JETS:2013シーズン主力プレイヤー(攻撃編)

1239816_10151618936441231_1879552835_n-rs

新生オフェンス

忘れた頃にやってくる、いつものメンバー紹介です。
だいたいWeek03が終わった後にメンバーがほぼ固まりますので、いつもこのタイミングです。

さて、去年はホームズやケラーが負傷の間、WRがひどすぎて、JETS関係者から「あれはゴミに投げてるんだぜ」とか言われたリーグ最悪のO#でしたが、今シーズンは違う。
新OC”マーティン・モーヒンウェグ”を迎え、ドラフト2巡でQBもゲットし、リニューアルいたしました。

O#さえ復活すりゃJETSは強いと信じ、今シーズンはO#の爆発に期待しましょう。 [SPONSORED LINK]

QB

不幸なIR入り(復帰アリ)

#06:マーク・サンチェス
(Mark Sanchez)
身長/体重:188cm/102Kg
生年月日:1986年11月11日
出身校:USC(南カルフォニア大)


USCでの実績は1年間16試合先発しかないもののパス3,207yd、34TDという成績。うち13試合で2回以上TDパスを決める安定した実力があり、 USCをローズボウル優勝に導きMVPを獲得。

2009ドラフトではライオンズが全体1位で獲得したQB”マシュー・スタッフォード”に並ぶ目玉であり、ペニントンとファーブを失ったJETSに とってはノドから手が出るほど欲しい逸材であったため、ブラウンズの全体5位指名権を1巡目(17)、2巡目(52)、と3選手を交換に奇襲ともいえるト レードアップで獲得し、さらに総額6000万ドル(2800万ドル保証)というJETSのルーキー史上最高金額で契約する。

2009年、2010年シーズンはチームをチャンピオンシップに導く活躍を見せるのだが、2011シーズンはロックアウトで練習時間を削られる状況 において、JETSのフロント陣がWRの入れ替えを一気に行い、そのあおりを受けて調子を落とし、プレー オフ争いに最後まで残るも、プレーオフ進出はならなかった。

2012年は、当初の契約が2年残っていたが、そこに3年4050万ドルの契約延長を行い、残り2年の契約に変更点は無し。つまり5年で総額5825万(保障2050万)ドルの契約を結ぶ。
この契約延長には、JETSがコルツをリリースされた”ペイトン・マニング”獲得に失敗したため、改めてサンチェスを信頼をしている事を証明するための意味もあった。

さらにこの年は新OCに”トニー・スパラノ”、QB”ティム・ティーボウ”を迎えて低迷するO#の復活に期待するも、さらにO#が悪くなり、CB”ダレル・リーヴィス”とWR”サントニオ・ホームズ”の攻守の要がそろって試合中の負傷でシーズンアウト。
最悪のチーム状況の中でシーズン後半まで粘るも、2012年もプレーオフ進出を逃す結果となった。

本来ならサンチェスはチームからカットされてもおかしくない状況だったのだが、シーズン前の契約延長のためカットしたくても出来ないため2013シーズンもJETSに所属することになった。

 

サンチェスは2013年ドラフト2巡で獲得した”ジーノ・スミス”とプレシーズンにて先発争いをする事になるが、不調のジーノをヨソに活躍を見せて先発争いをリードする。
しかし、ジーノが先発したプレシーズン第3戦のジャイアンツ戦にて、サンチェスは第4Q残り11分になぜか急に出場することになる。
そこで控えの脆弱なOLの後ろに立たされたサンチェスはサックを喰らい、「肩関節唇の断裂」という重症を追い、復帰可能指定のIR(njured Reserve, Designated for Return)に登録される事になった。

これにより、今シーズンの先発は実質”ジーノ・スミス”に決定となり、サンチェスはWeek11まで試合に出場する事ができない。
サンチェス自身は「先発争いに勝っていた」とコメントするが、HC”レックス・ライアン”は「誰もサンチェスが先発争いに勝ったと言っていない」と否定。

ちなみにケガの原因となった謎のプレシーズン第4Qでの起用に関しては、ジーノに先発してもらいたいフロント陣の陰謀である説もある。

 

ドラ2でGET、新QB

2013_07 #07:ジーノ・スミス
(Geno Smith)
身長/体重:191cm/100Kg
生年月日:1990年10月10日
出身校:ウエストバージニア大

2013ドラフトの目玉であったQB。 しかし、1巡で獲得されたのはビルズがPICKした”E.J・マニュアル”のみであり、ジーノ・スミスは前評判と違い1巡目でのNFL入りを逃す。
JETSは2巡目にて複雑なQB問題を抱えるところ、目の前に彼が転がりこんできたために、思わずPICKした。

