HOME > Topics > 2013年12月3日放談:ベリチック、スパイゲート事件再発か?
2013年12月3日

2013年12月3日放談:ベリチック、スパイゲート事件再発か?

▼証拠発見?→完結へ
その後、ラムズ盗撮の実行犯であり、2003年にパッツを解雇された”マット・ウォルシュ”が、「自分の身の安全を保障するなら証拠のテープを提出する」と、公表。
なぜ身の安全かというと、証拠のテープなんてものがあると、「退団した人間がチームの機密事項に属するものを所持してはいけない」という契約違反に引っかかり、訴訟されるからです。

 

そしてウォルシュが8本のテープを提出。その中身は2000年から2002年に対戦した5チームのディフェンスのシグナルの映像で、肝心のスーパーボウルのテープはありませんでした。
このテープに関してNFLスポークスマンのグレッグ・アイエーロは、「これらのテープは、ペイトリオッツ自身がこれまで認めている事、私たちがすでに知っている事と一致している」と、パッツを擁護。

グッデルもウォルシュとの会談を行いましたが、もとよりグッデルは盗撮の証拠を破棄した、パッツ擁護側の人物。
ウォルシュが、「パッツの選手がスーパーボウルのチケットを転売した」「故障者リストに入れたはずの選手を練習でプレーさせてた」など、パッツの裏話も含めて全てをぶっちゃけたらしいですが、特にパッツへの追加処分はなく事件は終わりを迎えました。

 

▼そして今
で、話が戻りまして、この度のテキサンズ選手側からの発言なのですが、当然これに何の根拠もありません。
しかし、前の週で強豪ブロンコス相手に後半から24点差をひっくり返した事もありましたので、この発言が「何かトリックがあるのでは無いか」と想像させるのは当然でしょう。

 

昔は通信装置はQBのみ装着可能でしたが、今はD#一人にも装着可能です。しかし、サイドラインから何らかの支持は出します。

あまり中継に映らないのですが、ハンドシグナルでなく3本の色つきの棒だったり、あと

image.resize.330.186 :こんな意味不明なものや、、

 

20131110122044.0_standard_400.0:ロッキーまで。一体何のサイン?

 

ハンドシグナルやサインが中継でたまたま映ってしまうのは仕方ないとして、原則チームはこれらの撮影は禁止です。
パッツの実力が本物なのは疑う余地もないのですが、加えて何らかの違反行為をやっていたとしたら、それは許されない問題でしょう。

 

さて、パッツのアジャスト力は本物なのか?トリックが存在するのか?
あなたはどう思います??

[参考:アメフトニュース・JAPAN]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ガストン より:

    ファンとしては、違反行為はないと信じてます。

    (もしスパイしてるなら、前半からアジャストしてほしいですw 今シーズンは接戦が多すぎて、ヒヤヒヤなのでww)

    まぁ、前科があるだけに、疑われるのは仕方がないのかもしれません。

    1. JETS狂 より:

      ガストンさん>
      前半の内容を分析してハーフタイムの間に対策を立てるんでしょうけど、前半にあれだけ苦戦していたD#を後半はいとも簡単に攻略するところが、前科があるだけに怪しまれますよね。
      まぁ相手のD#の傾向を知っていても、ジーノじゃ勝つのムリでしょうけど。(悪意)
      しかしベリチックって人相悪いし、何かトリックがありそうな気も。。(悪意)

  2. habyu より:

    パッツファンとしては無実をしんじたいとこです
    テキサンズ戦はまだ観戦してないのでなんともいえないのですが最後に相手を上回るように組み立てるのがアメフトの醍醐味でもあるのでその組立が特にうまいチームだと思ってます
    またジーノの覚醒を期待してます(悪意)個人的にはサンチェスに復活してほしいとこです
    髪型は似合ってないですが(悪意

    1. JETS狂 より:

      habyuさん>
      過去に罰金&ドラ1を剥奪されたので、正直なところ私も何もやってないとは思います。
      昔と違っていまはSNSなど情報網が発達していて、例えば盗撮部隊が「ブロンコス盗撮なう」とかツィートしちゃって、すぐに拡散しバレるんじゃないかと思います。
      そして私もジーノが覚醒し、いつかパッツを倒してくれる事に期待してます。あ。もう倒したっけw(超悪意)

  3. NFL大好き より:

    スパイはルール上 アウトなんでしょうが、
    NFLは体を張ったスポーツですが、チームとしての戦略・対戦相手の研究が面白いスポーツです。
    試合中の写真を見たりして、アジャストしている能力含めペイトリオッツのチーム力でしょう。
    あの戦力ですよ!!

    まぁ、ペイトリオッツだけが取り上げられるのもどうかと思います。
    強いからでしょうね。

    ルールを破るのはいけませんが。

    1. JETS狂 より:

      NFL大好きさん>
      わざわざ対戦前に相手の元バックアップQBを引き抜くという手段はアリですし、有効な限り情報戦を繰り広げるのもNFLの面白さでもあります。
      しかし、ケガ人だらけのパッツが苦戦しながらもしっかり勝ち続けるのは、驚きですね。
      スパイや不正はさておき、一体何をしているのか気になります。

      ベリチックとブレイディ、どちらか引退してもパッツ王朝は健在なのかも、気になりますね。

      1. NFl大好き より:

        どういう戦略ミーティングしてるのかは見てみたいですね。
        王朝はベリチックと共に終わるでしょう。
        彼は優秀だと思いますよ!!
        マクダニエルやマンジーニが成功出来ていない事実やフロントも変わってますからね。

  4. かさおか より:

    お初お目にかかります。
    私もパッツ好きなんで、無実を信じたいものですが、前科があれば疑われて当然ですね。
    もし穴を見つけるならどうやって見つけるでしょうかね。
    ベリチックが守備の人だったことも要因だったのでしょうが…。

    1. JETS狂 より:

      かさおかさん>
      初コメントありがとうございます。
      ハーフタイムの間に策を練り直したにしても、あの短い時間で今まで通用しなかったO#を機能させるってマジックに近いものを感じます。
      この「スパイかもしれない」発言で、実はなんらかしらのトリックをしていたが、今後それを封じる一手になるかもしれません。
      今後のパッツのゲームの見方が変わりますね。
      まぁ、個人的には、何も無いとは思いますけど。。

コメントを残す

CAPTCHA


Top