HOME > NEWS > NEWS(2019-2020) > 【NFL 2019-2020:Week16】ニューヨーク・ジェッツ vs ピッツバーグ・スティーラーズ
2019年12月24日

【NFL 2019-2020:Week16】ニューヨーク・ジェッツ vs ピッツバーグ・スティーラーズ

レベオン・ベル
斬鉄

今日の相手は、第6シードのスティーラーズ。

スティーラーズ的にプレーオフに行くためには、既にシーズン終わったジェッツに負けている場合ではないのですが、個人的にあんまり好きなチームでないスティーラーズの足をジェッツが引っ張るのも一興。

いっちょ、無駄に頑張りますかぁ!

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

ハイライト&データ[GAME CENTER(NFL.com)]

 

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

スティーラーズ

0

10

0

0

10

ジェッツ

7

3

3

3

16

 

オフェンス

リーグ1位のサック数を誇るスティーラーズD#の前にOLが頑張り、被サック2回に抑えた事がまず勝因でしょう。連携が光っておりました。

まずファーストシリーズで、RB”レべオン・ベル”の粘りのラン攻勢から、WR”ロビー・アンダーソン”へのロングパス一閃で先制!

※WR”ロビー・アンダーソン”がTDレシーブの後、ファイヤーマンエドにハグされ微妙な感じ。

 

しかし、ファーストシリーズ後は、攻めきれずTDが取れませんでした。O#全体では褒められた内容ではありません。

特にINTで得たセカンドシリーズを得点に結びつけていれば、もっと楽な試合運びができていただけに残念です。

 

QB”サム・ダーノルド”のスタッツは、16/26回183yd獲得、1TD、0INT。

0INTだったのは奇跡で、相変わらずのムリ投げはヒヤヒヤします。INTされかけたのをWR”ビンセント・スミス”がカットして阻止して、味方に助けられたシーンもありました。

今日のTDパスのようにギリギリを通すビッグプレーと引き換えに、敵だらけのところにぶち込むリスクの背負ったパスも多々あり、もうちょっと視野が広くなることを望みます。

 

古巣との対決となったRB”レベオン・ベル”は、ラン25回79yd獲得(平均2.9yd)。レシーブ4回21回。

ファーストシリーズのTDに貢献しますが、その後は失速。この試合こそ、これまでの「がっかり」を帳消しにしてくれることに期待していましたが、それは叶いませんでした。

来シーズン、ベルはどうするんでしょ?トレード先はある?

ディフェンス

S”ジャマール・アダムス”が復活。スティーラーズのファーストシリーズにて、セーフティーブリッツを入れてQB”デルビン・ホッジス”にプレッシャーを与え、DE”タレル・バシャム”のINTを誘発しました。          

しかし、今回は相方のS”マーカス・メイ”の方がTDパスのINTなどで勝利に大きく貢献。

かつてドラフトで1巡と2巡で連続してSをPICKした時は「アホなのか」と思いましたが、近年のドラフトで唯一、成功したPICKとなりました。

 

ドラ1DE”クイネン・ウィリアムズ”も背後からサックを決めて活躍。D#全体で計4サックを記録し、スティーラーズO#を圧倒。

しかし、よく分からない人たちばかりのCB陣が問題。イリーガルコンタクト等で、相手O#をけん引し得点されるきっかけを作ります。

若手ばかりなので来シーズンまでの成長に期待です。

 

スティーラーズは第2QにQBを”デルビン・ホッジス”から”メイソン・ルドルフ”に変えて同点に追いつきますが、後半は無得点。

QB”ベン・ロスリスバーガー”不在で、O#力が死んでいるからこそ勝てた試合でした。もしロスリスバーガーが健在だったら、確実に負けていたと思います。

スペシャルチーム

最大の勝因はST。うれしい誤算で、K”サム・フィッケン”が念願の全キック成功です。

しかも54ydのロングFGを含め3本のFG決める大活躍。弾道は危なっかしいが入れば良し!!

予想通りのロースコア勝負だっただけに、FGを決め続けてモメンタムをスティラーズに渡さない事は重要でした。

まぁ、来シーズンはチームにいないと思いますけどね。。。

総評

ジェッツが勝利し、第6シードのスティーラーズの足を見事に引っ張りました。

スティーラーズと同率のタイタンズも負けたのですが、タイブレークによりタイタンズが第6シードに上がり、スティーラーズがプレーオフ圏内から脱落しました。

AFCの残るイスは第6シード1つで、最終週はスティーラーズとタイタンズに加え、なんとレイダースにも可能性が残り、3チームでの争いとなります。

 

ジェッツの最終週の相手は既にプレーオフ進出を決めたビルズ戦。

振り返ると、開幕戦でビルズに大逆転負けを喫した事が、今シーズンの命運を左右したように思えます。

最後はスカっと勝利して終わりたいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. enjiiro より:

    なんだかんだで後半戦は連敗無しです。自分たちの戦い方が身に付いてきたという所でしょうか。出だしの躓きが無ければ・・・は、「たられば」ですかね。
    前半同地区相手に全敗してるのも痛かったですねぇ。NFCの東相手には3勝してます。同じ緑色なので鷲さんと入×××××・・・なんてね。

    1. JETS狂 より:

      enjiiroさん>
      勝てる力はあるが持続できない。勝てる状態を継続させるのが、コーチ陣やGMの手腕が問われるところでは無いでしょうか。
      ダーノルドは粗削りなれど、ポテンシャルはあるので来シーズンも期待できそうです。(もう病気は止めてね。)
      ただ大物FA達が役立たずなのは、誤算すぎました。

  2. ふて猫 より:

    今日の試合はD#の頑張りで勝った試合でしたね。何とか足を引っ張って一矢報いる事が出来ましたね(^o^)

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      鉄ファンには悪いですが、ジェッツに負けるようじゃ結局はプレーオフで生き残れません。
      ベンガルズに負けるようなジェッツに負けるようじゃ・・

  3. 好きなチームは特にないです より:

    最後のビルズ戦、相手は第5シード確定なので主力温存してくるはず
    ドラフト順位下がりますが、勝ってシーズン終えたいですね

    1. JETS狂 より:

      好きなチームは特にないですさん>
      温存策に出ると思いますが、一応勝っておきたいですね。
      温存されて負けたら、もう恥ずかしいったらありゃしません。

  4. パルメザン より:

    見事に鉄の足を引っ張れました、やっぱりトップとは隔絶の差がありますがチーム力はありますね
    後はちゃんと勝てる試合を勝てるようになればWC争いに絡めると思うんですがそれはいつになるやら……

    1. JETS狂 より:

      パルメザンさん>
      安定して勝てるチームで無いのはたしかです。なんせベンガルズに負けた唯一のチームですから。
      来シーズンのレベルアップに期待するのみです。

  5. まぬけなまぬ より:

    つよい…

コメントを残す

CAPTCHA


Top