ジーノ・スミスはウェストバージニア大のスプレッドオフェンスにて、2011年にはパス4385yd、31TD、7INTと素晴らしい成績を残し、オレンジボウルではトム・ブレイディ(現ペイトリオッツ)の持っていた記録を破るパス401ヤードをマークしてMVPに選出。

2012年のベイラー大戦ではパス656yd、8TD。カンザス大戦ではパス24回中23回成功で、NCAAの新記録(パス20回以上試投)となるパス成功率95.8%をマークしたほか、21回連続パス成功もウェストバージニア大の新記録を樹立した。 闘争心やリーダーシップ、練習熱心な態度は評価が高く、パスの精度は高い。

複数のターゲットに投げ分ける正統なポケットパサーでありながらも、コンバインでは40yd走 4.59秒という快速も見せる。

JETSに入団後、”マーク・サンチェス”とプレシーズンにて先発争いをするも、精細を欠き負傷。
その間にサンチェスは評価を上げるが、サンチェスはプレシーズン3戦目に途中出場した際に重症を負う。それにより必然的にジーノ・スミスがJETSの先発に就く事となった。

 

血統証付きの期待の星

Matt Simms #05:マット・シムズ
(Matt Simms)
身長/体重:191cm/95Kg
生年月日:1988年09月27日
出身校:テネシー大

マット・シムズの父はジャイアンツにてスーパーボウル21のMVPを獲得した英雄、かつ現在はTV中継の解説を行っている””フィル・シムズ””。

兄はかつてタンパやブロンコスに所属していたQB””クリス・シムズ””というQB一家の次男坊。 2012年にドラフト外でJETSに入団。

2012シーズンはロースターに残れず、2013シーズンもJETSのキャンプに参加する。

2013シーズンのプレシーズンマッチに彼に転機が訪れる。 本来のJETSの3rdQB”グレッグ・マッケルロイ”が負傷のため、フィールドに立つチャンスが回ってきたのだ。
“マット・シムズ”は途中出場ながらも才能の片鱗を見せたため、とうとうプレシーズンマッチの最終戦であるイーグルス戦に試合まるごと任せられる事となった。 そこで、TDパスは無いながらもチームを勝利に導く活躍を見せて、一気に評価をあげた。
結果的に3rdQB”グレッグ・マッケルロイ”はカットされ、”マット・シムズ”が開幕ロースターの3rdQBの座を奪ったのであった。

スタイルは正統派のポケットパサーだが、判断力とコントロールに優れている。 あと腕を上から振り下ろすようなスローで投げるパスの弾道はするどく、そこらのバックアップQBより才能を感じ、将来に期待できる逸材である。

RB

今シーズンに賭ける

2012_n29
#29:ビラル・パウエル
(Bilal Powel)
身長/体重:178cm/93Kg
生年月日:1988年10月27日
出身校:ルイビル大

2011年ドラフト4巡で獲得。
特徴はパワーとボディコントロールがウリで、ルートを見つける視野の広さと鋭いカットが武器。スピードは無いが、ブロッカーとしても使えるRB。
今シーズンはRB”ショーン・グリーン”がタイタンズに移籍し、トレードで獲得したRB””クリス・アイボリー””が期待ハズレのため、先発に昇格。
このチャンスに存在感を出したいところ。

 

RB王国セインツからのあぶれ者

2012_n33
#33:クリス・アイボリー
(Chris Ivory)
身長/体重:183cm/101Kg
生年月日:1988年03月22日
出身校:ティフィン大

2010年にセインツにドラフト外で入団し、当時レジー・ブッシュやピエール・トーマスの故障で出場する機会を増やして、チーム1のラッシャーとなる。

しかし、その後はケガに悩まされ2012シーズンは6試合中2試合先発、キャリー40回217yd獲得2TDと振るわず。
その後、”ピエール・トーマス”、”ダレン・スプロールズ”、”マーク・イングラム”といった豊富なセインツのRB陣に押されて、4番手以下の不要な存在になってしまう。

2013年オフにアイボリーはRFAとなり、テンダーにサインして本来ならば彼をトレードで獲得したければ2巡のPICKが交換条件だったのだが、ドラフトでPICKをなんとしても増やしたいセインツは、ドラフト中にJETSの4巡(106)との交換という条件で折れて、アイボリーのトレードが成立する。

巨漢かつ、柔軟なランが特徴なのだが、現時点では活躍を見せず、今後に期待がかかる。

コメントを残す

CAPTCHA