2013年12月3日放談:ベリチック、スパイゲート事件再発か?

こんばんワールド・ワイド・キッズ。放談の時間です。
パッツはブロンコス戦で後半から24点差をひっくり返し、テキサンズ戦でも後半からの猛反撃で勝利しました。
今のパッツは前半がダメでも後半からのすさまじい反撃が、もはや代名詞です。
(昔は第4Qまでリードしていたら、ほぼ勝利するタイムコントロールでしたが)

 

しかし、これに関してテキサンズのDE”アントニオ・スミス”が、「D#へのアジャスト力は普通じゃない。スパイしたんじゃないか?」という内容を、試合後のロッカールームで発言。
さらに地元紙”ヒューストン・クリニクル“にも、この件に関して寄稿したとのことで、これが問題になりました。

この件に関して、スミスは周りからアドバイスがあったのか知りませんが発言を撤回し、一応解決という形になっています。

この度のスパイ発言が問題なった理由である、ベリチックの「スパイゲート事件」というものを簡単に解説します。
[SPONSORED LINK]

 

▼第1次スパイ事件
まず事の発端は2002年にさかのぼります。
2001シーズンのスーパーボウル”ラムズ”vs”ペイトリオッツ”戦において、前日に行ったラムズの「ウォークスルー」(防具なしでフォーメーション確認などを行う練習)をペイトリオッツのスタッフがこっそり撮影した話が浮上。

当時、ラムズ優勢と言われていたスーパーボウルにパッツは見事勝利し、チーム初優勝を飾りました。

その時のビデオ撮影がチームとしての指示なのか、 また、実際にどのような目的で使用されたのかは不明。
当時のNFLのスポークスマンである”グレッグ・アイエロー”は「われわれもその噂を数ヶ月前にキャッチしていた。調査したが、証拠となるものを発見することができなかった。ペイトリオッツも事実関係を 否定している」と述べまた、当時ペイトリオッツのStacey Jamesスポークスマンも「スーパーボウルの前日にラムズのウォークスルーをわれわれのスタッフがビデオ撮影したというのはまったくの事実無根だ」との 声明を発表しました。

その後はご存知のとおり、パッツはベリチック&ブレイディ体制で更にスーパーボウルを2度制覇し、王朝を築きました。

 

▼第2次スパイ事件
そんな盗撮事件が忘れられそうになった2007年に、またもパッツの盗撮が発覚。
2007シーズンにてJETSとの開幕戦で、サイドラインからD#へ出すサインをビデオで撮影していたパッツのスパイが捕まったのです。

少なくとも現行犯逮捕に対してベリチックも罪を認め、一応の謝罪を出しました。しかし完全な謝罪という訳でものではなく、リーグのルールを 誤って解釈していたとかいう言い訳が付きます。
NFLからはベリチック個人にリーグの規定で最高額となる50万ドル、ペイトリオッツに対して25万ドルの 罰金が科せられ、さらに来年のドラフト1巡目の指名権が剥奪する処分となりました。

2008年にはアーレン・スペクター上院議員が、これらの証拠を全て破棄したNFLを問題視して、グッデルと会談。
しかし証拠はすでに消滅し、グッデルもベリチックがルールの解釈を誤っていたとして、特に何も収穫を得ることができませんでした。

 [次のページに続く]

  1. ガストン より:

    ファンとしては、違反行為はないと信じてます。

    (もしスパイしてるなら、前半からアジャストしてほしいですw 今シーズンは接戦が多すぎて、ヒヤヒヤなのでww)

    まぁ、前科があるだけに、疑われるのは仕方がないのかもしれません。

    1. JETS狂 より:

      ガストンさん>
      前半の内容を分析してハーフタイムの間に対策を立てるんでしょうけど、前半にあれだけ苦戦していたD#を後半はいとも簡単に攻略するところが、前科があるだけに怪しまれますよね。
      まぁ相手のD#の傾向を知っていても、ジーノじゃ勝つのムリでしょうけど。(悪意)
      しかしベリチックって人相悪いし、何かトリックがありそうな気も。。(悪意)

  2. habyu より:

    パッツファンとしては無実をしんじたいとこです
    テキサンズ戦はまだ観戦してないのでなんともいえないのですが最後に相手を上回るように組み立てるのがアメフトの醍醐味でもあるのでその組立が特にうまいチームだと思ってます
    またジーノの覚醒を期待してます(悪意)個人的にはサンチェスに復活してほしいとこです
    髪型は似合ってないですが(悪意

    1. JETS狂 より:

      habyuさん>
      過去に罰金&ドラ1を剥奪されたので、正直なところ私も何もやってないとは思います。
      昔と違っていまはSNSなど情報網が発達していて、例えば盗撮部隊が「ブロンコス盗撮なう」とかツィートしちゃって、すぐに拡散しバレるんじゃないかと思います。
      そして私もジーノが覚醒し、いつかパッツを倒してくれる事に期待してます。あ。もう倒したっけw(超悪意)

  3. NFL大好き より:

    スパイはルール上 アウトなんでしょうが、
    NFLは体を張ったスポーツですが、チームとしての戦略・対戦相手の研究が面白いスポーツです。
    試合中の写真を見たりして、アジャストしている能力含めペイトリオッツのチーム力でしょう。
    あの戦力ですよ!!

    まぁ、ペイトリオッツだけが取り上げられるのもどうかと思います。
    強いからでしょうね。

    ルールを破るのはいけませんが。

    1. JETS狂 より:

      NFL大好きさん>
      わざわざ対戦前に相手の元バックアップQBを引き抜くという手段はアリですし、有効な限り情報戦を繰り広げるのもNFLの面白さでもあります。
      しかし、ケガ人だらけのパッツが苦戦しながらもしっかり勝ち続けるのは、驚きですね。
      スパイや不正はさておき、一体何をしているのか気になります。

      ベリチックとブレイディ、どちらか引退してもパッツ王朝は健在なのかも、気になりますね。

      1. NFl大好き より:

        どういう戦略ミーティングしてるのかは見てみたいですね。
        王朝はベリチックと共に終わるでしょう。
        彼は優秀だと思いますよ!!
        マクダニエルやマンジーニが成功出来ていない事実やフロントも変わってますからね。

  4. かさおか より:

    お初お目にかかります。
    私もパッツ好きなんで、無実を信じたいものですが、前科があれば疑われて当然ですね。
    もし穴を見つけるならどうやって見つけるでしょうかね。
    ベリチックが守備の人だったことも要因だったのでしょうが…。

    1. JETS狂 より:

      かさおかさん>
      初コメントありがとうございます。
      ハーフタイムの間に策を練り直したにしても、あの短い時間で今まで通用しなかったO#を機能させるってマジックに近いものを感じます。
      この「スパイかもしれない」発言で、実はなんらかしらのトリックをしていたが、今後それを封じる一手になるかもしれません。
      今後のパッツのゲームの見方が変わりますね。
      まぁ、個人的には、何も無いとは思いますけど。。

コメントを残す

CAPTCHA