースのFGが外れた時は突風でボールの起動が不自然でしたが、フィッケンのFGは普通に外してます。

前回に続いて言える事は、来シーズンはもういないでしょう。

 

パントリターンでWR”ブラクストン・ベリオス”が26ydのロングゲイン+レイトヒットで敵陣25ydからのO#をもらいました。

「OLの日」があるならSTに感謝する「STの日」も作るべきでしょう。

総評

レイダースは第3Qに31点差ついた時点で、QB”デレク・カー”を下げてQB”マイク・グレノン”を出して降参。こういう勝ち方は記憶にないぐらいの快勝でした。

ジェッツの3連勝は2017年以来とのことですが、手遅れ感はあります。

 

しかし、残り5試合で難敵はレイブンズとビルズ。ビルズは開幕戦でいい勝負をしましたし、ランD#が強い今のジェッツならレイブンズに勝てるんじゃないかと思い、残り試合を全勝して9勝でプレーオフにギリギリ届くという、妄想が芽生え始めました。

 

しかし、問題は次戦の未だ勝利が無いベンガルズ。

昨シーズンのブラウンズしかり、今シーズンのドルフィンズしかり、ジェッツにはこれまで未勝利チームの連敗記録を終わらせた実績があるので、ベンガルズにコロっと負ける可能性があります。

次戦ベンガルズ戦こそ今シーズンの集大成。果たしてジェッツは過去を乗り越える事ができるのか!?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. bad news allen より:

    >残り試合を全勝して9勝でプレーオフにギリギリ届くという、妄想が芽生え始めました。

    ファンなら当然の妄想権利w
    そしてプレイオフ勝ち上がってSFとSB

    1. JETS狂 より:

      bad news allenさん>
      レイダースに圧勝して自信がつきました。こうなってくると、ワイルドカード争いにビルズは邪魔者。。何とかして落さねば。。。。

  2. PB29 より:

    タラレバですが、ダーノルドがPATSにボコボコにされ、立ち直りきれないまま迎えたドルフィンズ戦・ジャガーズ戦の2連敗が痛かったですね。
    来週のベンガルズ戦ですが、私も嫌な予感しかしません。

    ベリオスがPATS戦で、パントをマフったのは、ドラフトで獲得してもらって1年間お世話になったチームへの恩返しでもしたのでしょう…

    1. JETS狂 より:

      PB29さん>
      何気にベンガルズ戦が恐怖です。ダルトンが復帰するとか悪いニュースしか聞きません。
      調子に乗ったところで、また大恥をかく最悪な展開が頭をよぎります。

  3. ふて猫 より:

    確かに今シーズン初の完勝と言っても過言でもない勝利のようですね。確かに次週こそ“三度目の正直”で(またしても@ですがね(^^;))集大成(所謂勝利)を果たして欲しいものですね(@_@)

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      未勝利チームこそ、ジェッツ最大の鬼門。
      ここは絶対に勝たねば「やっぱりジェッツだわ」と、世間の笑いものになります。
      ああ、怖い。。。

  4. enjiiro より:

    ダーノルドはペイトリオッツショックが完全に抜けたようですね。
    ランD#はリーグ1位だし、点もしっかり取れてる。
    もしかして現在AFC東最強?!

    1. JETS狂 より:

      enjiiroさん>
      OLのおかげでダーノルドがやっとドラ1っぽいパフォーマンスを見せてくれます。
      まぁ、レイダースも調子が出なかっただけだと思うので、中堅以上のチームと戦うと負けると思います。
      ここは謙虚に実力を見定めましょう。

  5. ベルをよろしく より:

    今シーズン2回目の、俺たちのスーパーボウルを喰らわないといいのですが。。。

    1. JETS狂 より:

      ベルをよろしくさん>
      出ましたね名言。0勝の相手とはいえ何が起こるか分からないのがNFL。本当にビビってます。

  6. ふじふじ より:

    初コメです。このブログを見させていただいてからジェッツを注目しだしましたが最近はとても好調ですね。
    再来週のドルフィンズとの再戦が楽しみになってきました。正直今のジェッツなら6勝、7勝程度のチームと互角に戦えそうな気もしますね。これからも楽しく見させてもらいます。

    1. JETS狂 より:

      ふじふじさん>
      やっと全て噛み合ってくれた感があります。この強さだと残り試合も全勝くれそうなものですが、なんせジェッツなのでベンガルズ相手に負ける可能性は高いです。
      油断大敵。

  7. ambie より:

    おっしゃる通り全勝でプレーオフ進出の夢を僕も見ています。
    プレーオフ戦線ではビルズが1つ抜けているので、ジェッツにだけは負けてもらって1枠確定ですかね。
    AFC東から3チームプレーオフ進出もあるかもしれませんね!!

    あと、最近の#Dの良さはS2人の活躍もありますが、崩壊気味だったLB陣が機能していると感じます。故障で選手の入れ替わりが多い中機能しているので、#Dのシステムが良いのか、育ったのか、はたまた実はモズリーのコーチングがあったりするのか?とか思ったりしてます笑

    最後に、今週の試合の途中でJetsはIRに支払っているサラリーキャップの比率がリーグトップというデータが出てました。なんてこったー笑

    1. JETS狂 より:

      ambieさん>
      高給FAがダメな分、無名の選手が頑張っております。このメンツを来シーズンもキープしたいところです。
      そしてモズリー、カリルの役立たずがサラリーを持ってている痛い事実。
      やはり前GMはやりすぎでした。

  8. パルメザン より:

    やっとJetsの攻守が噛み合ってきたようで何より、ベテランより新しい風を取り入れた方が上手くいくようですね
    我々GBは仮想敵のSFにそれはもうボッコボコにされて気が重いですがw

    1. JETS狂 より:

      パルメザンさん>
      前々GMが若手中心のチーム作りをしようとして、前GMが功をあせってベテランをとったら逆効果でした。
      プレーオフには間に合わないでしょうけど、勝てるだけ勝っていいところ見せて欲しいです。

  9. PB29 より:

    ベテランCライアン・カリルを獲ったのは、現GMのザコシショウだったかと…
    前GMのようにならない事を祈るばかりです…

    1. JETS狂 より:

      PB29さん>
      それはザコシショウですね。チームに入って浅かったのでOLが弱いと思ったのでしょう。
      私も「OLに補強がいるだろ」と思ってましたから、そこは仕方なしです。

コメントを残す

CAPTCHA


Top